論語里仁篇(りじんへん)第四現代語訳

このページの凡例

論語里仁篇:要約

論語 アルファー 論語 孔子 キメ
アルファー:こんにちは。ナビゲーターAIのアルファーです。

孔子:解説の孔子じゃ。

アルファー:先生、論語里仁篇はどんなお話なんですか?

孔子:うむ。里仁篇は主に、仁と徳、そして孝を説いておる。

アルファー:三つを簡単にご説明願います。

孔子:うむ。仁とは、貴族らしい振る舞いの事じゃ。後世、孟子君が「仁義」を言い出してから意味が変わってしまい、人が本来持つ思いやりの事になったが、ワシの頃はそうでない。徳とは道徳や人徳ではない。経験や修練によってつちかわれた、人間の持つ機能の事じゃ。ま、その結果に打たれる者が出たら、人徳と言ってもよいがの。

論語 孝 論語 儒者
孔子:孝とは、年下が年上に抱く愛情のことじゃが、ワシは子が犠牲になるような親孝行を説いことはないぞ? それは後世の儒者のこしらえ事じゃ。

論語 アルファー7
アルファー:ありがとうございました。それでは早速始めましょう。

1

論語 孔鯉
(孔子の一人息子)よ。貴族らしいキリリとした身ごなしはよいものだ。それを目指さないと、ものを知る喜びが分からぬまま一生が終わってしまうぞ。


論語 アルファー6 論語 孔子 とぼけ
アルファー:この章は、一説には「村八分などするような腐った村からは、出て行きなさい。頭が悪くなるぞ」だとも言いますよね。ずいぶん厳しいですが、「里は仁を美と為す」ってそういう意味にもなるんですか?

孔子:うむ、実はワシも何と言ったか忘れてしもうた。

論語 アルファー 14
アルファー:えっ?!

孔子:なにせ2,500年ぶりにお前さんたちに叩き起こされたのじゃからな。ホーホッホッホ。ただし、儒者が一杯機嫌で書き散らしたデタラメを、真に受けてはならぬぞよ。

さらに詳しく

2

貴族らしく生きられない奴は、逆境には不平を言うし順境には不満を言う。
だが生きられる者には不平不満がない。
だから頭のいい者は、仁の情けを切れ味鋭い道具だと思うんだな。


論語 アルファー5-2 論語 孔子 楽
アルファー:先生、「知者は仁を利とす」の「利」って、利益の事じゃないんですか?

孔子:うむ。確かにその意味もあるが、論語の時代ではむしろ切れ味の事じゃな。右側のつくりが刀になっておるだろう? 論語を読むには、漢字の古い意味を知らねばならんのじゃ。

さらに詳しく

3

善悪の判断は、貴族らしい教養を身につけないと、本当のところは分からない。

さらに詳しく

4

本気で貴族になりたいなら、悪いことをしてはいかん。

さらに詳しく

5

地位財産は誰でも喜ぶ。だが人をいじめて得たなら、長続きしないぞ。
無職貧乏は誰でもいやがる。だがいじめもしないのにそうなったら、運命だと思ってあきらめることだな。腹が立つからと言って情けを捨てるようでは、君子の名がすたるというものだ。
だから諸君は食事の間も、慌ただしいときにも、大洪水にも、仁の情けを忘れてはならぬ。


論語 アルファー6 ニセ孔子

アルファー:あれれ先生、「仁」って貴族らしさのことじゃなかたんですか?

