論語071里仁篇第四(5)富と貴きとは

論語里仁篇(5)要約:富も地位も時の運。だからその結果にくよくよしては何にもならない。努力はしなければいけないけれど、悪の道に手を染めては、富も地位も長続きはしないよと孔子先生は言います。それは逆境の耐え方も同じでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「富與貴、是人之所欲也、不以其道、得之不處也。貧與賤、是人之所惡也。不以其道、得之不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是。」

書き下し

いはく、とみたふときとは、ひとほつするところなりみちもつてせざれば、これるともらざるなりまづしきいやしきとは、ひとにくところなりみちもつてせざれば、これるともらざるなり君子くんしじんりて、いづくさむ。君子くんし終食しうしよくあひだじんたがし、造次あわたたしきもかならここおいてし、顚沛でみづかならここおいてせよ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
財産と地位は、人が欲しがるものである。筋の通った方法でないなら、もし手に入れても長くは続かない。貧困と低身分は、人が嫌がるものである。筋の通った方法でないなら、もし陥っても抜け出せない。諸君は仁の情けを捨てて、どこで名声を得ようというのか。諸君は食事の間だろうと、仁を忘れないで欲しい。日頃慌ただしい時も、大洪水の際にも、必ず仁を忘れないで欲しい。

意訳

論語 孔子 キメ
人情を踏みつけたやり方では、財産も地位も長続きしないし、貧困無職からも抜け出せない。諸君は人でなしになっては困る。普段だろうと大災害だろうと、ひたすら無差別の愛を保つのだ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「人は誰しも富裕になりたいし、また尊貴にもなりたい。しかし、正道をふんでそれを得るのでなければ、そうした境遇を享受すべきではない。人は誰しも貧困にはなりたくないし、また卑賎にもなりたくはない。しかし、道を誤ってそうなったのでなければ、無理にそれを脱れようとあせる必要はない。君子が仁を忘れて、どうして君子の名に値しよう。君子は、箸のあげおろしの間にも仁にそむかないように心掛くべきだ。いや、それどころか、あわを食ったり、けつまずいたりする瞬間も、心は仁にしがみついていなければならないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 道 金文 論語 レシピ
(金文)

論語の本章では”方法”。論語ではほぼ全て、道徳的な意味はない。ここでは”正しい方法”→”人情に従った方法”。なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

不以其道得之

論語 得 金文 論語 得
「得」(金文)

論語の本章では、”正当な方法で得たのでないなら”。

加地本では”正当な方法を用いなかった結果であるならば”と解し、”人の道に外れて貧賤を得た、だから甘受すべき”と解釈する。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語では”常時無差別のなさけ・あわれみ”。原義は敷物を敷いてあげること。詳細は論語における「仁」を参照。

終食之閒(間)

論語 終 金文 論語 食 金文
「終食」(金文)

論語の本章では”食事を終える間”。普段の何気ない生活の中でも、の意を含んでいる。

造次

論語 造 金文 論語 次 金文
(金文)

論語の本章では、”あわただしい”。次=しゃがんで身の回りをそそくさと片付けること+造=行う。従来の論語本では、吉川本で”突然の事が起こった際”と解するが、儒者の受け売りで信用できない。

『学研漢和大字典』では次のように言う。

  1. そそくさとしてあわただしい。また、そのような場合。〔論語・里仁〕
  2. とっさの間。とりあえず。「門有長者来、造次請先出=門に長者の来たる有れば、造次に請ひて先づ出へんとす」〔李商隠・驕児詩〕

顚沛(テンハイ)

論語 顚 金文大篆 論語 沛 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”突然の大洪水”。顚=脳天(がひっくり返ること)、沛=一面の沼地・洪水。つまり天地がひっくり返るような大洪水。顚に山が付けば巓=山頂、または山頂の平地。従来の論語本では、吉川本で”急に躓いて倒れる”と解するが、これも儒者の受け売り。

宮崎本は”真逆の時”と解するが、これは語義にかなっているから傾聴に値する。宇野本は”事変に遭遇してさまよい歩くこと”と解するが、これも語義から遠く離れた儒者の受け売り。

『学研漢和大字典』では次のように言う。

  1. さかさまにたおれる。ひっくりかえる。
  2. つまずきうろたえる。
  3. とっさのとき。また、危難がせまっているとき。「造次顚沛」「君子無終食之間違仁、造次必於是、顚沛必於是=君子は食を終ふる間も仁に違(たが)ふこと無し、造次にも必ずここにおいてし、顚沛にも必ずここにおいてす」〔論語・里仁〕

論語:解説・付記

仁とは孔子が社会の底辺からのし上がってくる過程で、あこがれるようにして脳内で創造した理想的人間像。孔子の政治論では、我欲のない公平な仁者が為政者となることで、論語時代の乱世を鎮めようとした。一方孔子塾の弟子たちは、仕官して身分と財産を得たい者たち。
論語 羊 狼

いずれ仕官していくだろう弟子たちを仁者に仕立て上げて既存の支配層に送り込めば、天下太平が実現できると孔子は考えた。従って弟子たちには仁を身につけるよう繰り返し説諭したが、実際にそれをやってのけたのは全く仕官しなかった顔回ただ一人だった。
論語 顔回

しかも孔子が顔回に仕官を勧めた記述は、論語の中にただ一つも記されていない。中学生が理想の異性を脳内でいやが上にも高まりながら作り上げて、ある日その等身大フィギュアが現れて、しかも飲み食いししゃべったようなものだったろう。手放したがらないのも当然である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)