論語026為政篇第二(10)其の以てする所を視

論語為政篇(10)要約:「あの人の心が分からない。」古今東西変わらぬ若者の悩み。しかし我欲を取り払い、素直に相手を観察すれば、本心など丸わかりじゃよ、と孔子先生。若き日の自分に語ってやりたい、今日でも通用するお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉。人焉廋哉。」

書き下し

いはく、もつてするところところやすんずるところれば、ひといづくんぞかくさんひといづくんぞかくさん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「その人のすることをじっと見、その方法を時間を追って見、どこに落ち着くかを見れば、人の中身はどうして隠せよう、隠せよう。」

意訳

論語 孔子 叫び
諸君。誰かの本心が分からぬと言って悩むことはないぞ。
人の動機、取る手段、目的を見渡せば、その人柄は丸わかり、丸わかりだ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「人間のねうちというものは、その人が何をするのか、何のためにそれをするのか、そしてどの辺にその人の気持の落ちつきどころがあるのか、そういうことを観察して見ると、よくわかるものだ。人間は自分をごまかそうとしてもごまかせるものではない。決してごまかせるものではない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

視(視)

論語 視 金文 論語 監視
(金文)

論語の本章では、”まっすぐに見ること・慎重に身きわめること”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「見+〔音符〕示(シ)」で、まっすぐみること。示の原義(祭りの机)には直接の関係はない。指(まっすぐゆびさす)・示(まっすぐさししめす)と同系のことば、という。

觀(観)

論語 観 金文 論語 クビナガカイツブリ 観
(金文)

論語の本章では、”ものをそろえて見わたすこと”。『字通』では、”鳥占いのように身きわめること”。詳細な語釈は、論語語釈「観」を参照。

論語 察 金文大篆 論語 孔子 洞察力
(金文)

論語の本章では、”曇り無く目を利かすこと”。『字通』では、”神意を伺うように見ること”。

『学研漢和大字典』では、会意兼形声文字で、祭の原字は「肉+手+清めの水のたれる姿」の会意文字。のち示印が加わった。お供えの肉をすみずみまで清めることを示す。察は「宀(いえ)+〔音符〕祭」で、家のすみずみまで、曇りなく清めること。

転じて、曇りなく目をきかす意に用いる。擦(こすって清める)と同系のことば、という。

論語 安 金文 論語 安心毛布
(金文)

論語の本章では、”落ち着きどころ”。他の語義としては、”安らげる・押さえつけること”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(やね)+女」で、女性を家の中に落ち着かせたさま。疑問詞・反問詞などに用いるのは当て字で、焉と同じ。按(アン)(上から下へと押す)・案(ひじを落ち着ける机)・遏(アツ)(押さえてとめる)などと同系のことば、という。

また類義語の泰(タイ)は、ゆったりと落ち着く。康(コウ)は、じょうぶで心配がない。綏(スイ)は、安定して騒がない。寧(ネイ)は、じっと心を落ち着ける。易は、物事がしやすいこと、という。

廋(シュウ)

論語 捜 金文大篆 論語 死神 廋
「捜」(金文)

論語の本章では、目につかない所に”隠す・隠れる”。『大漢和辞典』によると、古くは文字が「捜」と同じという。「廋人」は、馬の飼育を管轄する官吏。

『字通』によると、「叟」は祖先祭殿でともし火を手に取る形で、一族の長老を指すという。火を掲げることから”捜索”の意味が出来、それに対する”隠す”の語義が出来たという。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、叟は「宀(あな)+火+又(て)」の会意文字で、細い穴の奥の残り火を、手でさぐるさま。捜の原字。秀(細い)・痩(ソウ)(細くやせる)と同系で、細い意を含む。廋は「广(いえ)+〔音符〕叟」で、細い穴の奥にかくすこと、という。

觀其所由(観其所由)

論語 吉川幸次郎
吉川本では新注に従い、「其の由る所を観る」を、動機を観察することと解する。古注はこれまでの経歴を見ると解するという。

論語:解説・付記

孔子が自分の塾で養成しようとしたのは、血統によって政治家や役人になっていた従来の貴族に取って代わる、「士」と呼ばれる人材だった。その能力として孔子が求めたのは一つに観察力・洞察力で、人を見抜いて適材を適所に配置できるために必須だった(論語子路篇25)。

従って論語の本章を、若者一般への教訓として読むのも良いが、孔子の意図としてはあくまで、役人としての教訓だった。もちろん、弟子が自ら志願して、孔子の同志として革命運動に参加してくれることも期待しただろうが、政治工作に洞察力は不可欠と言える。

孔子一門の全てを革命政党として見るのは誤りだが、孔子が論語先進篇で挙げた優れた弟子たちが、孔子に従って陳・蔡への放浪と苦難を共にしたことを考えると、優れた弟子にこそ革命闘士としての資質を見ただろうし、また志士だからこそ高く評価もしただろう。
論語 放浪

そこまで期待しなくとも、役人となれば「すまじきものは宮仕え」で、サラリーマンとしての弟子の将来を案じた孔子が、組織で生き残るための処世術として説いた意図もあっただろう。巧言令色でだます上司同僚は、論語当時も今も同じ。だからこそ論語には今日的意義がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)