論語309子路篇第十三(7)魯衛のまつりごとは

論語子路篇(7)要約:孔子先生が国外での活動拠点にした衛国は、魯国と同じく中規模の国で、国公の権力が失われていた点も似ていました。また開祖は実の兄弟で、その意味でも先生にとって、兄弟のように見えたというお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「魯衞之政、兄弟也。」

書き下し

いはく、魯衞ろゑいまつりごと兄弟けいていなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

先生が言った。「魯と衛の政治は兄弟だ。」

意訳

魯と衛の政治は兄弟のように似ている。共に国公は権力を失い、家老格が政権を握っている。

従来訳

先師がいわれた。――
「魯の政治と衛の政治とはやはり兄弟だな。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

兄弟

「ケイテイ」と読み下すと漢文チックに聞こえる。しかし「きょうだい」でも構わないように訳者は思うが、だからといって隋の煬帝を「ヨウテイ」と読むのには違和感を感じる。漢語の読みには平安朝以来の流派があり、呉音・漢音で統一されているわけでもないから、標準日本語音に集約されていくのも無理のないことではある。

論語:解説・付記

従来訳の注に、魯の開祖周公と、衛の開祖康叔(こうしゆく)が兄弟であったことを示し、孔子晩年の魯公・哀公と、衛公・出公がともに実権を失っていたことを指摘する。元ネタは朱子の注で、朱子は続けて「だから孔子は嘆いたのだ」という。

とは言え、衛の場合は出公の一代前の霊公はなかなかのやり手で、これといった名君が出なかった魯とは違う。衛は西北の大国・晋の脅威に直にさらされ、領土は削り取られる、家老風情に霊公が辱められるといった災難が続いていたので、緊張せざるを得なかったのだろう。

ただし霊公亡き後の衛は魯以上に混乱し、出公の実の父親が虎視眈々と国外から政権奪取を狙っており、ついに内乱に発展して出公は追われた(『史記』衛世家)。本章の発言が霊公亡き後のことだとすると、孔子にとっては似たように見えるのも不思議はない。

孔子最晩年の衛国の模様を、『史記』衛世家・荘公はこう伝える。

荘公蒯聵(カイカイ)は、出公の父である。国外に長くいたが、帰国した際に家老たちが誰一人出迎えなかったのを怨んだ。
荘公元年(BC480)*、位に即くと、家老たちを全て殺そうとして言った。「私は長く国外にいた。そなたたちはその事を知っていたか〔国外で苦労していると知っていたのに、なぜ一人も私を助けなかったのか〕。」しかし家老たちが反乱を起こそうとしたので、怖くなってやめた。
荘公二年(BC479)、魯の孔子が死んだ。

ここに至る経緯を、『史記』を端折ってみるとこうなる。

〔霊公〕三十八年(BC497)、孔子が衛に来た。その後霊公との関係が悪くなり、孔子は衛を去った。

三十九年(BC496)、太子の蒯聵(カイカイ)は、霊公夫人の南子と仲が悪く、南子を殺そうとした。南子夫人はその意図を覚って、大声で「太子が私を殺そうとしている」と叫んだ。蒯聵は晋の筆頭家老・趙氏の所へ逃亡した。

四十二年(BC493)夏、霊公が死んだ。南子夫人は、子郢を太子に立てたが断られた。そこで衛国は輒を国君にした。これを出公という。

六月、晋の筆頭家老・趙簡子が、亡命中の元衛太子・蒯聵(カイカイ)を衛国に潜入させた。

十二年(BC481)、太子蒯聵の姉は、小姓の渾良夫(コンリョウフ)を太子のもとへ使わした。閏月、渾良夫と太子は密入国して、孔氏の別荘に潜んだ。

夕暮れになってから二人は伯姫の奥座敷に入った。伯姫は戈を手にとって先頭を行った。太子は五人の部下と共に甲冑に身を固め、伯姫の後ろに続いた。

太子一党は公宮の警備兵を駆逐して、見晴らし台に上った。その時欒甯(ランネイ)は乱の知らせを聞いたが、孔子の弟子で、衛国に仕えていた子路に知らせた、自分は出公輒を連れて魯に逃げた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)