論語073里仁篇第四(7)人の過ちや

論語里仁篇(7)要約:仁を身につけるには、まず身近なところに目を付けなさい。孔子先生はそう言います。間違いをしでかしても、身内なら見逃してくれる。それがどんなに有り難い事か、身を以て知る事が仁の第一歩だというお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「人之過也、各於其黨。觀過、斯知仁矣。」

書き下し

いはく、ひとあやまちおのおのたうおよばん。あやまちしめさば、ここじんなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「人の過ちは、各自の親類縁者に迷惑をかける。過ちをしでかして、そこで人情を知る。」

意訳

論語 孔子 水面
間違いをしでかすと親類縁者に迷惑をかける。そこで許して貰って、やっと人情のありがたみが分かる。

人は群れの中にいると、普段は些細な違いに目をつぶる。しかしひとたびいさかいが起こると、そこで初めて誰が知者で誰が仁者かわかる。

従来訳

 先師がいわれた。――
「人がら次第で過失にも種類がある。だから、過失を見ただけでも、その人の仁不仁がわかるものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

黨(党)

論語の本章では、”煮炊きのかまどの火を共にするような仲間”。『大漢和辞典』の第一義は”むら・さと”。第二義が”ともがら”。

斯(シ)

論語 斯 金文 論語 ナタ 斯
(金文)

論語の本章では、”ここ(に)”。

『大漢和辞典』の第一義は”事物を指し示す代名詞”。伝統的解釈に従うなら、ここでも”ここ”と解するしかない。しかし「斯」を動詞の”切る・切り分ける”と解するなら、意訳乙に示したように、この章の意味は全く変わる。その場合の読み下しは、「知と仁は斯(き)れる矣(なり)」。

知仁矣。そこで初めて、誰が知者で、誰が仁者かわかる。

ただし論語で言う「知者」とは礼を知る者であり、礼とは仁のスペックを言うから、知者と仁者はきわめて近い。過ちを示すとその違いが鮮明になるのだろうか? あるいは、知っているだけで実践には至っていない者を知者と呼び、至った者を仁者と呼ぶのかも知れない。

論語における「知」

いすれにせよ、孔子が論語の時代に生きた人物の中で、仁者と評したのは顔回しかいないので、情報が少なく、知者と仁者の違いははっきりしない。

論語 斯 解字
なお『学研漢和大字典』によると「斯」は会意文字で、「其(=箕。穀物のごみなどをよりわける四角いあみかご)+斤(おの)」で、刃物で箕(ミ)をばらばらにさくことを示す。「爾雅」釈言篇に「斯とは離なり」とあり、また「広雅」釈詁篇に「斯とは裂なり」とある。

分析の析(細かくさく)・撕(シ)(引きさく)・澌(シ)(小さく分かれた流れ)などと同系のことば、という。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語では”常時無差別のなさけ・あわれみ”。原義は敷物を敷いてあげること。詳細は論語における「仁」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章、意訳乙の解釈は、仁を孔子の作ったフィギュアだと考えると分かりやすい。
論語 仁 フィギュア 単体

フィギュア造形師の仲間内で好ましからぬ事件が起きた。普段は作品の目つき体つきに関して、些細な違いを無かったことにして付き合っている造形師も、すわ事だ、となってケンカになり、しまいには互いのフィギュアをけなすに至る。それでも仲違いしなかったら同好の士。

そう記したわけは、中国人にとっての分類分別とは何かが関わっている。

論語を読むに当たって気を付けなければならないのは、まず中国人というのがきわめて実利主義の人たちであって、ドイツ思想のような空理空論をもてあそぶ癖がないことにある。その代わり論理的思考は極めていい加減であり、とりわけ物事の分類を苦手とする。

論語 馬 漢字
そのくせ分類好きで、試しに厚めの漢和辞典を開いてみるといい。「うま」と読む字が一体いくつあるか。中国語は原則として漢字が異なれば意味が違うから、それぞれの「うま」は別物を意味しているが、ではその分類を数式やプログラムの宣言としてやってみようとすると。

必ず失敗する。中国思想を専攻する若者が挫折する原因はおおかたこれであり、中国人は違う名前を付けておきながら、実際の生活では「似たような者はどれも同じ」と考える。だからこそニセモノが悪いという発想がない。利益さえあれば円い鍵穴に平気で角材を押し込むのだ。

このおかしさに孔子が気付いて「名を正す」(論語子路篇3)と言ったのだが、付き合いの古い子路ですら、その意味が分からない。同様に各自の好みは違っても、つるむことで利があるならいくらでもつるむ。しかし一旦いさかいが起これば、というのが意訳乙の意味。

なお既存の論語本では、吉川本にこうある。

論語 吉川幸次郎
「朱子の新注によって読みたい。…朱子の注が具体的に説くのによれば、君子は人情に厚いためにあやまちをおかし、小人は人情に薄いためにあやまちをおかす。君子は愛のためにあやまちをおかし、小人は残忍のためにあやまちをおかす。だからその人の過失の種類を見れば、その道徳の程度なり方向がわかる。…斯の字は、則の字の意味に読むべきである。」

論語 朱子 新注
朱子の言う君子・小人とは、自分の教義に従う者とそうでない者を言うから、ずいぶんとすごい解釈だ。しかし吉川本には続けてもっとすごいことが書いてある。

「後漢書の呉祐伝でも、父の着物を買うために余分な税を取り立てた役人のことを弁護して、それは孝心から出たあやまち、いわゆる過ちを観れば斯ち仁を知るものである、といっている。」

史料を確認してみよう。

呉祐ゴユウという情け深い知事がいた。民や下級役人はよく懐いた。〕下級役人の孫性が、勝手に民の銭を巻き上げ、市場で売っていた上着を奪ってその父に差し出した。父はそれを手にすると、怒って言った。

「ありがたい知事様がいるというのに、どうしてだませようか。」息子を促がして自首させた。孫性は恥ずかしいやら恐ろしいやらで、その上着を持って役所に出向き、自首した。知事の呉祐が人払いしてから理由を問うと、孫性は父の言葉をありのままに伝えた。

呉祐「お前は父のために、汚名を着たのだな。論語にある、『過ちを観て斯に人を知る矣』とはこのことだ。」孫性を罰さず帰らせて、その父親に感謝の言葉を伝えさせ、くだんの上着はそのまま持たせてやった。(『後漢書』吳延史盧趙列傳

これが後漢時代の「善政」。銭や上着を奪い取られた庶民はどうなるのだろう?

孝行という、帝政中国での最高道徳も、知事の自己宣伝や行政の言い逃れのためなら、こんな解釈がまかり通る。後漢社会の偽善性が、どこまでも染み込んでいることが分かるだろう。

論語 光武帝劉秀
後漢は開祖の光武帝が、とびきりの偽善者でオカルト信者だったから、下これにならうでこうなった。そして行政はがたがたになり、政府は派閥抗争の場と化し、そして滅亡に至った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)