論語067里仁篇第四(1)里は仁なるをよしと為す

論語里仁篇(1)要約:論語で最高道徳とされる、仁。思いやりを誰にでも常に持ち続けることでした。しかし大変厳しい道で、つい人に冷たくなってしまう。そのためには環境作りから、人情のない土地には住むなと孔子先生は言うのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「里仁爲美。擇不處仁、焉得知。」

書き下し

いはく、さとじんなるをしとす。えらんでじんなるにらずんば、いづくんぞむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「住む場所は人情のある土地を上等とする。選んで人情のある土地に住まないようでは、どうして知的でいられるだろうか。」

意訳

論語 孔子 熱
村八分などするような腐った村からは出て行きなさい。頭が悪くなるぞ。

や、仁は美り。(以下同)」

論語 孔子 論語 孔鯉
鯉*よ。仁とはよいものだ。好んで仁の境地にいなければ、知者とは言えない。

*孔子の一人息子。

従来訳

 先師がいわれた。――
「隣保生活には何よりも親切心が第一である。親切気のないところに居所をえらぶのは、賢明だとはいえない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 里 金文 論語 里
(金文)

論語の本章では、”住むさと”。

『大漢和辞典』の第一義は”さと”。以下”まち・やしき・みせ・となり…”と続く。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「田(四角く区切りをつけた井田)+土」。区切りの筋を入れて整理された畑や居住地のこと。俚(いなか)は、その派生語。理(玉(ギョク)のすじめ)・吏(雑事や民政をすじみちたてて処理する役人)と同系のことば、という。

しかし従来の論語本で必ず言及される、当時の行政法で「五家を隣、五隣を里」というと解するのは支持しない。本当にそうだったか分からないし、そう解釈しなければ分からない句でもないからである。

なお意訳乙に示したように、「里」は「鯉」の誤りである可能性がある。鯉とは孔子の一人息子・孔鯉のことで、『孔子家語』によると、何かと頓狂なところのある魯の昭公が、息子の誕生を祝って、当時まだ無名だった孔子にコイを贈ったという。

論語 鯉 論語 孔鯉
それを記念して、孔子は息子を名付けたという。漢方的にコイは、お乳の出がよくなる妙薬とされるから、誕生祝いにコイというのは合点がいく。ただし論語の時代、漢方は現在伝わるほど発達していないが、経験則的に血の気を補う食材として、知られていてもおかしくない。

なお「里」を「鯉」とした場合の読み下しは、「鯉や、仁もて美と為せ」となる。訳者としては、昭公の頓狂に頼らずとも、何かと生活が苦しい下級役人には、当時「奥さん出産おめでとう手当」として、コイの支給があったと思いたいが、そこまでは、はて。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語の中で最高の人徳と言われるが、全体を通読するとそれほど大層な事柄でもないように思える。”人情・憐れみ・情け”程度のことと考えていいが、常時無差別にそれを行えと孔子が言うから大変なことになった。

『字通』による原義は敷物を敷いてあげること。詳細は論語における「仁」を参照。

論語:解説・付記

論語里仁篇の前半には、仁を語った話が多い。その冒頭で仁との関わりを本章で説くのは奇異に感じないが、「村八村から出て行け」というのは、やや頓狂な感じがする。孔子が歩けるようになって以降、巫女だった母親の巡業について回った際に、ひどい目に遭ったのだろうか。

この想像には可能性はあるが、訳者としてはむしろ意訳乙の解釈を取りたい。論語では音が同じか似通っていれば、漢字を別の意味に転用した例が多数あり、鯉=里は十分あり得るからだ。ただし人名、それも開祖の息子のを略して書くとは思えないので、難は残る。

あるいは論語が伝わる間に、写本で書き間違えた可能性の方が高い。それとも孔鯉の名前が、もともと孔里だったのか。論語時代の衛国に孔カイという家老がいて、子路の死因の一つとなったなど一門との関係が深いが、それとの混同を避けるため、里を鯉と書いたかも知れない。

論語 魯昭公
昭公が孔鯉の誕生祝いにコイを贈ったという話は『孔子家語』に基づき、この本はその成立から言ってずいぶんと怪しい本でもあり、史実とうかつに断定できない。しかし『史記』にははっきりと孔子の息子を鯉と書いているから、あえて本当の名が里だとも断定できない。

いすれにせよ真相は薄暗い古代の闇の中で、誰にも知るよしはない。なお既存の論語本では、吉川本で荻生徂徠は”行動の原則を仁に置け”と言っているのであって、引っ越しの話とは解していないという。吉川博士は概して徂徠に批判的だが、この説には一理ある。
論語 吉川幸次郎 論語 荻生徂徠

なぜなら論語での「知」とは、「仁」の詳細なスペックである「礼」を知ることだから(論語における「知」)。また仁とは、人間の本能に逆らうことだった(論語顔淵篇1)。ならば仁を目指さないなら、本能に逆らってまで知である必要は無い。引っ越しの話ではなかろう。

論語での仁と礼と知は、不可分である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)