論語328子路篇第十三(26)君子はやすらかにして

論語328子路篇(26)要約:人は威張ると嫌われます。嫌われると分かっていてなぜ威張るのか。それは自身がないからです。孔子先生はそれに気付き、地獄のような差別に生きてきた新弟子の、心のわだかまりを解いてあげるのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子泰而不驕。小人驕而不泰。」

書き下し

いはく、君子くんしやすらかにしおごらず、小人せうじんおごやすらかならず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

先生が言った。「君子は大らかだが驕らない。凡人は驕るが大らかでない。」

意訳

君子は自分に自信があるものだ。だから余裕たっぷりとして威張る必要がない。対して凡人は虚勢を張って威張りたがるが、余裕なんぞはありはしない。つつけばすぐに飛び上がる。

従来訳

先師がいわれた。――
「君子は泰然としている。しかし高ぶらない。小人は高ぶる。しかし泰然たるところがない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

泰而不驕

論語の本章では”大らかだが高慢ちきにならない”。

「泰」は”大らか”。両手で水をすくっても指の間からこだわり無くこぼれ落ちるように、滞りがないこと。「驕」は”高ぶる”。馬+喬(たかい)で、跳ね馬が前足を持ち上げて飛び上がるように高ぶること。

「泰而不驕」は「而」(ジ)でつながれており、「A而B」はAでありBでもある、の意。論語本章の場合は否定辞「不」がBに付けられており、「AではあるがBではない」の意。Aに否定辞が付いた場合は、「AでもなければBでもない」の意となる。

論語:解説・付記

ふと従来訳の『現代訳論語』を見て思った。「泰然」と言われて現代の読者にどれだけ分かって貰えることか。下村氏の訳の初版は、wikipediaによると1954(昭和29)年とのことだが、当時は十分、読者に分かって貰えただろう。しかし現在ではむしろ、calmの方が通じるかも。

訳者は英語よりはるかに漢文の方が得意という、現在では天然記念物(ぜひ指定して貰いたいものである)級の古物だが、敗戦後十年間程度なら訳者より漢文の読める人は町内に一人は居たかも知れない。それはさておき現代で、漢文を音読みして、それで訳として通用はしない。

論語の本章は、孔子の人間観察の程度を示す一節で、人はなぜ威張るのかの答えでもある。素で美人の女性が、あえてすっぴんのまま通りを歩くのにも似ているかも知れない。対して男というのは虚勢を張りたがるように本能が命じるから、用もないのに不機嫌だったりする。

誰からも見捨てられたおやじが、コンビニで店員を怒鳴り上げるのにも似ている。そこは人間も動物だから、サル山で上位ザルがマウンティングするのと変わらない。ただ人間の場合は文化というやっかいなものがあるから、下位ザルでも反撃の恐れがない所でやらかすのである。

以上は論語時代も同じだったろう。とりわけ孔子塾に入門してくる若者は底辺出身者が多く、身分差別やいわれのない屈辱にさらされた記憶が強烈だったろう。そんな弟子をまとめ上げるには、その不条理の原因を諭し、自分がそうなってはいけないことを教える必要があった。

これは論語の第一章の解釈にも関わる事だが、そういった言わばひねくれた弟子が多い中で、孔子が心のわだかまりを解いてやらねば、学級崩壊が起こる。それで済めばいい方で、稽古用の武器を持ちだして刃傷沙汰まで起こりかねない。だから孔子が差別を言う訳がない。

経験の浅い教師なら、事後に罰することで止めるのだろうが、漢方と同様、まだ病にならない前に収めてしまうのが上手というものだ。顔回子貢といった、奇蹟のような能力を持った弟子が、なぜ孔子の下を離れなかったのか、その理由の一つが論語の本章にあるように思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)