論語343憲問篇第十四(11)貧しうして怨む無きは

論語憲問篇(11)要約:貧乏を怨まないのは難しいが、金持ちで威張らないのは簡単だ。孔子先生は生涯の中で、お金に関して浮き沈みの激しい人でした。あるいは富んで威張ったことがあったでしょう。それを反省しての先生の言葉。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「貧而無怨、難。富而無驕、易。」

書き下し

いはく、まづしうらきは、かたし。おごることきは、やすし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「貧しくて怨まないのは難しい。富んで驕らないのは簡単だ。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
貧しいと心がすさんで、人や世の中に文句をつけたくなる。
富むと心に余裕が出きて、威張らなくても済むようになる。

従来訳

先師がいわれた。――
「貧乏でも怨みがましくならないということは、めったな人に出来ることではない。それに比べると、富んでおごらないということはたやすいことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 怨 篆書
文字の上半分は、土下座させられた人の姿で、下は心。押さえつけられて晴らしようがないようなうらみを言う。

驕(キョウ)

論語 驕 睡虎地秦墓竹簡
(秦系戦国文字)

馬+キョウ(たかい)で、馬が跳ね上がるようにおごり高ぶること。

論語:解説・付記

論語 下村湖人
既存の論語本では従来訳の注に、「そのたやすいことが門人たちになかなか出来ないので、孔子はこの言を発したのであろう。こういう言葉を単なる難易の比較だと見て、甲論乙駁するようでは論語は死ぬ。」とある。あえて甲論するが、孔子は難易の比較しか言っていない。

本章は論語述而篇35で「順境の時は図々しくなり、逆境の時は意固地になる。図々しいよりは意固地の方がいい」と諭したのを言い換えたことばで、さらに論語学而篇15子貢が、「貧しくて媚びない。富んで威張らない。こういうのはどうでしょう」と言ったのと関連する。

これは暗に、富んでも驕らない子貢=自分と、貧しくても矜持を保つ顔回とを比較したものだが、孔子に「貧乏を楽しむ貧乏人には及ばない。富んだ金でウチのような礼法教室に通ってくるたぐいに過ぎないね。」とぺしゃんこにされている。子貢はよほどこたえたのだろう。

論語の後半は一門でも子貢一派の影響が強いが、子貢は生涯、論語学而篇でぺしゃんこにされた教えを忘れなかったのだろう。それだけ子貢が弟子として優れていたことを示す話で、論語で子貢は孔子の悪口を聞くたびに、弟子だろうと貴族だろうと、反論して叩き潰している。
論語 子貢 怒り

「あなたほどの人が、何であの孔子に…」と子貢は度々言われているが、子貢にとって孔子は価値判断の基準で、本章のように難易の比較を示して貰えれば十分だった。逆に言えば変転止まない相場と外交の世界に生きた子貢は、何か絶対的な価値基準に飢えていたのだろう。

そして孔子の示す基準が思いの外、相場で当たることに気付いたに違いない。そうでなければとっくに自立しているはずで、孔子没後、誰よりも長く喪に服したのも、孔子の持つ自分にない能力を見ていなかったら出来ない事だった。子貢は冷徹な商人で、外交官だったから。

それを示すのが論語八佾篇17の「ヒツジがもったいない」で、孔子の言うことに理と利がなければ、躊躇無くヒツジをやめにしただろう。一方孔子にうんざりした人の理由は、孔子のもったいぶった礼法と、仁=等身大フィギュア趣味だろうが、子貢もまた同好の士ではなかった。

しかし孔子が熱く趣味を語るのを冷笑はしなかっただろう。つまりフィギュアにも何らかの意義を子貢は認めており、そうでなければ孔子を小バカにしかねない人だった。それをしないのが子貢の場合は、富みて驕らないことであり、本章をここに収録した理由である。
論語 子貢 問い

以下は二次史料になるが、子貢がフィギュア趣味に意義を認めていた証拠の一つが、貧窮のまま隠棲生活を送った原憲にまつわる話で、あまりにみすぼらしい原憲に同情して援助の手をさしのべたらしい形跡が子貢にはある。バカにしていたら高慢ちきの子貢にあり得ない話だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)