論語077里仁篇第四(11)君子徳をおもえば

論語里仁篇(11)要約:一見、身分差別に思えるこの一節。しかし孔子先生は見下す事を教えたのではなく、人とは本来そういうものだ、だから高潔な精神を保たなければ、人を導く資格はない。その決意があるか、弟子に問うたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子懷德、小人懷土。君子懷刑、小人懷惠。」

書き下し

いはく、君子くんしとくおもへば、小人せうじんおもふ、君子くんしけいおもへば、小人せうじんけいおもふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「君子は徳の力を身につけようとするが、凡人は土地を欲しがる。君子は刑罰を好ましく思うが、凡人は恩恵を好ましく思う。」

意訳

君子は内に秘めた潜在力を身につけようとするが、凡人はさっさと金になる土地を欲しがる。君子はいさぎよく罰せられようとするが、凡人はお目こぼしを願って逃げ回る。

従来訳

 先師がいわれた。
「上に立つ者が常に徳に心掛けると、人民は安んじて土に親み、耕作にいそしむ。上に立つ者が常に刑罰を思うと、人民はただ上からの恩恵だけに焦慮する。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

懷(懐)

論語 懐 金文 論語 鳥の巣 懐
(金文)

論語の本章では”好ましく思うこと”。『大漢和辞典』の第一義は”思う”。以下”なさけ、こころ…”と続く。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、褱(カイ)は「目からたれる涙+衣」の会意文字で、涙を衣で囲んで隠すさま。ふところに入れて囲む意を含む。懷は「心+〔音符〕槭」で、胸中やふところに入れて囲む、中に囲んでたいせつに暖める気持ちをあらわす。回(取り囲む)・囲(かこむ)と同系のことば、という。

德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語では”道徳”と解すると、まず間違いなく論語を読み誤る。詳細は論語における「徳」参照。

つまり徳とは、目には見えないが圧倒される人格的迫力のことで、学問や武芸や技術などに裏打ちされた、あからさまではない、隠然とした力、生物の持つ機能を言う。その力を以て実現される、政治経済的効果や力も、同じく徳と呼ばれた。

法治に対する徳治など、道徳的な意義をつけ加えたのは、孔子没後になって、青白い儒者たちが食うためのでっち上げに過ぎない。

論語 刑 金文 論語 牢屋 刑
(金文)

論語の本章では”刑罰”。動詞としては「つみする」と読み、”処刑する・罰する”ことを言う。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、井(ケイ)は、四角いわくを示す。刑は「刀+〔音符〕井」。わくの中へ閉じこめる意を含み、刀で体刑を加えてこらしめる意を示すため、刀印を加えた。
形・型(わく)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、刑=法則という。また荻生徂徠は、「小人懷土」を「君子が道徳を心がければ、その結果として、小人は土地に安住する」と解したという。法則が法治を意味するなら、勝手気ままな刑罰がないから小人も安心だ。道徳的な為政者も同じかも知れない。

ただし道徳が、「ちきゅうにやさしい」の如き偽善だと、民は大変な目に遭うことになろう。結局為政者の気ままで刑殺されかねないからだ。なお本章は、「為政者が刑罰を用いようと思うと、しもじもは逃げ回ることばかり考える」と解した方が素直かも知れず、迷っている。

論語 子夏
また孔子在世当時の孔子塾の信条を考えると、直弟子で孔門十哲の一人・子夏が、論語の子張篇で「凡人は間違いをしでかすと、必ず言い訳をする」と言ったのを思い出す。凡人が目こぼしを願うと解するのはいいとして、「君子懐刑」の解釈には、まだ研究が要ると思う。

なお本章は「刑」という物騒な言葉を扱うから息苦しく感じるが、孔子は歌うように言っている。藤堂明保先生の『学研漢和大字典』から上古音(周代~秦代)を引いてみる。

君子懐徳 kıuən tsiəg ɦuər tək
小人懐土 siɔg nien ɦuər t’ag
君子懐刑 kıuən tsiəg ɦuər ɦeŋ
小人懐恵 siɔg nien ɦuər ɦuəd

何と発音するのかさっぱりだが、「徳」と「土」、「刑」と「恵」が近い音で韻を踏んでいるのがおわかりだろうか? おそらく多くの弟子の前で孔子が読み上げ、弟子に繰り返させたのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)