論語詳解387衛霊公篇第十五(9)志士仁人は”

論語衛霊公篇(8)要約:孔子一門は革命政党でもあります。でも孔子先生は、その気のある者しか勧誘しませんでした。勧誘しても逃げ出すに決まっているからです。しかし後世の儒者は、論語を書き換えて他人の死を強要したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「志士仁人、無求生以害仁*、有殺身以成仁。」

校訂

武内本

唐石経、仁を人に作る。皇疏正義によるに仁に作を是となす。

定州竹簡論語

曰:「志士仁人,無求生以[害仁,有殺]身以成仁。」422

復元白文

子 金文曰 金文 志 金文士 金文仁 甲骨文人 金文 無 金文求 金文生 金文㠯 以 金文害 金文仁 甲骨文 有 金文殺 金文身 金文㠯 以 金文成 金文仁 甲骨文

※仁→(甲骨文)。論語の本章は文字史的には史実を疑えないが、「志士」という熟語があることから、後世の捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、志士しし仁人じんじんは、せいもとめてじんそこなし、ころしてじんり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「志ある立派な男と常時無差別の愛を身につけた人は、生きることを求めて愛からはみ出すことがない。身を殺して、愛を実現することがある。」

意訳

ニセ孔子
諸君。志士と情け深い者は、命を惜しまず、常時無差別の愛を体現してみせる。我が身を殺してでも、常時無差別の愛を貫徹する。その覚悟でいて欲しい。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「志士仁人は生を求めて仁を害することがない。却って身を殺して仁を成しとげることがあるものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「志士仁人中,沒有貪生怕死出賣正義的人,卻有捨生忘死維護正義的人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「志士や仁者のうち、死を恐れて命惜しみせず正義を選び取る人は、それだからこそ命を捨て死を忘れ、正義を貫き通す人だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

志士仁人

論語 志 金文大篆
「志」(金文大篆)

論語の本章では、”志に燃える立派な男と、情け深い者”。「志士」は論語では本章のみに登場。「仁人」は論語堯曰篇1にも一例あるが、孔子から一世紀後に提唱された堯舜が出てくるなど、読むそばからニセモノとわかる下手くそな作文である。

孔子生前の中国語には原則として熟語が無いから、読み下すと「士を志す仁の人」。孔子生前の「仁」は”理想の貴族の姿”をいい(論語における仁)、すでに「仁人」ならば士=下級貴族を志す理由がない。

従って本章では後世の創作と解し、「仁」の語義も孟子が提唱した「仁義」=”情け深さ”と解釈するより仕方が無い。

また出土品として「志」の字が明らかに見られるのは戦国時代末期になってからで、論語の時代にはかろうじてあったかどうか、極めて心細い。詳細は論語語釈「志」を参照。

害 金文
(金文)

論語の本章では”ダメにする”。初出は西周末期の金文。漢音(遣唐使の持ち帰った音)は「カイ」、呉音(それより前に日本に伝わった音)は「ガイ」。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(かぶせる物)+口または古(あたま)」で、かぶせてじゃまをし進行をとめることを示す、という。詳細は論語語釈「害」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は上記の通り、文字史的には史実を疑えないのだが、熟語を使っていることと、何より孔子が言いそうもない話であることを理由に、後世の創作と思われる。定州竹簡論語にあるからには、前漢初期までに創作されたのだろうが、内容から戦国時代のニオイがする。

中国の春秋時代と戦国時代の違いは、技術の発達によって他国を滅ぼし自領に組み入れることが出来るようになった点で、それには孔子も一枚噛んでいる。広大な領地の統治には、中央政府の意のままに働く官僚が不可欠だが、史上初めて官僚を養成したのが孔子塾だった。

軍事面でもこれは当てはまり、確かに兵器の改善で弩(クロスボウ)という画期的発明があり、平素の軍事教練が無い庶民でも、徴兵すれば強力な打撃部隊となり得たが、戦争の前には膨大な基礎研究が必要で、それは例えば戦場予定地の地理や敵地情勢の調査などが含まれる。

プロイセン参謀本部もそれをそっくり真似た日本の陸軍参謀本部も、仕事の第一は測量と地図の作図だった。現在の国土地理院は、敗戦によって参謀本部が廃止されても、地理部門だけは生き残って今に至っている。科学技術の乏しい中国古代では、地理研究は一層重大だった。

