論語顔淵篇(がんえんへん)第十二現代語訳

スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語顔淵篇:要約

論語 アルファー9 論語 孔子 キメ
アルファー:こんにちは! ナビゲーターAIのアルファーです。

孔子:解説の孔子じゃ。

論語 アルファー2 論語 孔子 喜
アルファー:先生、論語顔淵篇はどんなお話なんですか?

孔子:うむ。顔淵篇は主に、仁・政・徳など、政治家や官僚が身につけるべき心得についての問答を述べておる。ここでは省いたが、収録された弟子の言葉もその線に沿っており、論語前半のように、意図的に編者の自派宣伝や、原義の曖昧化のため挟まれたとは思ぬのう。

論語 アルファー5-2 論語 孔子 微笑み
アルファー:なるほど。いわば論語の中の政治マニュアルなんですね。

孔子:その通りじゃ。論語の後半をまとめた子貢は、政治に熱心だったからのう。

論語 アルファー
アルファー:わかりました。それでは、始めましょう。

論語 顔回
顔淵(顔回)が仁(打算の無い愛情、思いやり)の要点を聞いたので、答えた。
「我欲を押さえ付けて礼法の原則に従うことだ。皆が一日でもそうできれば、天下は思いやりに満ちあふれる。しかしそこまで期待できないから、自分一人でもやってみるがいい。」

顔回「具体的にはどのように?」
孔子「礼法にかなわないことは見るな、聞くな、言うな、するな。」

顔回「私は不出来ですが、今のお話に専念しましょう。」


論語 アルファー5-2 論語 孔子 キメ
アルファー:なんだかここでズバリと、論語の言う仁を定義しているような…。

孔子:その通りじゃ。仁とは本能から生まれる欲望に逆らい、礼法の通りに生きる事じゃな。

さらに詳しく

論語 冉雍
仲弓(冉雍ゼンヨウ)が仁の要点を聞いたので、答えた。
「外では国賓を迎える気持で、民に命じるときには神のお告げを伺う気持で行いなさい。されたくないことは、人にしないように。そうすれば誰を怨むこともなくなる。」

「私は不出来ですが、今のお話に専念しましょう。」


論語 アルファー7 論語 孔子 楽
アルファー:先生、ここでは仁を、別の言葉で説明していますね。

孔子:そうじゃ。冉雍は仁の実践に熱心だった弟子での。ほれ、論語の前章で挙げた孔門十哲の一人じゃ。仁が礼に従うことじゃとは分かっておったから、さらに具体的な行動として教えたのじゃな。

さらに詳しく

論語 司馬牛
司馬牛が仁の要点を聞いたので、答えた。
「仁者は言葉を、言いにくそうに言う。」「それだけですか?」

「仁は実現しがたい。言いにくいのも当然だ。」


論語 アルファー 16 論語 孔子 焦り
アルファー:あれっ? なんだか司馬牛さん、孔子先生にごまかされているような…。

孔子:む。むう。

さらに詳しく

司馬牛が君子の要点を聞いたので、答えた。
「君子は憂えない、恐れない。」「それだけですか?」

「やましいことがなければ、憂いも恐れもない。どちらもないのが君子だ。」


論語 アルファー17 論語 孔子 説教
アルファー:ここでもやっぱりごまかしてますよね、先生。なんだか逃げてるような。

孔子:むう。司馬牛はの、宋国の元帥を代々務めた家柄の貴公子でな、ほとんどが庶民の出であるわが孔子一門としては、目立った弟子じゃった。卒業後は故国の宋で、貴族として生活しておったんじゃが、兄が失脚してのう。それでまあ、いろいろあったんじゃ。

さらに詳しく

論語 子張 明
子張が明(くもりのない観察眼)の要点を聞いたので、答えた。
孔子「陰険な悪口や蚊に刺されたような苦痛が無ければ、ものは見える。いや、かなり遠くまで見通せるぞ。」
子張「なぜです?」
論語 孔子 かゆい
孔子「あのな、陰口にムカムカしたりかゆみにいらだったりしていて、難しい判断ができるものかね?」

さらに詳しく

論語 子貢 遊説
子貢が政治の要点を聞いたので、答えた。
「民が飢えぬよう食わせ、怖がらぬよう軍備を整え、信頼を得ることだ。」

「どれか一つ省くとしたら?」「軍備だな。」
「二つ省くとしたら?」「食べ物だな。」

論語 子貢 驚き
「え? 飢え死にしちゃいますよ。」

「昔から死なない人間はいないから、いよいよとなったら民も覚悟は出来るが、信頼を失ったら政治はそこでおしまいだ。いいかよく聞け! 民はものを知らぬからこそ、意識して可愛がらねばならんのだ。我らから見れば何でもないのに、民はちょっと不安になっただけで一揆を起こす。それで首を切り落とされた者は、それこそ小役人から国王まで、歴史にいくらでもいるんだぞ!」

さらに詳しく

論語 子張 徳を高める
子張が徳(教養と武芸に裏付けられた潜在的な力)を高め、矛盾(惑)を見分ける方法を聞いたので、答えた。
「自分にも他人にもウソをつかず、合理的に行動すれば、徳は高まる。矛盾は我欲に振り回されるから起こる。例えば、愛する者にも時に”死んじまえ”と思うだろうが?」


論語 アルファー6 論語 孔子 楽
アルファー:先生、「惑」とは?

