論語詳解234子罕篇第九(31)共に学ぶべきも

論語子罕篇(31)要約:最晩年の孔子先生。共に革命を目指した若い弟子たちを思います。誰もが学べるわけではない。身に付くわけではない。志を持つわけではない。そんな希有な弟子に恵まれたことを、今さらながらに思うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「可與共學、未可與適道。可與適道、未可與立。可與立、未可與權。」

書き下し

いはく、ともともまなし、いまともみちからず。ともみちし、いまともからず。ともし、いまともはかからず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「共に学ぶことが出来るが、共に道を行くことが出来ない者がいる。共に道を行けるが、共に同じ場に立つことのできない者がいる。共に同じ場に立てるが、まだ共に策を立てることが出来ない者がいる。」

意訳

論語 孔子 遠い目
諸君。共に学んだ我が一門にも、さまざまな者がいた。
共に学べたが、革命を目指したのは少数だった。
革命を目指したが、活動に携る力があったのは少数だった。
力があったが、作戦を立てられたのは少数だった。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「共に学ぶことの出来る人はあろう。しかし、その人たちが共に道に精進することの出来る人であるとは限らない。共に道に精進することの出来る人はあろう。しかし、その人たちが、いざという時に確乎たる信念に立って行動を共にしうる人であるとは限らない。確乎たる信念に立って行動を共にしうる人はあろう。しかし、その人たちが、複雑な現実の諸問題に当面して、なお事を誤らないで共に進みうる人であるとは限らない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 適 金文 論語 適
(金文)

論語の本章では、”志を持って、そこへ向けて進むこと”。この文字は論語の時代に存在しない。確実に確認できるのは戦国文字から。カールグレン上古音はɕi̯ĕk。同音は存在しない。詳細は論語語釈「適」を参照。

權(権)

論語 権 古文 論語 権
(古文)

論語の本章では”計る”・”はかりごとをする”。もとは秤の”おもり”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「木+(音符)雚(カン)」で、もと、木の名。しかし、一般には棒ばかりの重りの意に用い、バランスに影響する重さ、重さをになう力の意となる。バランスをとってそろえる意を含む。

觀(=観。左右の高さのそろった見晴らし台)・歡(=歓。声をそろえる)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 ぼんやり
論語の本章を、訳者は孔子の遺言に近いつぶやきと解する。論語先進篇で孔子は弟子を論評したが、それには前置きがあり、「私と共に陳や蔡を巡った者=革命戦士は、すでに門下にいない」と言った。それにはまず顔回子路のように、孔子より先立った者がいた。

また司馬耕のようにおそらく先だっただけでなく変死した者もいる。なぜ死んだか、革命政党でもある孔子一門とあっては、事情を知らない弟子には説明できない場合もあっただろう。それに代わる説明、もしくは先だった弟子たちをしのんだ言葉が本章だろう。

論語は、論語だけ読んでいると分からないことがある。他の儒教経典だけでなく、他学派の書籍も読まねば論語は分からない。孔子が権謀数術を用いて後ろ暗い政治工作を行う集団だったと訳者が言うのは、荒唐無稽な妄想ではない。孔子と最も年齢が近い諸子百家、墨子は言う。

論語 墨子 論語 子貢 遊説
子貢は南郭恵子のつてで田常に会い、呉を伐つように勧め、斉国門閥の高・国・鮑・晏氏が、田常が起こそうとしていた乱の邪魔を出来なくさせ、越に勧めて呉を伐たせた。三年の間に、斉は内乱、呉は亡国に向かってまっしぐら、殺された死体が積み重なった。この悪だくみを仕掛けたのは、他でもない孔子である。(『墨子』非儒篇下)

論語時代の史料から、孔子一門の政治活動の記録は、綺麗さっぱり消されている。歴代の儒者が、残された記録をどのように扱ったかは言うまでもない。論語の書き換えすら平気で行った儒者の魔の手をすり抜けた珍しい書が、清末まで忘れられていた『墨子』である。

なお論語の本章について、武内義雄『論語之研究』は以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究
この章末に「可与立、未可与権」という。権の字は孟子・公羊・易伝に見える。孟子は権と礼とを対用し、公羊は権と経とを対用する。この章で「可与立」と言うのは礼に立つ意であるから、孟子の用法に近い。おそらく孟子頃の文か。(p.97)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 可與共學、未可與適道。可與適道、未可與立。可與立、未可與權。(『論語』子罕) 〔與に學ぶを共にす可きも、未だ與に道を適く可からず。與に道を適く可きも、未だ與に立つ可からず。與に立つ可きも、未だ與に權る可からず。〕 […]