論語詳解403衛霊公篇第十五(25)吾の人におけるや

論語衛霊公篇(25)要約:辛口の人物評で知られた孔子先生。ある人がなぜそんなに辛口なのかと問います。待ってましたとばかり、先生は得意の弁舌と心理戦で、相手を言いくるめてしまいます。孔子の術のすごみがわかる一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「吾之於人也、誰毀誰譽。如有所*譽者、其有所試矣。斯*民也、三代之所以直道而行也。」

校訂

武内本:唐石経可を所に作る、可所通用。後漢書韋彪伝注此章を引く、斯下民也の二字なしこの下馬融注によるに融見る所亦この二字なきに似たり。

書き下し

いはく、われひとけるたれをかそしたれをかむ。むるところものは、こころみるところなりたみ、三だいみちなほきをもつおこなところなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 キメ
先生が言った。「私は人に対しては、誰をけなし誰を褒めるか。もし褒める点があるなら、試す所があったからだ。この民というものは、三代が真っ直ぐな道で治めてきた対象だ。」

意訳

印象で人を評価してはならない。人を褒めたりけなす前に、まず仕事を与えて試すことだ。中国人というものは、夏・殷・周王朝がウソのない政治で治めてきた人々なのだから、根は素直で仕事をごまかしはしないから。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「私は、成心をもって人に対しない。だから誰をほめ、誰をそしるということはない。もし私が人をほめることがあつたら、それは、その人の実際を見た上でのことだ。現代の民衆にしても、過去三代の純良な民衆と同じく、その本性においては、まっすぐな道を歩むものなのだから、ほめるにしても、そしるにしても、実際を見ないでめったなことがいえるものではない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

誰(スイ)

論語 誰 金文
(金文)

論語の本章では”誰”。上掲の金文は、論語時代より数百年後の、戦国末期の中山王の鼎に彫り込まれていたもの。ごんべんが無く、ふるとりだけで”誰”を表している。

毀(キ)

論語 毀 金文
(金文)

論語の本章では”そしる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「土+(音符)毇(キ)(米をつぶす)の略体」で、たたきつぶす、また、穴をあけて、こわす動作を示す。毇(キ)(米をたたきつぶす)と同系。また、壊(穴をあけてこわす)とも非常に縁が近い。棄に書き換えることがある、という。

譽(誉)(ヨ)

論語 誉 睡虎地秦墓竹簡
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”ほめる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、与(ヨ)は、牙(ガ)の原字と同形で、かみあった姿。與(ヨ)は「四本の手+(音符)与」からなり、みんなの手をかみあわせてもちあげること。譽は「言+(音符)與」で、みんなでことばをあわせてもちあげて、ほめそやすこと。

擧(=挙。みんなでもちあげる)と同系のことば、という。

如(ジョ)

論語 如 睡虎地秦墓竹簡
(秦系戦国文字)

論語の本章では”もし”。

論語 試 睡虎地秦墓竹簡
(秦系戦国文字)

論語の本章では”ためす”。

矣(イ)

論語 矣 金文 論語 矣 字解
(金文)

論語の本章では”~である”。断定を意味する。詳細は論語語釈「矣」を参照。

斯(シ)

論語 斯 金文
(金文)

論語の本章では、”この”。

『学研漢和大字典』によると指示詞としての語法は以下の通り。

  1. 「これ」「この」とよみ、「これ」「この」と訳す。《類義語》此・是(コレ)・之(コレ)。「先王之道、斯為美=先王の道は、これを美と為す」〈昔の聖王の道もそれでこそ立派であった〉〔論語・学而〕
  2. 「~斯…」は、「~すなわち…」「~ここに…」とよみ、「~ならば…である」「~したら…する」と訳す。前後の句をつなぐ意を示す。《類義語》則。「清斯濯纓、濁斯濯足矣=清(す)みては斯(すなは)ち纓(えい)を濯(あら)ひ、濁りては斯ち足を濯ふ」〈川の流れが清むときは、我が冠の紐を洗おう、濁ったときは、我が足を洗おう〉〔孟子・離上〕。「人之過也、各於其党、観過斯知仁矣=人の過ちや、各(おのおの)その党におひてす、過を観てここに仁を知る」〈人の過ちというのは、それぞれの人物の種類に応じている、過ちを見れば仁かどうかが分かる〉〔論語・里仁〕
  3. 「~斯…」は、「~これ…」とよみ、「~は…である」と訳す。▽用例はきわめて少ない。「攻乎異端、斯害也已矣=異端を攻むるは、これ害のみ」〈聖人の道と違ったことを研究するのは、ただ害があるだけだ〉〔論語・為政〕
  4. 「かく」とよみ、「このように」と訳す。「子在川上曰、逝者如斯夫、不舎昼夜=子川の上に在りて曰はく、逝く者は斯くの如きかな、昼夜を舎かず」〈先生が川のほとりで言われた、過ぎゆくものはこの(流れの)ようであろうか、昼も夜も休まない〉〔論語・子罕〕

論語 民 金文
(金文)

