論語詳解462微子篇第十八(2)柳下恵士師たりて

論語微子篇(2)要約:論語には珍しく、孔子先生も弟子も全く出てこない章。むかし魯の国に正直者の家老がいて、お目付役にぴったりでしたが、それゆえに三度クビになったというお話。でもサバサバしている所が、論語微子篇らしい一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

柳下惠爲士師、三黜。人曰、「子未可以去乎。」曰、「直道而事人、焉往而不三黜。枉道而事人、何必去父母之邦*。」

校訂

武内本:漢石経邦を國に作る。

書き下し

柳下惠りうかけい士師ししり、たびしりぞけらる。ひといはく、いまもつからざるいはく、みちなほくしひとつかへば、いづくにかたびしりぞけられざる。みちひとつかへば、なんかならずしも父母ふぼくにらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

柳下恵が役人のお目付役になり、三度免職された。ある人が言った。「あなたはまだ去ることが出来ないでいるのですか。」柳下恵が言った。「筋を通して人に仕えるなら、どこに三度免職にならない場所があるだろうか。筋を曲げて人に仕えるなら、どうして必ず父母の国を去るだろうか。」

意訳

いにしえの名家老・柳下恵は、真っ直ぐで知られた人物だったので役人の目付になった。しかし三度任じられてそのたびクビになった。不正を摘発したからである。だが当人は涼しい顔。

ある人「こんな腐った国、出て行ったらどうです?」
柳下恵「まじめに職に励んだら、どこへ行ってもクビになるに決まっている。出て行った所で同じだよ。それに適当にごまかしておけば、わざわざ生まれ育った国を出る必要は無いしね。」

従来訳

柳下恵が法官となつて三たびその職を免ぜられた。ある人が彼にいった。――
「どうしてこんな国にぐずぐずしておいでです。さっさとお去りになったらいいでしょうのに。」
 柳下恵がこたえた。――
「どこの国に行ったところで、正道をふんでご奉公をしようとすれば、三度ぐらいの免職は覚悟しなければなりますまい。免職がおそろしさに正道をまげてご奉公するぐらいなら、何も父母の国をすてて、わざわざ他国に行く必要もなかろうではありませんか。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

柳下惠(恵)(リュウカケイ)

論語 柳 金文 論語 下 金文 論語 恵 金文
(金文)

論語の本章では、魯の貴族。BC720-BC621。姓は姫(つまり魯公の一族であり、周王の血縁でもある)、氏は展、いみ名は獲、あざ名は禽、または季。孔子が生まれる70年前に世を去った。先祖は魯の孝公。「柳下」の名乗りは、彼の領地から。

死後、生前の功績をたたえて「惠」とおくり名された。柳下季とも呼ばれる。カタブツの裁判官とされ、年頃の娘を一晩抱いても誰も怪しまなかったという伝説がある(『孔子家語』好生6)。

職を辞した後は隠遁した。孔子が論語衛霊公篇14で讃えたほか、孟子も「聖之和者」と讃えた。

「聖之和者」の解釈はさまざまありうるが、「和」は鋭くなく和み溶け込むことで、「聖」=有能ではあったがとげとげしくはない人物だったと想像できる。『荘子』の寓話では、当時の大盗賊・盜セキは、柳下恵の弟と言うことになっている。

士師

論語 士 金文 論語 師 金文
(金文)

論語の本章では、司法官の一種と伝統的に解する。ただし『春秋左氏伝』には全く見られず、『史記』にも春秋時代の職としての記載がない。説話集としての色合いが強い『列子』では、民事訴訟を裁く官職として現れる。文献として最も早いのは、おそらく『孟子』と思われる。

孟子謂齊宣王曰:「王之臣有託其妻子於其友,而之楚遊者。比其反也,則凍餒其妻子,則如之何?」王曰:「棄之。」 曰:「士師不能治士,則如之何?」王曰:「已之。」曰:「四境之內不治,則如之何?」王顧左右而言他。(『孟子』梁恵王下篇)

孟子が斉の宣王に言った。「王様の家臣が妻子を友人に預け、遠い楚国へ使いに出たとします。帰ってみたら妻子は飢えと凍えで死にかけていました。預かった家臣をどうなさいますか?」
宣王「クビじゃな。」
孟子「士師でありながら管轄下の役人を躾けることが出来ない者がいるとします。どうなさいますか?」
宣王「それもクビじゃな。」
孟子「国内が治まらず不穏な状況になりました。どうなさいます?」
宣王「うむむ、それはじゃな、うむむ。」
王は左右の家来を見回して、口をもぐもぐさせた。

つまり王様だろうと無能はクビですぞ、と孟子が脅した話だが、伝統的にはここでの「士師」を司法官と解し、色々と現代語訳を工夫する。しかし素直に読む限りは官吏の管理職であり、司法官とは一言も書かれていない。指導者であり上級判事でもあるということだろう。

なお旧約聖書に言う士師は、英語では Judge(判事)と言うらしい。wikipediaによれば訳語として士師を当てたのは中国語版聖書に始まるという。ただし聖書の士師はただの判事ではなく、イスラエルの指導者をも意味すると聞く。すると『孟子』の用例が妥当ではなかろうか。

黜(チュツ)

論語 黜 古文
(古文)

論語の本章では”免職される”。甲骨文・金文・戦国文字では未発掘の字。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「黒+(音符)出」。並んだ人・物の中の特定のものを外または、下に押し出す。ひっこめて見えなくすること。徹(つき抜ける、その場からとりはらう)・退(ひっこむ)・出(おしだす)・突(つき出す)と同系のことば、という。

子未可以去乎(シいまだもってさるべからざるか)

論語の本章では”あなたはこれを理由にまだ国を出ないのですか”。ここでの「以」は理由・原因を意味すると解して良いが、漢文読解的には無いものとして扱った方が訳がしやすい。「子未可去乎」=”まだ去ることが出来ないのですか”≒”もう出ていったらいいでしょう”。

焉(エン)

論語 焉 金文
(金文)

論語の本章では疑問辞として”どこ”。完了・断定の文末助辞として現れることがほとんどの言葉だが、文頭では「安」とともに、音を借りた当て字として疑問辞に用いられる、と説明される。ただし「アン・エン」の音を持つ、もとの疑問辞は何かと問えばはっきりしない。

つまり漢字は全ての口語を表すほど数が揃っていなかったことの反映だが、場所を問うような基本的なことばに文字が当てられなかった理由ははっきりしない。

往而不三黜。枉道而事人、何必去父母之邦。」

論語:解説・付記

論語の本章には、孔子もその弟子も全く出てこない。この事情について従来訳の注はこうまとめる。

本章には孔子の評語がないが、これには、評語が落ちたのだろうという説と、柳下恵のいうことが義理明白で評語の必要がなかつたのだろうという説と、両説がある。

大体この通りだろうが、論語微子篇そのものが、早くとも戦国時代の成立であり、本章に至ってはどの時代に挿入された話か見当も付かない。ただし漢代に入ってからとすると、もう少し孔子の語録らしい何かの作為を加えるはずと想像する。

武内義雄『論語之研究』では、本章の史実性について疑義を挟んでいないが、孔子の発言とするなら、評言が抜け落ちたのだろう。論語微子篇は道家的思想が強いとされているが、柳下恵の態度が隠者的なので、膨らましのために入れられた話と想像する。

とするなら、柳下恵カタブツ伝説は、ただの昔話に過ぎないことになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)