論語詳解400衛霊公篇第十五(22)君子は誇り高く

論語衛霊公篇(22)要約:孔子先生が弟子に求めたのは、まず自分の徳=能力を高めることでした。徳がなければつまらぬ意地を張ってケンカになりますし、集団に埋もれて我を見失うからです。しかし後世の儒者はどうだったのでしょう。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「君子矜而不爭、群*而不黨。」

校訂

武内本:群を羣に作る。

書き下し

いはく、君子くんしほこりたかくしあらそはず、つるまず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「君子は誇り高いが争わない。群れても結託しない。」

意訳

君子は誇り高いが争わない。必要に応じて集まるのはいい。しかしつるんで自分の判断を人任せにするな。

「君子はあわれ争わず」

諸君は情け深くあれ。争ってはならない。しかしつるんで自分の判断を人任せにするな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子はほこりをもって高く己を持するが、争いはしない。また社会的にひろく人と交るが、党派的にはならない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

矜(キョウ)

論語 矜 金文大篆 論語 矜 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”誇り高い”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、篆文(テンブン)では「矛+令」、楷書(カイショ)では、「矛+今」。「あわれむ」という意味は、憐(レン)に当てたもので、「矛+〔音符〕令(レイ)・(レン)」。矛の柄や自信が強いの意に用いるのは「矛+〔音符〕今(キン)」。

今では両者を混同して同一の字で書く。矜はかたく締めてとりつけた矛の柄。かたく固定することから、自信のかたいことをもあらわす、という。

『字通』では原義は矛の柄で、音が多様な漢字に仮借されて、敬に通じて慎む・敬うの意が、緊に通じてにわか・そばだてる・苦しむの意が、に通じてやもおの意が生まれた。憐れむの意は斉・魯の方言と言い、「矜持」のようにほこる・おごる・おごそかの意については説明がない。

一方『論語之研究』によると「矜」を”憐れむ”の意で用いるのは『方言』に「斉魯之間曰矜」とあり、要するに魯や斉の方言で、つまりは斉の言葉だという。だとすると本章は根本から解釈のやり直しとなるので、意訳を二つに分けた。

論語 群 金文 論語 群 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”群れる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、君(クン)は「口+〔音符〕尹(イン)」から成り、まるくまとめる意を含む。群は「羊+〔音符〕君」で、羊がまるくまとまってむれをなすこと。裙(クン)(まるくすそをまくスカート)・梱(コン)(まるくまとめてしばる)・軍(円陣をなしてむれる軍隊)・郡(中心をとりまいた地方区)などと同系。

『字通』では原義は獣が集まる事=むれで、羊が群れ集まっているさま。これを人に転用して、「群衆」のようにいうとある。

黨(党)

論語 党 金文大篆 論語 党 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”結託する・ぐるになる”。この文字は論語の時代に存在しない。当時の置換候補は當(当)。詳細は論語語釈「党」を参照。
論語 党

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子が弟子に集団の中でのふるまいを戒めた言葉。前半は、君子のみならず誇り高い人物は望ましいが、徳=自分の力量以上に踏ん張ると他人と衝突することになる。つまり自分を大きく見せようとするハッタリをかますなという教えで、論語の他の章と一致する。

論語 孔子 論語 子路
先生が言った。「子路よ。お前に知るとは何かを教えてやろう。知っていることを知っているとし、知らないことを知らないとするのが、知ると言うことだ。」(論語為政篇17)

後半は、集団に埋もれて自我を無くすなと戒めた言葉で、これも「君子は和み合うが意見が同じでない。凡人は意見は同じだが和まない」(論語子路篇23)と一致する。人は群れると集団心理の奴隷となって、無茶や残忍をやりかねないからで、自我の独立は君子の条件だった。

本章を論語の前半と対比させた場合、これもまた子貢派による曽子派への反撃と捉えることも出来る。羊が群れたがり虎が群れないように、群れるのは曽子一派のような弱者の戦略だが、子貢はたった一人で諸侯を遊説してまわり、論語時代の国際関係をひっくり返してみせた。

論語 子貢
くやしかったらやってみろ、ということ。才能は孤独の内に成立する、とは千古不易の真理で、他人を当てにしていては自己の成長は望めない。それは孔子もよく分かっていて、意訳乙のように弟子に説教したのだろう。ただしもちろん孔子の教説には段階がある。