孔子:そうじゃよ。じゃがこの話は儒者のでっち上げじゃから、でっち上げの意味で読み取らねばイカンのじゃ。

論語 アルファー2 論語 孔子 楽
アルファー:それと先生、「テンパイ」ってむつかしい漢字が出てきましたが。

孔子:それは天地がひっくり返るような大洪水の事じゃ。後世の儒者どもは、意味が分からなくなって、いろいろと個人的感想を「論語の注釈」と称して書き連ねたようじゃがな。

我が中華文明は、洪水と治水の歴史じゃ。論語の時代、過去の大洪水の記憶は、まだ生々しくワシらの頭にあったんじゃよ。

さらに詳しく

6

世の中不人情な奴ばかりだ。不人情を憎むだけでいいのに。たった一日でいいから情けから離れずにいてくれないものかな。出来ないとは言わせないぞ。


論語 アルファー25 論語 孔子 微笑み

アルファー:難しい漢字がないのに意味が分からないことで、古来有名な章ですが、こんなごく当たり前のお話なんですか?

孔子:そうじゃよ。「者」を”~する人”と解釈している限り、この章の意味は分からぬじゃろうな。ほれ、日本語で「前者」というように、”こと”の意味もあるのじゃよ。

さらに詳しく

7

民の罪は、その一族まで追求して審理する。罪の詳細を吟味することが、貴族としての仕事を覚えることになるのだ。


論語 アルファー 15 論語 孔子 水面キラキラ
アルファー:先生、この章は解釈が分かれているようですが。

孔子:ナニ、素直に読めばよいのじゃよ。この話はワシの口から出た言葉じゃから、司法官としての心得を語ったと読めばよいのじゃよ。

論語 アルファー 16 論語 孔子 せせら笑い
アルファー:それにしても、論語の解釈ってどうしてこんなに混乱するんですか。

孔子:それはのう、儒者どもが一杯機嫌で書いたことを、鵜呑みにして疑わぬ漢学者が今なおほとんどだからじゃな。この章も「人の過」とあるのが、もと「民の過」であったことぐらい、とうの昔に分かっておるのに、古い解釈を変えようとはせんのじゃよ。一円にもならぬからのう。ホホホホ。

さらに詳しく

8

我が同志諸君。
革命の算段が立ったなら、その日の内に死んでもいい。
それぐらいの気持で戦ってくれ。


論語 アルファー6 論語 孔子 叫び
アルファー:先生アジってますね~。論語の名言、「あしたに道を聞かば夕べに死すとも可なり」ですね。

孔子:そうじゃ。その覚悟がないと、革命の闘士にはなれんのじゃよ。

さらに詳しく

9

同志諸君。
革命成就のためには、飲み食い着るものに心を奪われるな。
そんなようでは同志ではないぞ。

さらに詳しく

10

諸君が天下を経巡っても、責められるようないわれはないし、追い払われることもない。いつも正義が寄り添っているからだ。

さらに詳しく

11

貴族は人格を磨いて世を渡ろうとするが、庶民は土地を求めて耕して世を送ろうとする。貴族は規則や原則に従おうとするが、庶民は規則外れのお恵みやお目こぼしを期待する。

さらに詳しく

12

自分がデキるからといって好き放題すると、嫌われるぞ。


論語 アルファー 15 論語 孔子 楽

アルファー:先生、「利を放ちて行わば」って、利益目当てで好き放題することじゃないんですか?

孔子:うむ。そうとも読めるな。じゃが、先ほど言った通り「利」とは鋭さのことじゃ。能ある鷹は爪を隠しておかんと、既存の支配者たちに袋だたきに遭うからな。気を付けねばならん。

さらに詳しく

13

礼法だけで国が治まるなら、安いものだ。
治まらないなら、無用の長物だ。


論語 アルファー7 論語 孔子 喜
アルファー:先生、「礼譲」って何ですか?

