論語085里仁篇第四(19)父母いまさば

論語里仁篇(19)要約:親思う心にまさる親心。普通の親なら、いつも我が子を心配します。よい親子関係には、まず心配させない事。もし遠く離れていても、ちゃんと元気でいると知らせなさい、そう孔子先生が説いたお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「父母在、*不遠遊。遊必有方。」

校訂

武内本:清家本により、在の下子の字を補う。

書き下し

いはく、父母ふぼいまさば、とほあそばざれ。あそばばかならふみれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「父母が存命であれば遠くに旅するな。もし旅するなら必ず手紙を出せ。」

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
親に心配かけないよう、居場所はいつも分かるようにしておけ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「父母の存命中は、遠い旅行などはあまりしないがいい。やむを得ず旅行する場合は行先を明らかにしておくべきだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


「遊」(金文)「旅」(甲骨文)

『大漢和辞典』の第一義は”遊ぶ”だが、論語の本章では”一人もしくは少人数での旅”。旗やのぼりを立てて大勢で出かけるのを本来「旅」という。

論語 方 金文
(金文)

論語の本章では”手紙”。

超多義語で、『大漢和辞典』の第一義は”並べる”。吉川本によれば、古注は”規律”と解し、必ず規律のある旅行をすること、とする一方、新注は”方角”と解し、きっと一方の方向だけに行き、別の方角へ勝手に行かないこと、とする。

論語 鋤
『学研漢和大字典』によると象形文字で、左右に柄の張り出たすきを描いたもので、←→のように左右に直線状に伸びる意を含み、東←→西、南←→北のような方向の意となる。また、方向や筋道のことから、方法の意を生じた。傍(両わき)・妨(左右に手を張り出してじゃまする)・防(左右に張り出た堤防)・房(左右に張り出たわき屋)などと同系。並(ヘイ)(左右にならぶ)とも縁が近い、という。

論語 方
一方『字通』では、領域の境界線に魔除けとしてさらされた異民族の●体という。

論語の本章では語義の一つに”(文字を記す)ふだ”とあるのに注目し、”手紙”と解した。詳細な語釈は論語語釈「方」を参照。

論語時代に紙がなかったのは高校世界史的知識で、発明は後漢の蔡倫によるAD105ごろとするが、最近では紀元前の紙も発掘されているという。

論語:解説・付記

論語 旅人
孔子が世に出る前の姿は、信頼できる史料が少ないが、おそらく遠く旅に出ることがあったと創造する。巫女の私生児として生まれた孔子は、決して幸福に生まれつきはしなかったが、ただ一つ一般庶民と違うのは、巫女の子ゆえに読み書きを教わる機会があったことだ。

孔子は旺盛な好奇心を持っていたから、母親や母が属する呪術者集団の持つ文献に飽きたらず、つてを頼って貴族の蔵書を見せて貰ったり、諸国を歩いて名所旧跡を見て回っただろう。「はとるに足らざる」(論語八佾篇9)と断言しているのはそれが理由だろう。

孔子は自分の目で、杞国や宋国を見て回り、資料を探し歩いたのだ。しかし自分で旅に出られるのは、現在で言えば中学生ぐらいからだろうから、13から母の死去する16まで、あまり時間が無かっただろう。晩年の母親の介護を考えると、1年ほどしかなかったのではないか。

その間恐らく、母親から安否を尋ねる手紙を受け取っただろう。巫女の集団は巡業するもので、集団道士のつながりもあっただろうから、連絡は論語時代にしてはつきやすかっただろうから。そのような過去を思い出し、弟子に語ったのが論語の本章と思われる。

論語 大漢和辞典
なお論語憲問篇31に「子貢、人をたくらぶ」とあり、訳者は「方」を”並べて比較する”と解していたが、今回『大漢和辞典』を改めて引いて、語義の終わりの方に「(四七)そしるに通ず。」とあるのを知った。やはり辞書はたまには引かないとダメである。

その条に論語のこの章と並んで、(經典)釋文の用例を引いてあるので、「方、鄭本作謗」とあるのは論語の鄭玄本のことか? などと、漢文オタクにはよい暇つぶしになった。

なお新古の注は、「方」を次の通り解している、

古注『論語義疏』

方常也曲禮云為人子之禮出必告反必靣所遊必有常所習必有業是必有方也若行遊無常則貽累父母之憂也鄭𤣥曰方猶常也。

方は常也。曲禮に云く、人の子為る之禮、出づるに必ず告げ、反るに必ずまみゆ。遊ぶ所必ず常有り、習う所必ず業有り。是れ必ず方有り也。若し行き遊びて常無からば、則ちのこして父母之憂いを累ぬる也。鄭𤣥曰く、方は猶お常也。

論語 古注 何晏 論語 古注 鄭玄
方はおきてである。作法の細則に、人の子たる者は、出かける際には必ず父母に一声掛け、帰った際には必ず会って挨拶せよとある。出かけるに当たっても必ずおきてがあり、習うに当たっては必ず務めがある。だから「必ず方がある」と論語にある。

もし出かけたのにおきてに従わないなら、家に残した父母の心配が募ってしまうものだ。鄭玄も言った。「方はおきてのことだ」と。

新注『論語集注』

遠遊,則去親遠而為日久,定省曠而音問疏;不惟己之思親不置,亦恐親之念我不忘也。遊必有方,如己告云之東,即不敢更適西,欲親必知己之所在而無憂,召己則必至而無失也。范氏曰:「子能以父母之心為心則孝矣。」

遠く遊ばば、則ち親を去りて遠ざかり而日久しかり為り、定省むなしかり而音問まばらならん。惟れ己之親を思いて置か不るに不ず、亦た親之念いを恐れて我れ忘れ不る也。遊ばば必ず方有らんは、己告げて之に東と云わば、即ち敢えては更に西に適か不るが如し。親必ず己之所在を知り而憂無からんを欲し、己を召さば則ち必ず至り而失う無き也。范氏曰く、「子能く父母之心を以て心を為さば則り孝たる矣」と。

論語 朱子 新注
遠方に出かければ、つまり親元を遠く離れ、日にちも過ぎてゆき、親の世話も出来ず音沙汰もまばらになってしまう。これでは親を思って放置しない事にならないから、かえって親の気持ちをくんで忘れないようにするのである。

「遊ばば必ず方有り」と論語にあるのは、東に出向きます、と告げたなら、西へ行くようなことをしない、ということだ。親に自分の所在が必ず分かるようにして、心配を掛けないようにし、呼ばれたら必ずすぐさま帰って、帰り損ねないようにする。

范祖禹「子は親の心を自分の心として思えるようなら、つまり孝行と言えるのである。」

*定省:親に仕えて、夜はその寝具を整え、朝にはその安否を尋ねる。子が親に仕えるときの礼を述べたもの。/音問:音信。たより。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)