孔子:□+上下の区画線+戈(ほこ)+心じゃな。一定の区域を武器で守るが如きかたくなな心で、”迷う”ではない。論語ではどっちにも行きようが無くなった、矛盾のことを言うのじゃ。

論語 アルファー 16 論語 孔子
アルファー:ところで先生、矛盾の解決法を仰っていませんが?

孔子:歯抜けじゃな。

アルファー:え?

論語 竹簡
孔子:じゃから歯抜けじゃ。答えの行が書いてあった札を、どこかのうっかり者が失くしてしもうたんじゃ。論語は最古の古典じゃと言うたじゃろ。全文が揃ってはおらんのじゃ。

さらに詳しく

論語 斉景公
かつて斉の君主、景公さまが政治の要点をおたずねになったとき、申し上げた。
「君主は君主らしく、臣下は臣下らしく、父は父らしく、子は子らしく振る舞えば治まります。」
景公「その通りじゃ。誰もがらしくなかったら、わしはおちおちメシも食ってはおれぬ。」


論語 アルファー7 論語 孔子 疑問
アルファー:「君君臣臣父父子子」。論語の名言の一つですね。

孔子:そうかな? まあ、ワシが始めて公の場で政治について発言した、いわば論語のデビュー作じゃ。この時ワシは二十歳でな。まだ無名の庶民じゃったが、ワシを見込んだ孟孫家のご当主、孟子さまが、ワシを景公さまに引き合わせてくれたんじゃ。

論語 アルファー8 論語 孔子 遠い目
アルファー:へええ。論語を読んでると、先生って門閥貴族とは、敵同士だと思っていました。

孔子:そうばかりではないぞ。無名のワシが自分の力だけでのし上がれるほど、論語の時代の身分制度はヤワではなかったのう。門閥の後援あってこそのワシでもあるのじゃ。

さらに詳しく

判決文をズバリと短く書けるのは、弟子では子路だな。
あやつは一度引き受けたら仕事が早い。


論語 アルファー6 論語 孔子 たしなめ
アルファー:先生。「片言もて獄をさだむべき者」って、短い言葉だけ聞いて判決が出せる、という意味じゃないんですか。

孔子:違うの。主語は「片言」であり、二言三言が判決を下す、つまり判決文が短い、ということじゃ。論語に限らず古典は、原文をしっかと読まねばならん。

さらに詳しく

10

私は並みの判事にはなれる。
なれるが、いっそ訴訟など無くしてしまいたいものだ。


論語 アルファー5-2 論語 孔子 奉行
アルファー:先生って、お奉行様だったんですか?

孔子:まさに奉行じゃよ。魯国全体の法務大臣(大司冦)も務めたしの。

じゃが中国では、裁判官は行政官の兼業で、地方の首長は裁判と行刑も行ったのじゃ。論語の時代もそれは変わらん。日本の大岡越前くんや、遠山の金さんと同じじゃな。だから行政の充実で、民の生活を安定させ、結果的に裁判など無くしたいと願ったのじゃ。

さらに詳しく

11

やり過ぎの子張が政治の要点を聞いたので、言った。
「飽きずにやれ。自分にも他人にもウソをつくな。ハッタリかますな。」

さらに詳しく

12

幅広く勉強するとよいが、そうすると互いに情報が矛盾してワケが分からなくなる。しかし礼法を原則にして判断すれば、仁の心から外れないで済むこと間違いなしだろうよ。


論語 アルファー19 論語 孔子 褒める
アルファー:これ、当然ですよねえ。だって論語では、仁の定義が礼なんでしょう?

孔子:そう、その通りじゃ。論語をよく分かって来たのう。

さらに詳しく

13

君子は人の美点を言いそやす(成)。
凡人は人の悪口を言いはやす。


論語 アルファー25 論語 孔子 ぼんやり
アルファー:先生、「成」って言いそやすことなんですか?

