論語詳解464微子篇第十八(4)斉人女楽をおくれり

論語微子篇(4)要約:孔子先生が魯国の政権中枢にいた時、それが目障りだった隣国の斉は、女楽団を魯国に送ってその政治を退廃させようとしましたとさ、という昔話。本当とは信じられない点があり、むしろおとぎ話と言うべきかも。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

齊人歸*女樂、季桓子受之、三日不朝。孔子行。

校訂

武内本:釈文云、鄭本歸を饋に作る。

書き下し

齊人せいひと女樂じよがくおくれり。季桓子きくわんしこれけ、三じつまつりごとせず。孔子こうしりぬ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

斉の人が女楽団を送ってきた。季桓子はそれを受け取って、三日間朝廷を開かなかった。孔子は(魯国を)去った。

意訳

魯国の政治を乱そうと、隣国斉が女楽団を送ってきた。魯国の執権だった季桓子はそれを迎え入れて楽しみ、三日間朝廷を開かなかった。そこで孔子は魯国を去って放浪の旅に出た。

従来訳

斉が、魯の君臣を誘惑してその政治をみだすために、美人の歌舞団をおくった。魯の権臣季桓子が喜んでこれをうけ、君臣共にこれに見ほれて、三日間朝政を廃するにいたったので、先師はついに職を辞して魯を去られた。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

齊(斉)人

論語 斉 金文 論語 人 金文
(金文)

論語の本章では、”斉の人”。具体的には君主である景公とその側近を指す。漢文ではある土地Xの人物を、「X人」と書き「Xひと」と重箱読みする慣習になっている。

歸(帰)

論語 帰 金文
(金文)

論語の本章では”送り届ける”。『学研漢和大字典』による原義はほうきを持った主婦の姿という。”送り届ける”の意に転じたのは、「饋」(キ・おくる)に音が通じた転用という。

季桓子

論語 桓 金文大篆
「桓」(金文大篆)

論語では、孔子と同時代の季孫氏の当主。名は斯(シ)、?~BC492。

季孫氏は魯国門閥三家老家の筆頭。孔子を魯国から放逐した人物として後世の評判が悪いが、取り立てて孔子を排除したり迫害した記録は無い。孔子は若年時に季孫氏に仕えており、言わば主人筋の当主と言うことになる。

論語 朝 金文
(金文)

論語の本章では、”朝廷を開いて政務をとる”こと。

論語:解説・付記

武内義雄『論語之研究』では、論語之本章を内容の信じがたい章として注記している。

論語 因膰去魯

論語の本章の背景は、『史記』によると、魯国の政権中枢にあった孔子によって魯が強大化するのを恐れた隣国・斉の景公とその政府が、魯国に女楽団を送って魯公とその重臣をふぬけさせようとしたという。

〔孔子の執権を〕斉の人は聞いて恐れ、言った。「孔子が政治をすれば必ず覇者になるだろう。覇者となれば我が国は近い。真っ先に併合されるだろう。どうして先手を打って土地を送り、魯国に媚びないのか。」黎鉏レイショが言った。「お願いです。まずは孔子の邪魔を試してみましょう。邪魔してダメなら土地を送りましょう。それからでも遅くはありません。」

こうして斉国中の女子の見た目の美しいもの八十人を選び、模様のある着物を着せて康の楽を舞わせ、飾り立てた馬の四頭立て馬車三十台を魯の定公に贈った。曲阜の都城の南の高門の外に女楽、飾り馬を並べた。李桓子はそまつな服装で再三見に行き、受け取ろうとした。そこで定公を誘って道を巡って歩き回り、一日中見物し、政治を怠った。(『史記』孔子世家)

この記述を真に受けるわけにはいかない。いくら古代だからと言って、こんな見え透いた策にやすやすと乗るほど、定公も李桓子もアホウではないだろうからだ。仮に血統によって決まる国君は務まっても、一国の執権がこれほど愚かなら、とうに季孫氏は滅びている。

孔子が魯国を去ったのは、過酷な取り締まりで庶民の支持を失い、根城破壊政策で門閥貴族の支持も失ったからで、国内から総スカンを食らった政治家は失脚せざるを得ないこと、古代でも現代でも変わらないし、いくら独裁政権だろうと、支持基盤のない政治家は成り立たない。

『史記』は続けてこう書く。

子路が言った。「先生は去るべきです。」孔子が言った。「魯は今、天地の祭りの時期だ。私のような家老格に、お供えのお下がり肉が届くなら、私はまだここにいてよい。」しかし李桓子は斉の女楽を受け取り、三日間政治を摂らず、祭りのお下がりとそれをのせた台を、孔子に贈らなかった。

とうとう孔子は都城を去り、郊外の村に泊まった。(『史記』孔子世家)

確かに李桓子は孔子の亡命に決定打となっただろうが、それは擁護しなかっただけであって、積極的にいびり出したわけではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)