「基礎も学ばないで、いきなり奥義を聞こうというのかお前は」(論語雍也篇21)と言ったように、まずは自分の能力=徳を高め、既存の貴族層に割り込んでいけるだけの条件を整えることが弟子には必要だった。割り込むとは少数派を意味し、弱者ゆえに党派を作るしかない。

徳を高めた者=君子となって以降の党派は、孔子も文句をつけなかっただろう。互いの才を認め合っているから、誇り高くとも無用の争いを起こさないだろう。しかし孔子の在世中に、孔子塾OBによるそうした党派が、どこかの諸侯国を牛耳った、という記録は残されていない。

だが孔子没後、一門は一説に八派に分かれて党派をつくり、互いに抗争したという。

さらに儒教が国教化された帝政中国では、儒者は盛んに党派を作った。古代の漢帝国から中世の隋唐帝国までは、中国政界は儒者派と帝室派と宦官派と貴族派が、四つどもえになって熾烈な政争を繰り広げた。その最終期の貴族だった徳裕トクユウは、こう言って嘆いている。

論語 貴族
…人にはそれぞれの正義があるのだから、つるんでいると必ずいさかいが起こる。漢王朝の役人はつるんで互いにケンカして、とうとう国を滅ぼしてしまった。今も科挙上がりの儒者は互いにつるんで、悪いことをしながら仲間内でかばう。

だからとんでもない悪党が、君子としてまかり通っている。官職を独占し、犬をけしかけるようによそ者を追い払い、知恵者も勇者もその使い走りになってしまった。こんなバケモノが横行するようでは、この太平の世も長くはないぞ。

しかし貴族派は官僚採用試験=科挙を通った儒者派に圧倒され、唐が滅び五代の混乱期の中で貴族は事実上中国から消え去り、宋代には儒者派の天下となった。しかし党派は強力な戦略であり、儒者派は勝者となっても結託をやめなかった。その一人欧陽オウヨウシュウは言う。

論語 欧陽脩
世の学のない者どもはだな、君子と小人の区別がつかぬものだから、正義の党派と小人の集まりの区別がついておらん。小人は利益目当てにつるんでおるのであって、世に正義を行おうとする、我ら賢い儒者とは違うんである。

我らのような賢者がだな、団結して政治に取り組まなければ、どうやって世の中が治まるというのだ。古代の聖王も、我ら賢者に助けられて、太平の世を実現させたのだ。ところがこれを勘違いして、唐王朝は我ら儒者派を弾圧した。

それであっさり、唐は滅んだのである。思えば古代の悪王も、我らのような者が団結すると、忌み嫌って弾圧した。だから悪王になり、国を滅ぼしたのだ。これは歴史の事実である。だから皇帝だろうと頭を下げ、我らの言うことを聞きなさい。

儒者の高慢ちきが宋代に史上最高となったのはこうした背景がある。しかし儒者派は貴族派こそ圧倒できたものの、政界には帝室派や宦官派が生き残っており、しかも帝政を取る以上この派閥は無くならない。明清帝国になると皇帝の独裁権が強化され、儒者派は弾圧された。

清の雍正ヨウセイ帝は言う。

論語 雍正帝
全くお前ら儒者あがりの役人と来たら、父上の時代にもつるんではならんと諭されたに、いまなおつるんで悪さばかりしておる。だから最後の機会をやる。つるんではならん! 二度と言わせるな。今度つるみやがったら、根こそぎ処刑してやるからそう思え。

だいたいお前ら役人は金ほしさに、つるんで官職を独占し、ワイロを取り、都合の悪い話はワシの所へ持ってこない。それでどうやって、ワシが天下を治められるというのだ。ワシは日夜よい世の中を作ろうと、精出して働いておるというに。

よいか! 二度とは言わんぞ。今すぐつるみをやめよ。まじめに働け。欧陽脩のようなタワケの意見など聞くでない。あやつがもし今の時代におったら、ワシがぐったりするまで説教してやろうぞ。よいな! 二度とつるんではならんぞ!
論語 雍正帝

だが雍正帝も儒者派の解党を強行できなかった。中国の帝政が滅びても、役人の結託は解消していない。中国に限った話でもない。役人に限らず結託は、構成員の生存を保証するからだ。社会保障の機能を持つ現代国家も、結託と言えば結託である。

現代は孔子の生きた論語の時代とは違う。結託しないで生きていくのはほぼ不可能だ。ただしそれでも、個人の徳=能力を高めて、残忍には断固として手を染めない足場を作るのは可能だろう。論語の言葉がそのまま現代に応用出来るわけではないが、基本精神はなお有効だろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)