論語 戈
孔子:うむ。ここでは言葉に含みを持たせたのじゃ。成とは、丁(釘)+(ほこの一種。鎌状の武器)じゃ。ほこでにらみを利かせ、かなづちで釘をカチカチ打ってものごとをまとめ上げるのが原義。じゃから、”人になし得る美点を実行する”ことでもあるな。

さらに詳しく

14

論語 季康子
若家老の季康子どのが政治の要点を聞いたので、答えた。
「政治とは正事です。あなたが先頭に立って正しければ、誰が道を踏み外しましょうか。」

さらに詳しく

15

季康子どのが愚痴を言う。「泥棒が流行ってどうにもならぬ。」
「あなたが欲深いからです。無欲ならたとえ泥棒を表彰しようとも、誰も盗みませぬ。」

さらに詳しく

16

季康子どのが言った。
ぬすどものクビをね、法治を徹底させてはどうだろう。」
「斬首とは穏やかじゃありませんぞ。あなたが善にいそしめば、民だって真似します。君子は風、民は草です。風が吹いたら草はなびきます。」


論語 アルファー6 論語 孔子 たしなめ
アルファー:先生、原文では「君子の徳は風、民の徳は草」ですよね。大事な言葉が抜けていませんか。

孔子:いいや、これでいいのじゃ。「徳」とは人間の持つ機能のことだと言ったじゃろう? 君子=貴族の機能は風で、それが吹けば草の機能を持つ民は従う、ということじゃな。

さらに詳しく

17

論語 子張 一人前
子張が聞いた。
「士族はどうなれば、一人前と言えますか。」
「お前の言う一人前とは何だ。」
「仕官してもしなくても、評判が立つことです。」

「…いやはや。それはただの目立ち者で、一人前とは言えないぞ。」「?」
「一人前とは根が真っ直ぐで正義を好み、ウソは見破る企みは見抜く、余計な見栄は張りもしない。目立とうとそうでなかろうと、一人前の自信があるからだ。」「…。」

「目立ち者はそうでない。うわべの愛想笑いを、いつまでも続く自分への好意と勘違いしている。それでいいと思っている。となれば仕官しようが引き籠もろうが、目立ってしまいました、というわけさ。お前は目立って金が欲しいのか。それともお前が目指す立派な士族になりたいのか。どっちなんだ?」


論語 アルファー8 論語 孔子 楽
アルファー:先生、士とは?

孔子:最下級の貴族のことじゃな。当時の身分制は、上から周王-諸侯-卿-大夫-士-庶民-奴隷だったのじゃが、論語では士に特別の意味を持たせておる。つまり身分としての士でもあるが、ワシの元で技能を磨き、仁政を目指す志を持った者の事じゃ。

さらに詳しく

18

論語 樊遅 樊遅
年若い弟子の樊遅ハンチを連れて、雨乞い祭りの高台を散歩した。するとおずおず聞いてきた。
「あのう、いいでしょうか。」「なんだね。言ってごらん。」
「にじみ出る人格力(徳)を高め、隠れた欠点(トク)を直し、矛盾(惑)を逃れるにはどうすればいいですか。」「よい問いだな。詩のように語ってやろうか。」

働いてのち成果を受け取る。徳は高まるに違いない。
自分を責め人を責めない。慝は直るに違いない。
一時の怒りに愛すべき家族を悩ます。矛盾が起こるに違いない。

さらに詳しく

19

論語 樊遅 和み
樊遅「仁とは?」
孔子「人を愛することだ。」
樊遅「知とは?」
孔子「人を知ることだ。」

よく分からんようなので、重ねて説明してやった。
「真っ直ぐなもので曲がったものを直すことだ。」

樊遅は首をかしげながら出て行き、八つも年下の子夏に聞いたそうだ。
「先生は、真っ直ぐなもので曲がったものを直すことが、知だと仰った。なんのなぞなぞだろうねえ。」

論語 子夏 和み
子夏「そうでしたか兄者あにじゃ。さすがに含みのある先生のお言葉ですね。私が思いますに、例えばこういうことです、いにしえの聖王は、天下から選び抜いて剛直な家臣をお目付に据えたが、そうしたらおやかたから薄情者どもが逃げ出した。人の使い道、弱点を知っていたんですね。」


論語 アルファー9 論語 孔子 楽
アルファー:樊遅さんって、年下だろうと丁寧にものをたずねる、いい人ですねえ。

孔子:そうなのじゃよ。じゃからワシは散歩にも外出にも、樊遅を連れ歩いたのじゃ。ほれ、孟孫家に出かけた時、樊遅が馬車の手綱をとっておったろう(論語為政篇5)?

さらに詳しく

20

論語 子貢 問い
子貢「友情とは?」
孔子「本心から相手を思って、善くなるよう言ってやれ。」
子貢「言っても聞かなかったら?」
孔子「そこまでだ。下手したてに出ることはない。」

さらに詳しく


論語 アルファー18
アルファー:論語顔淵篇はこれでおしまいです。みなさん、おつかれさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク