論語詳解412衛霊公篇第十五(34)君子は小しく知る

論語衛霊公篇(34)要約:人を見て法を説け。孔子先生は人によって理解度が違うことをわかっていました。いずれ役人になる弟子たちには、民の無理解を怒ってはいけないよと。知らせるべき事を知らせるのが、先生の統治論でした。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「君子不可小知、而可大受也。小人不可大受*、而可小知也。」

校訂

武内本:清家本により、受の下に也の字を補う。邢本也の字なし。

書き下し

いはく、君子くんしすこしくからず、しおほいなり小人せうじんおほいさづからず、しすこしくなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「教養人たる諸君は、少し知ってはならない。大いに受けるがよい。教養のない凡人は、大いに授けることが出来ない。少し知らせるがよい。」

意訳

論語 孔子 楽
諸君は大いに学んで、知識と教養を高めなさい。勉学を中途でやめてはいけない。一方将来諸君が治める民は、無教養だから我らの意図が分からない。だから必要の無いことまで教えてはいけない。民に理解がないからと言って、それは仕方がないことなのだよ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子は、こまごましたことをやらせて見ても、その人物の価値はわからない。しかし大事をまかせることが出来る。小人には大事はまかされない。しかし、こまごましたことをやらせて見ると、使いどころがあるものである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”為政者階級の知識人”。

論語で「君子」と言った場合、庶民に対する貴族、無教養人に対する教養人、そして弟子に対する「諸君」という呼びかけで用いられる。本章の場合は三つ全てを兼ねていると言って良く、”教養人を目指しており、またいずれは仕官する弟子の諸君は”と解するのがよい。

詳細は論語語釈「君子」を参照。

論語 可 金文
(金文)

論語の本章では、”できる”という可能の意味と、”~のがよい”という適当・勧誘の意味二つを兼ねている。「君子」に対しては”せよ・するな”という適当・勧誘とその否定、「小人」に対しては”できる・できない”という可能とその否定で用いられている。

漢文で「べし」という言葉を、”~しろ”という命令に受け取るのは日本語に引きずられた「和臭」だが、なんでもかんでも”できる・できない”の意味に取るのもまた誤り。例を挙げる。

論語 孔子 ぼんやり
民はこれに由らしむし、知らしむからず。(論語泰伯篇9)

これを「民は従わせろ、情報を公開するな」と解し、「差別だ!」と怒る人は読み間違ってはいるのだが、怒る人をたしなめて、「漢文の”可し”とは可能の意味だ」と説教するのは、はてどうだろう。「可」にも日本古語の「べし」同様、当然や勧誘の意味はちゃんとある。

『学研漢和大字典』によると「~べし」と読んだ場合、以下の語義を挙げる。

  1. 「~できる」と訳す。可能の意を示す。「三軍可奪帥也、匹夫不可奪志也=三軍も帥を奪ふ可きなり、匹夫も志を奪ふ可からざるなり」〈大軍でもその総大将を奪い取ることはできるが、一人の男でもその志を奪い取ることはできない〉〔論語・子罕〕
    ▽「可・不可」は、客観的に状況・道理による判断を示す。「能・不能」は、「可・不可」より主観的に、自身の本来的・生理的な能力・資格による判断を示す。「得・不得」は、機会・条件による判断を示す。
  2. 「~するのがよい」「~すべきだ」と訳す。当然・勧誘の意を示す。「皆曰、紂可伐矣=皆曰く、紂伐つ可しと」〈皆、紂は討つべきであると言った〉〔十八史略・周〕
  3. 「~にあたいする」「~してもよい」と訳す。認定・認可・評価の意を示す。「雍也可使南面=雍や南面せ使む可し」〈雍は南面させてもよい〉〔論語・雍也〕

論語 知 金文
(金文)

論語の本章では”理解する”。

論語独特の意味として、「知」は”孔子の主張する礼を知る”ことの意味がある。その場合の解釈は、論語における「知」を参照。本章では一般名詞として、知覚することや理解することを指す。

論語 受 金文
(金文)

論語の本章では、”授ける”と”受ける”の両方の意味を兼ねている。

論語の時代、「授」も「受」も共に「受」と書き、両者が書き分けられるようになった=別の言葉として認識されるようになったのは、早くとも論語の時代よりあとの戦国時代のこと。戦国時代に通用した古い文字にも、両者が混ざっていることがある。

論語 授 古文 論語 授 古文2
「授」(古文)

論語の本章では、語る孔子と聞く弟子、ともに君子であり小人ではない前提なので、「受」は”受ける”と解釈出来る。一方「小人」に対しては、師弟共に”授ける”立場だから、「受」は”授ける”と解釈すべき。

『学研漢和大字典』によると「受」は形声文字で、「爪(て)+又(て)+(音符)舟」。舟は音符で、ふねには関係がない。Aの手からBの手に落とさないように渡し、失わないようにうけとるさまを示す。守(しっかり持つ→まもる)と同系のことば。類義語の承は、両手でささげてうけること。

論語 預金金利授受
「授」は会意兼形声文字で、受は「爪(て)+又(て)+(音符)舟」からなる形声文字。物を手から手に渡して受けとること。舟は音符で意味に関係はない。授は「手+(音符)受」で、渡して受けとらせること。守(シュ)(受けとってしっかり持つ)と同系のことば。

もらう側からは受といい、渡す側からは授という。受と授は、同じ動作の両面にすぎない、という。

論語:解説・付記

武内本は「徂徠云、此章用人の法をいう、小知は之を小用する也、大受は之を大用するなり」というが、論語の本章は、徹底的に孔子の統治論であり、従来訳のような人物評論ではない。この臭いの元はいずれ儒者だろうと思ったら、やっぱりそうだった。

古注
論語 古注 何晏
ヒョウいわく、君子には深遠な哲理を理解出来る力があるのだから、必ずしもチマチマした仕事をやらせるには向いていない。一方凡人は浅はかだから、チマチマした仕事をやらせるがよい。(『論語集解義疏』)

対して朱子とその引き立て役はこういう。

新注
論語 朱子 新注
君子はチマチマした仕事に必ずしも向いていない。しかし重い責務に耐えるのである。一方凡人は浅はかではあるものの、必ず取り柄がないとまでは言えない。(『論語集注』)

うっかりすると軍国主義者で頭がアレな朱子が、ものすごくまともな人に思えてしまう。古注を書いた後漢から三国初めを生きた儒者というのは、よほど人間が高慢ちきで独善的に出来ているようだ。だからこそ、信じられないほどの人間不信が三国の世まで続いたのだろう。

論語 光武帝劉秀
後漢の開祖、光武帝劉秀は、一般的に気さくな名君と言われるが、偽善がひどいオカルトマニアで、身内びいきが強烈で、姉の使用人が悪事を働き、それを法で裁こうとした裁判官を、杖で殴り●す寸前までぶちのめした。上これを好めば、下これにならうとは後漢のことだ。

論語に話を戻すと、朱子は奴隷的親孝行や忠義を論語に持ち込んだが、古注を書いた後漢の儒者の方が、論語をねじ曲げワケわかめにした責任は大きい。とかく君子や儒者を、この世にありえないような高潔な教養人に仕立てたがる。孔子を神格化したのも後漢の儒者。

彼らはどうにも筆がファンタジーというか、お花畑に出来ており、注釈やらも信用できないことがほとんどだ。論語を読んで、孔子が何を言ったか知りたい現代人にとっては、邪魔でしかないことが多い。そろそろ解釈の場からはお払い箱にして、ご退場願いたいと思っている。

論語 藤堂明保 論語 藤堂高虎
ちなみに『学研漢和大字典』の編者である藤堂明保先生は、三重の旧藤堂藩の家老の家柄だが、藩祖の藤堂高虎は節操のない人として有名で、戦国時代ではそれが正義だった。幕末、藤堂藩は土壇場で幕府を裏切り崩壊させたが、司馬遼太郎氏は藩祖の影響だと言っている。

論語の古注を書いた儒者たちも、国祖の劉秀が偽善者だから、それに影響されたのだろう。

『三国志』で有名な話に、逃亡中の若き曹操が、かくまってくれた家の人を皆●しにしたのがある。寝室に落ち着いた曹操の耳に、家の主人が曹操をもてなそうと、飼っていた家畜を「〆る」と言ったのを聞き、自分を〆ると勘違いしたのだ。だから曹操は悪いと演義は言う。

論語 曹操
しかしそうではない。後漢時代の救い難い偽善が、その反動で三国時代の、信じ難い人間不信を生んだのだ。この挿話が正史か演義か、最早忘れてしまったがどちらでもよろしい。後漢の儒者=役人の強欲とその裏腹としての偽善は、とうとう論語以来の中国を滅ぼした。

後漢が滅んで三国を経て、中国は長い分裂時代に入る。その過程で論語時代の中国人は遺伝子的に滅び、文化的に中国語は違う言語になり終えた。後漢の儒者が滅ぼしたのは、単に論語や儒教だけではない。当時の中国と中国人を、まるまる消し去ってしまったのだ。

何せ再統一した隋唐帝国は、北方遊牧民の政権だ。かくも偽善は恐ろしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)