論語詳解448陽貨篇第十七(14)道に聞きて

論語陽貨篇(14)要約:受け売りはいかん。人間がダメになる、と孔子先生。知は単なる情報ではなく、自分で解釈出来て初めて力を持つ。それが徳を身につける法で、徳は自分のものだからこそ、受け売りで捨てることがありうるのです。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「道聽而塗說、德之棄*也。」

校訂

武内本:唐石経棄を弁に作る。

書き下し

いはく、みちみちくは、とくつるなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「道の途中で聞いたことを、道の途中で説教するのは、人格を捨てることである。」

意訳

論語 孔子 熱
受け売りをすぐさま得意がって話すんじゃない。人間が卑しくなるぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「途中でよいことをきいて、早速それを途中で人にいつて聞かせる。それでは徳を棄てるようなものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 道 金文 論語 道
(金文)

論語の本章では”道を行く途上で”。「聴」との組み合わせで、道ばたで不意に小耳に挟む意味を含む。

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”直接聞く”。論語の時代、間接的に聞く「聞」と使い分けされていた。詳細は論語語釈「聴」を参照。

論語 塗 古文 論語 塗
(古文)

論語の本章では”道ばたで行きずりに”。『学研漢和大字典』による原義は、壁を塗ったように平らな土の道。

說(説)

論語 終 説文解字体 論語 説
(古文)

論語の本章では”説教する”。『学研漢和大字典』による原義は、不明でもやもやしたことを言葉で説き明かすこと。

德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語の本章では”人格”。論語では、知識や経験に裏打ちされた人格力を言う。道徳や人徳とは関係が無い。

德(徳)之棄

論語の本章では、”自分の人格を捨てること”。目的語O+之+動詞Vで、”OをVすること”という名詞句を形成する。之構造と呼ばれる構文の一種。この構造には以下のような種類がある。

1.修飾語+之+被修飾語:修飾構造を明示する。修飾語が比喩的表現の場合、之を挿入して文意を明らかにする場合が多い。

(原文)道千乘國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。(論語学而篇5)
(書き下し)千乗国をおさめるは、事をつつしみてまことあり、用をみて人を愛し、民を使うに時を以てす。
(現代語訳)戦車千乗国を治めるには、政治を慎重に行って信頼を得、費用を節約して人を愛し、民を動員するときには時を選ぶ。

2.主部+之+述部:之構造全体で文の主語や目的語を担う。しばしば従属節(複文で主語を修飾する節。「風が吹くと桶屋が儲かる」の「風が吹くと」の部分)に用いられる。

(原文)詩云、「如切如磋、如琢如磨。」其斯謂與。(論語学而篇15)
(書き下し)詩に云わく、「切るが如くるが如く、けずるが如く磨くが如くとは、其れ斯謂いか。
(現代語訳)詩に言う、「切るようにこするように、削るように磨くように」というのは、これを言ったですか。

3.主部+之+前置詞+目的語:2.と意味は同じ。

(原文)吾於人也、誰毀誰譽。(論語衛霊公篇25)
(書き下し)吾人に於けるや、誰をか毀り誰をか譽めん。
(現代語訳)私他人については、誰を非難し誰を誉めようか。

論語 棄 金文 論語 棄
(金文)

論語の本章では”捨てる”。PCやスマホ等でテキスト表示できるのは11画の現行漢字で、上部「トツ」がなべぶたと同じ形になっている。正字体との違いは以下の通り。
論語 𠫓 トツ論語 𠫓 トツ
(現行漢字・正字体)

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「子の逆形→生まれたばかりの赤子+ごみとり+両手」。赤子をごみとりにのせてすてるさまをあらわす。類義語の捨は、もつ手を放してすておくこと。

論語 棄 甲骨文
(甲骨文)

『字通』による原義も同様で、ただし逆子を忌んで捨てることとし、『説文解字』が典拠という。また厄年の母親が生んだ子を一度捨てる風習があったことを記している。

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

論語の本章では、”~である”を表す断定の文末助詞。『学研漢和大字典』による原義は、サソリの姿。

論語:解説・付記

論語の本章について、従来訳では面白い注を付けている。

論語 下村湖人
原文の「道聴塗説ドウチョウトセツ」は熟語として通用している。孔子は、実践も出来ないくせに、論語の現代語訳などやるのは徳を棄てるのも甚しいものだと、叱つているわけである。

熟練の物書きである下村氏一流の諧謔カイギャク(おかしみ)だろうが、孔子も同様に熟練の話し手らしく、論語の本章に技巧を凝らしている。その一つが「道」と「塗」の使い分けで、「道」が呪術的に清められた交通路を指すのに対して、「塗」は単によくならされた土の道でしかない。
論語陽貨篇 道

「ナントカドウ」に今でもなにがしか重々しい雰囲気がただよっているように、何かよきことを直に耳にするなら、「路」でも「塗」でもない「道」がふさわしい。対して行きがけの駄賃でもあるかのように、受け売りをべらべらしゃべるのは「塗」がふさわしい。

つくづく、漢字とは表音文字でも表意文字でもない、表語文字であることを思い知らされる。時代が下るに従って、似て非なる漢字の用法は混乱してしまったが、論語の時代ではまだ、似たような意味でもわずかな意味の違いは、慎重に区別されて用いられた。孔子ならなおさら。

