論語詳解310子路篇第十三(8)子衛の公子荊を謂う

論語子路篇(8)要約:人物評論が大好きな孔子先生。隣国の家老として名が聞こえた人物の、おそらくは記録を読んで言いました。「家政の達人だ。」先生の教説は道家の教えほど無欲を言いませんが、寡欲を讃える点は先生も同じでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂衞公子荊、「善居室、始有、曰、苟合矣。少有、曰、苟完矣。富有、曰、苟美矣。」

書き下し

ゑい公子こうしけいふ、おくれり、はじめてるに、いはく、かりなりすこしくるにいはく、かりそなうるなりゆたかるにいはく、かりなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が、衛国の公子・荊について評論した。「うまく奥部屋に座っていた。初めて家産を得た時、”とりあえず間に合った”と言い、少し家産が増えた時、”とりあえず揃った”と言い、大いに家産を得た時、”とりあえずよろしい”と言った。」

意訳

衛国の公子荊どのは、家政に長けたお人だった。初めて財産を得た時、「とりあえず間に合った」と言い、財産が増えだした時、「とりあえず揃った」と言い、大いに富んでからも、「とりあえずよろしい」と言った。欲を張らず、富貴は時の運と心得ておられたのだな。

従来訳

衛の公子荊のことについて、先師がいわれた。――
「あの人は家庭経済をよく心得て、奢らなかった人だ。はじめ型ばかり家財があった時に、どうなり間にあいそうだといい、少し家財がふえると、どうやらこれで十分だといい、足りないものがないようになると、いささか華美になりすぎたといった。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

公子荊

魯の隣国、衛の公子=国君の子。あざなは南楚。吉川本に「他の文献に見えないが」とあるのは誤り。いわゆる論語サイトのたぐいも、吉川博士にいかなる敬意を表してか、詳細不明としているところがある。受け売りせず、自分で調べれば済むことだ。

公子荊については、『春秋左氏伝』襄公二十九年(BC544)の条に記載がある。

呉公子札来聘…適衛、説蘧瑗(キョエン)、史狗、史鰌(シシュウ)、公子荊、公叔発、公子朝。曰、「衛多君子、未有患也。」
呉の公子季札が衛に行き、蘧伯玉、史狗、史鰌、公子荊、公叔発、公子朝と会談した。いわく、「衛には人材が揃っている。だから内乱が起きていないのですね。」

ほぼ同文が、『史記』の呉世家にも記されている。BC544はBC551生まれの孔子の少年期で、公子荊は孔子より一世代か二世代年長と思われる。上記『左伝』に名がある人物の内、蘧伯玉はのちに孔子と顔合わせし、その保護者になったことが『史記』『左伝』から確認できる。

呉の公子季札とは、南方の新興国・呉の貴人で、斉・魯・鄭・衛・晋を歴訪し、音楽の教養や観察力に優れた賢者として登場する。その発言で衛のお偉方を褒めているからと言って、公子荊の人となりが分かるわけではないが、少なくとも悪口は言っていない。

なお同名の公子荊は、後に公子の同世代人として魯国にもいた。

善居室

直訳すると”みごとに奥の部屋に住まった”。「室」とは家族の私的生活を送る一番奥の部屋で、寝室に用いた。従って”私生活に不満を言わなかった”とも解せるし、”家政を見事に取り仕切った”とも解せる。
論語 中国家屋

苟(コウ)

「まことに」と読み下す本もあるが、文脈から賛成できない。『大漢和辞典』の第一義も”かりそめ”となっている。

合・完・美

論語 合 金文 論語 美 金文
「合」「美」(金文)

『学研漢和大字典』によると、「合」の原義は蓋と入れ物がピタリと”合う”こと、「美」の原義は見事なヒツジで、立派なこと、すばらしい事。武内本は「合」を、「足と同意」という。

「完」は孔子在世当時に通用した金文や、それ以前の甲骨文では未発掘で、論語の当時には無い言葉だった可能性がある。確実に遡れるのは戦国時代の秦の文字で、年代不明の古文は、字形や構成要素が二系統ある。
論語 完 古文 論語 完 古文 論語 完 秦系戦国文字
「完」(古文1・古文2・秦系戦国文字)

『学研漢和大字典』によると、「完」は会意兼形声文字で、要素の元は、まるい頭を描いた象形文字。完は「宀(やね)+(音符)元」で、まるくとり囲んで欠け目なく守るさまを示す。垣(周囲をとり巻いたかき)・円(まるく欠け目がない)などと同系の言葉。類義語の全は、すべてそろっていること、という。

この字解は、秦系戦国文字には当てはまるが、古文には適合しない。この点『字通』は、「廟中の儀礼を示す字。元は人の頭部を強調する形。廟中で元服する儀式を冠といい、完に手を加える形」という。古文2はそれを示しているのだろうか。だが古文1には適合しない。

結局、「合」を”必要に適合する。間に合う”と解し、「完」を”備わる。足りる”と解し、「美」を”よろしい。すばらしい”と解するしかない。

論語:解説・付記

既存の論語本では吉川本に、荻生徂徠は「苟美矣」を「美なりとは、文采有るを謂う也」(美なりとは、文化人らしい生活になったというのである)と注を付けたという。その根拠はないから、儒者らしいもったいつけと考えていい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)