論語070里仁篇第四(4)もし仁に志さば

論語里仁篇(4)要約:仁者だけが中立的に人を憎めるからと言って、人を憎んでは仁になりません。ましてこれから仁を身につけようとする弟子たちには、孔子先生はまず人を憎んではならないと戒めました。戦乱の世では厳しい修行でした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「苟志於仁矣、無惡也。」

書き下し

いはく、じんこころざなんにくなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「もし仁の情けを志すなら、人を憎むことがない。」

意訳

論語 孔子 水面
仁とはあわれみを持ち続けることだ。人を憎んでは仁にならない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「志向がたえず仁に向ってさえおれば、過失はあっても悪を行うことはない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

苟(コウ)

論語 苟 金文大篆 論語 藁人形
(金文)

論語の本章では”もし”。『大漢和辞典』の第一義は”かりそめ・かり”。伝統的読み下しでは「いやしくも」と読むが、もはや誤解を招くだけの読みと思う。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、句(ク)・(コウ)は「勹(つつむ)+口」の会意文字で、小さく区切ってまるめこむこと。苟は「艸+〔音符〕句」で、とりあえず草でしばってまるめること。小さくまとめるの意を含む。

▽敬の字の左の部分(キョク。ぐいと引きしめる)は別字。拘(コウ)(とらえこむ)・区(ク)(小さく区切ってかこむ)・辧(コウ)(竹で小さくかこんだやな)などと同系のことば、という。

また語法は次の通り。

  1. 「いやしくも」とよみ、「もしも」「かりに~」「ほんとうに」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。「丘也幸、苟有過、人必知之=丘や幸ひなり、苟(いやし)くも過ち有れば、人必ずこれを知る」〈私はしあわせだ、もし過ちがあれば、人がきっと気付いてくれる〉〔論語・述而〕
  2. 「まことに」とよみ、「そのつど」「ひとつひとつ」と訳す。行為・動作に区切りをつける意を示す。「苟日新日日新=苟(まこと)に日に新たにして日日に新たなり」〈一日一日とみずからを新しくし、また一日一日と新しくする〉〔大学〕
  3. 「かりそめに(も)」とよみ、「とりあえず」「なんとか」「せめて~」と訳す。▽「いやしくも」とよんでもよい。「生亦我所欲、所欲有甚於生者、故不為苟得也=生もまた我が欲する所なれども、欲する所生より甚だしき者有り、故に苟(かりそめに)も得るを為さざるなり」〈生命も自分の欲するものだが、生命以上に欲するものがある、それ故、生命を欲していたずらに生きながらえようとはしないのである〉〔孟子・告上〕

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語では、”無差別のなさけ・あわれみ”。原義は敷物を敷いてあげる姿。詳細は論語における「仁」を参照。

矣(イ)

論語 矣 金文 論語 見返り美人図 矣
(金文)

論語の本章では断定や確定を意味する助辞。原義は人の振り返った姿。「苟志於仁矣」で”もし仁に志し切ってしまったならば”。

無惡也

従来訳のように、「あしき無きなり」と読んで、”悪がない・なくなる”と解する場合がある。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
吉川本では「苟」について、「仮定の助字であるにはちがいないが、もしも確実に仁に志すならば、と読むのは朱子であり、その系統の訓では苟の字をマコトニと読む。もし少しでも仁に志しさえすれば、と読むのは徂徠であって、…イヤシクモと訓ずる。」とある。

しかし吉川博士は論語子路篇10の「苟」については、「可能性の極めて少ない事柄を仮定する助字」と言う。解釈がとっ散らかっており、「どれが正しいんですか?」と言いたくなるが、漢文とはもともとそういう多義性のあるいいかげんなものだから、不思議がるには及ばない。

ただし論語に限定するなら、甲骨文や青銅器に鋳込んだ金文を除けば、最も古い言葉を多く含む古典であり、後世の儒者のでっち上げによって「ああも読める、こうも読める」という散らかりが最も少ないと言えるから、出来るだけ統一した意味で読むようにしないと読み誤る。

だから単に仮定を意味するものとして理解すればいいだろう。孔子は本章で、”もし仁の情けを志すなら、人を憎むことがない”以上のことを言っていない。これは前章の、「仁者だけが正しく人を憎める」と矛盾するように思うから、従来の論語本では解釈に悩んでいるわけ。

論語 孔子 せせら笑い
しかし論語をざっと全体を読んでみると、孔子は特に論理的一貫性に気を付けて発言していたのではないと分かる。加えて発言の時期もバラバラなのは、論語は弟子のメモの集大成だから無理のないことだし、矛盾も人間孔子の成長として理解できる場合が多い。

だから論語はその章だけで完結して理解できるなら、特に論語の他の箇所と整合しなくていい。”もし仁者になろうと願うなら、人を憎んではいけないよ”という教訓だろう。論語顔淵篇1に見られるように、仁は我欲に打ち勝つことだから、憎むなと言うのは理にかなっている。

憎むのは我欲にこだわるからこそだからだ。だから従来訳のように解するのも矛盾はない。欲望がなければ、人は憎む必要が無くなるからだ。矣=し切ってしまう、仁になることを身も心も熱望しているなら、憎んでは熱望は叶わず、仁者になり終えたら憎悪は存在しない。

本章が言うのは、その理の当然のみ。面白いかどうかは別の問題。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)