人文的教養を誇る孔子だからこそ、数ある語彙の中から最も適したことばを選びたかったのだ。それは聞く相手によってはイヤミに聞こえるが、語彙力があること自体は非難されるべきではない。「人を見て法を説け」は孔子も十分知っていただろう。だからこう言ったのだ。

意味なく言葉をひねくるな。(論語衛霊公篇41)

市井のおじさんおばさんに、孔子が本章のようなことを言ったとは思えない。教養が無くとも人格者はあり得て、そういう人にもったいぶった言葉を使って後悔した経験は、訳者にもある。ただ教養を同じくするか自分以上の人ならば、存分に語彙を使ってかまわないだろう。

また論語の本章について、「徳を棄てる」とは道徳を破る事ではなく、自分の人格を傷付けることだと注意されたい。「徳」が本質的に自分のものであるからこそ、「こぼつ」「そこなう」ではなく「棄つ」と孔子は言ったのだ。押し付けられる他人の道徳は、捨てることが出来ない。

受け売りをすぐさま話すのが徳を捨てることになるように、背伸びして難解な言葉を使うのもまた、徳を捨てることになるだろう。自信の無さ=徳の無さの表れだからだ。知力によって自分と相手の立場を即座に見切り、最も悪感情の起こり難い言葉を選ぶべきなのだ。

孔子の言う知が、教説の中心である仁と分かちがたく結びついているのはここからも分かる。最終目標は仁であり、思いやりの実践にある。聞きかじりを振り回して、得意がるのは決して知でもなく仁でもない。仁と並んで孔子が徳をよく語るのは、そうした背景のもとにある。

論語の本章の史実性について、武内義雄『論語之研究』では異論を挟んでいない。ただ武内本『論語』では、中国の論語版本の土台となった唐石経では、「棄」を「弁」と書いているという。弁とは”分ける”・”かぶせる”ことだから、道徳に覆いをかぶせると解したのだろうか。

ただこんにちの中国の版本では、日本と同じ「棄」と書いている。中国という国は物持ちの悪い国で、論語だろうと『史記』だろうと平気で焼き捨てられて滅びてしまう。論語古注の一つ、皇侃オウガンによる『論語義疏』が日本に残っていると聞き、清朝の儒者は大喜びしたという。

石碑を刻んだ唐の時代、論語は科挙=高級官僚試験の科目にはなっていなかった。五経(『詩経』や『書経』等)が科目になっていた。だから公認の論語の版本や解釈も無かった。しかしそれでも太学=国立大学の門前に論語を刻んだのは、それなりに敬意が払われたからだ。

ただし五経よりは、ぞんざいな扱いが許されたのだろう。後漢の時代に論語が確立したとき、「棄」だったか「弁」だったかはすでに分からない。しかし孔子の教説を考えるとき、おそらく「弁」は「棄」の書き誤りだろう。棄の異体字に弃があり、弁の字にそっくりだからだ。

また現行の論語には、「棄」は本章のほか四ヶ章で使われているが、「弁」は全く用いられていない。弁の字が儒教経典に現れるのは、古い歌集である『詩経』や、成立年代に疑問のある『書経』を除くと、孔子からほぼ200年後の『孟子』からになる。

(原文)崔子弒齊君,陳文子有馬十乘,而違之。(論語公冶長篇18)
(書き下し)サイ子斉の君をしいして、陳文子馬十乗有れども、てて之をる。
(現代語訳)崔抒サイチョが主君の斉公を殺したとき、陳文子は馬を二十頭も飼っていたのに、それを捨てて国を出た。
(原文)雖之夷狄,不可也。(論語子路篇19)
(書き下し)夷狄イテキくといえども、つべからざる也。
(現代語訳)蛮族の国に行っても、見放されることはありえない。
(原文)以不教民戰,是謂之。(論語子路篇30)
(書き下し)教えざる民を以て戦う、これをつると謂う。
(現代語訳)教育もしない民を徴兵して戦う、それは民を棄てることだ。
(原文)故舊無大故,則不也。(論語微子篇10)
(書き下し)ゆえありなじみあるは、大きなるあやまちなくんば、則ちてざる也。
(現代語訳)なじみや長い付き合いのある人は、大きな過ちが無い限り、決して見捨ててはならない。
(原文)公孫丑問曰:「高子曰:『《小》,小人之詩也。』」(『孟子』告子下篇)
(書き下し)公孫丑コウソンチュウ問いて曰く、高子曰く、小は、小人の詩なりと。
(現代語訳)公孫丑が孟子に質問した。「高子は言いました。”小弁の詩は、下らない歌人のうただ”、と。」

もちろん訳者が持っている、昭和36年の第24刷りの武内本『論語』に記された、ごま粒より小さい注に書かれた「弁」の字が、「弃」の誤植だったとすれば全てご破算となる。訳者はかつて、誤字脱字が許されがたい書籍の編集に携わっていたが、案外誤字脱字の根絶は難しい。

あちらこちらを指摘され、直して直しているうちに、書籍そのものが改訂となって、また一からやり直し、の連続だった。筆写や木版で複製されていた時代、論語だろうともそうした間違いは根絶しなかっただろう。論語が科挙の科目でなかった、元より前の時代はなおさらだ。

そう思うとかように一字一句にこだわり論語を訳すのが、おかしく思えなくもない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)