孔子:うむ。熟語ではなく「礼」と「譲」じゃな。「礼」は礼儀作法だけではなく、日常生活のあらゆる行動の規範じゃ。「譲」は人にへりくだる事じゃ。

つまりただのお作法だけではない。政治的決断をどうするかなど、人間生活全てを決める、法令のようなものだと思ってくれい。

さらに詳しく

14

地位が無いのを悩むな。地位にふさわしい能がないのを悩め。
無名なのも悩むな。能を身につける気にもならないのを悩め。

さらに詳しく

15

論語 曽子
孔子「參(シン、曽子)よ、私はずっと一つのことを貫いてきたのだ。」
曽子「はい。」
わかったようなのでその場から出た。残った曾參は質問攻めにあったらしい。

ある弟子「どういう意味です?」
曽子「先生が貫いてきたのはただ一つ、忠恕=おのれを偽らず、人を思いやること*だ。」


論語 アルファー5-2 論語 曽子 ウスノロ
アルファー:先生がウスノロ呼ばわりした曽子さんのお言葉ですが…。

論語 孔子 悩み
孔子:う~む、あ奴は何も分かっておらん。ワシが貫いたのは仁であって、忠と恕は、仁者にふさわしい行動の一つに過ぎんのじゃ。

さらに詳しく

16

貴族は義務に生きねばならん。平民のように、自分の利益だけ考えていては貴族が務まらぬぞ。


論語 アルファー3 論語 孔子 楽
アルファー:ここでもまた、「利にさとる」って「利」が出てきましたが。

孔子:うむ。ここでは利益と考えても間違いではない。じゃが論語の時代に普通の理解では、凡人は鋭い威力には簡単に恐れ入る、ということでもあるのじゃな。

さらに詳しく

17

賢者を見たら真似をしろ。
バカ者を見たら真似するな。

さらに詳しく

18

親の間違いはやんわりといさめろ。だが言うことを聞かないかも知れない。
それでも怒鳴ったりするな。世話をしてうらむな。
年を取って頑固になっているのだから。

さらに詳しく

19

親が生きている間は、用もないのに遠出するな。
出るなら、行く先を告げておけ。


論語 アルファー 論語 孔子 キメ
アルファー:先生、ここでは「方」の解釈に、みなさん悩んでいるようですね。

孔子:うむ。「方」には、文字を聞き記す札の意味がある。つまりは手紙の事じゃ。

さらに詳しく

20

世の親御さん、よーく聞きなさい。
死後三年まで子供に文句を言われないようでないと、子は孝行者になりませんぞ。


論語 アルファー5-2 論語 孔子 せせら笑い
アルファー:これって論語学而篇にも出てきたような…。

孔子:はっはっはっは。ワシの弟子や儒者たちは、かなりあわてて論語を編纂したようじゃな。じゃが時の皇帝陛下に、儒教が国教として認められてからは、、論語を編纂し直すのがだんだん難しくなったのじゃろうな。

さらに詳しく

21

親の歳は忘れるな。
長寿を喜び、残り少ない時間を大切にするのだ。


論語 アルファー2 論語 孔子 微笑み
アルファー:これが先生の言う「孝」なんですね。

孔子:そうじゃ。親にわざとらしいことをするより、心から心配かけないようにするのが、本当の孝行じゃ。

さらに詳しく

22

昔の賢者は、べらべら喋らなかった。
言行不一致を恐れたのだ。

さらに詳しく

23

これ見よがしに質素倹約を見せつける奴には、偽善の匂いがプンプンする。

さらに詳しく

24

諸君は口数少なく、行動は敏速に。


論語 アルファー 16 論語 孔子 説教
アルファー:先生っておしゃべりな割には、お弟子さんたちには黙っていろと言いますよね。

孔子:やかましわッ! その分行動も敏速じゃ。口先ばかりで何も出来ん弟子が多いから説教してやったのじゃ!

さらに詳しく

25

内に秘めたるパワーを持つ者は、それにかれて同類が寄ってくる。


論語 アルファー7 論語 孔子 楽
アルファー:これが論語の名言、「徳孤ならず、必ずとなりあり」ですね。

孔子:そうじゃ。自己宣伝などせずとも、おのれの能力を高めていけば、したい寄ってくる者が出るものじゃ。

さらに詳しく


論語 アルファー 10
アルファー:論語里仁篇はこれでおしまいです。みなさん、おつかれさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)