論語の本章では”中国人一般”。君子に対する民ではなく、夏・殷・周の三王朝を経て中華文明を受け入れて生活している人。詳細な語釈は論語語釈「民」を参照。

三代

論語 三 金文 論語 代 睡虎地秦墓竹簡
「三」(金文)「代」(秦系戦国文字)

論語の本章では、夏・殷・周の三代の王朝。

本章では、孔子は中華文明の担い手をこの三代に限り、史実として受け取られていた、それより前の黄帝・ギョウシュンなどの聖王の時代を意識に上げていない。

論語 黄帝 論語 舜
「黄帝」「舜」(間違い探し)

これは孔子や論語時代人の合理主義を意味するかも知れない。聖王は居たことになっていただけで、居たと思っていないことになる。

所以(ショイ・ゆえん)

伝統的な論語の解釈では、「ゆえん」と読んで理由のこと、とする。しかしその読みをすると、「三代之所以直道而行也」のうち、「直」を動詞に読まねばならなくなり、意味は”三代が道を真っすぐにして行った理由である”となるが、何を言っているのか分からない。

三代之所以道而行也。三代の道をなおくし行う所以ゆえん也。

従って「以」を動詞”用いる”として扱い、”三代が真っ直ぐな道を用いて行った所である”と読む方が文意が明瞭になる。

三代之所直道而行也。三代のなおき道を行うところ也。
(夏・殷・周王朝がウソのない政治で治めてきた人々なのだ。)
またここでの「所」は「者」と同様に、「以直道而行」を名詞化する働きをしており、「所」は、行為の対象を示し、「者」は、行為の主体を示す違いがある、と『学研漢和大字典』にある。
「所」について詳細は論語語釈「所」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子の言った大ウソ。現代中国の統計類がまるで当てにならないことは周知の通りだが、論語の時代にもそれは変わらない。『春秋左氏伝』を読むと不実な輩は少なくなく、ウソ、大げさ、まぎらわしいの手練手管で人をだましている記述はいくらでもある。

論語 孔子 笑い
孔子もそんなことはとうに分かっているはずだが、それにもかかわらず心にもない事を言ったのは、論語にちりばめられた孔子の人物評が関わっている。孔子が論語時代人を評する場合、そのほとんどをこき下ろしているから、なぜそんなに人をけなすのか、と問われたのだろう。

それに対して孔子は、自分の評価はまっとうであると開き直り、その理由を「中国人は正直だ」というウソに置いている。言われた方もそのウソに気付いたはずだが、当時のタテマエとして中国人は、異民族に比べて正直でまともであることになっていたから、黙ったのだろう。

野蛮人はどうあろうが野蛮人だ。(論語八佾篇5)

論語 夷狄
要するに自分と相手が共通に頼っている共同幻想によりかかり、孔子の批評を非難する口を封じたのだ。日本でも戦中は現人神とか、一億玉砕とかいったタテマエで、人を黙らせるどころか死に追いやった人物がいくらでも出た。王様は裸だと言えない雰囲気には抵抗しがたい。

孔子は論語の時代きってのもの知りだけに、相手を言いくるめるタネは誰よりも多く持っていただろう。この点で本章は孔子の弁論術の一端を示し、人を黙らせるには知識量がものを言うということだ。ただしこれでは人は黙るが納得はしない。この点を孔子はどう思ったのか?

論語 特攻隊
一つには黙らせればそれでいい、と思ったのだろう。特攻のように、黙らされて常軌を逸した戦いに行かされた過去のある日本人には分かりやすい話。孔子が本章で「民」と言っているように、孔子にとって身分を問わず人は経済動物で、従ってくれればそれでよかったのだから。

もう一つは、論語に言う「徳」の効果を思っただろう。徳=経験や技能に優れた人物は、黙っているだけでも迫力がある。対話者は孔子と話す前に、すでに自分の知識が少ないと思っており、この時点で負けている。相手が身長2mを超す武道に達者な大男の孔子ならなおさらだ。

つまり対話者は我から納得するのではなく、いやおうなしにさせられてしまうのだ。こうなるとストックホルム症候群(人質が銀行強盗に協力してしまう心理)にかかったも同然で、対話者はまるで小間使いのように協力的になる。この術を孔子は知って使ったのだ。

だから口を酸っぱくして弟子には徳を磨けといい、上は王侯から下は民に至るまで、徳の効果を知らないと言った。

論語 子路
子路よ。徳=隠然とした力のすさまじさは、隠そうにも隠せないものなのだ。(論語衛霊公篇4)

世も末だ。異性より徳=隠然とした人間力を高めたがる者を見たことがない。(論語衛霊公篇13)

論語の時代において、孔子はやはり頭がよかったのだろう。人はなぜ従うか、その原則を理解しようと努めた者はほとんどいなかったのだ。だからこそ孔子は自分の行政能力に自信を持ち、見つけた徳の運用法を用いるなら、国を治めるなど何でもない、と言ったのだ。

政治を任せて貰えれば、一年で効果を挙げ、三年で大成功させてみる自信はある。(論語子路篇10)

政治家孔子の自信の裏には、確たる理由があったのだ。本質的に本読みやポエム書きに過ぎない、儒者や漢学者にわかる話ではない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)