それを平時から行う参謀本部を設けたことで、プロイセンがすさまじい軍事大国と化したのは世界史的常識だが、それより二千年以上前に、そうした平時のスタッフワークの必要性を、孫武が『孫子兵法』で説いている。「敵を知り、己を知らば、百戦あやうからず。」

こうした軍事参謀と、平時の政治参謀が分かれていないのが中国古代の特徴で、ゆえに「軍師」が、君主の政治参謀たり得た。従って孔子塾が養成したのは、ただの下っ端役人だけではない。政治軍事両方に通じた人材を、庶民からでも養成し得ることを証した所に意義がある。

論語 冉求 冉有
現に有力弟子の冉有は政治面だけでなく、武将としても活躍した。そして孔子より前の時代、公職とはすなわち家職であり、世襲するものだった。孔子塾の出現によってそれが一部崩れたが、完全に置き換わらなかったことは、戦国時代も下った孟嘗君の言葉に表れている。

君用事相齊,至今三王矣,齊不加廣而君私家富累萬金,門下不見一賢者。文聞將門必有將,相門必有相。

父上が斉の宰相になってから、三人の王殿下が代替わりされました。その間斉国は全く領土を広げず、父上と我が家のみが万金の富を貯えております。なのに一族一党、ボンクラばかりです。将軍の家には将才のある者が生まれ、宰相の家には政才のある者が生まれると聞きますのにね。(『史記』孟嘗君伝)

君主を例外に、全ての公職から世襲を排除したのは、始皇帝による統一を待たねばならない。しかし厳密には秦帝国にも世襲貴族がいたし、原則としてその廃止を企てたから、秦帝国は貴族という支持層を失ってあっけなく滅んだ。君主制には世襲貴族がつきものなのだ。

現代日本で、当たり前の相続税を考えればあり得ないはずの富豪が、現実には居るのと軌を一にしている。それはさておき、諸侯国同士の潰し合いが激しくなった戦国時代には、忠の字と共に忠義の概念が発明され、領民をクルクルパーにして従わせるのが流行った。

論語の本章もその一環として捉えるべき話で、志のある者は命を捨てて正義を全うしろ、と、権力者によってのみ都合のよい図々しいことを、孔子という権威の口を借りて言わせたでっち上げである。戦争中に若者を煽って特攻隊に追いやった、クズどもと言っている事は同じ。

そして古注を書いた儒者どもも、もちろん「お前だけ死ね」と人を煽った。

古注『論語集解義疏

論語 古注 何晏 論語 孔安国 古注
注。孔安国曰く、生き恥をさらして仁を損なうぐらいなら、死んで仁を達成するのである。つまり志士仁人は我が身を愛さないのである。

付け足し。孔子様は、仁の達成を記した。志士仁人というのは、心に善き志が有る者で、仁を行いうる者を言うのである。仁を害なうを以て生を求める無しというのは、もともと善い行いを志している者は、人を救おうと願うものである。だから生き恥をさらして仁を損なわず、仁を施そうと思うのは当然である。生き恥をさらして仁をないがしろにするような奴は、つまり志士ではないのである。

身を殺して以て仁を成す有りというのは、自分の身を殺して仁が達成できるなら、それは仁に近いというのである。だから志士仁人は必ず我が身を殺して仁を達成するのである。だから身を殺して仁を成す有りと言ったのである。我が身を殺して仁を達成するのは、志士ならば惜しみなくやることである。

繆播ビュウバン曰く、仁が理にかなっているなら、足下はしっかりしているのだから、危険な目に遭って我が身を滅ぼすことはない。となれば賢者が時代の流れを観察するなら、流れは行きつく所まで行って、行きついたら人に代償を求めるだろう。だから身を殺して仁を成すのは道理である。だから殷の比干は心臓を取り出されたのだ。孔子様も仰った。殷に三人の仁者がいた、と。

ひええ。「則ち志士仁人必ず﹅﹅身を殺して之を為す」だって。他人事だと思えば、儒者は平気でこういうことを言い出す。戦争中に特攻兵器の桜花を作って、「私も続く!」とかアジ演説をぶって、若者を次々と死に追いやった当人が、敗戦後は逃げ回ったのとよく似ている。

論語 特攻隊まず自分が死んでから言って欲しいものだ。誰も死ねと言えなくなるから。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 単なる器であってはならない。当時の貴族=政治的有権者のうち、最下級を士というが、孔子は弟子に士ではなく、身を殺して仁を成す、「志士」になることを求めた(論語衛霊公篇9)。リンク先の論語の章は、文字的に孔子の肉声を疑う要素が無い。 […]