論語371憲問篇第十四(39)賢者は世をさく

論語憲問篇(39)要約:後世、儒教は道教と犬猿の仲になりましたが、孔子先生は隠者を高く評価していました。ただし政治への志が強かったので、隠者にならなかっただけです。では宮仕えで身を守る心得とは、というお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「賢者辟*世、其次辟*地、其次辟*色、其次辟*言。」

校訂

武内本:唐石経、避を辟に作る。

書き下し

いはく、賢者けんじやく、つぎく、つぎいろく、つぎことく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「賢者は世の中を避ける。その次は土地を避ける。その次は顔色を避ける。その次は言葉を避ける。」

意訳

賢者は世の中を厭い、隠れ住む。次に賢い者は嫌な土地から出ていく。次に賢い者は仕える君主の顔色を見ただけで逃げ出す。しかし愚か者は、言われるまで分からない。〔次章:そう説教したら、土地や地位から逃げ出した者が七人いた。〕

従来訳

先師がいわれた。――
「賢者がその身を清くする場合が四つある。世の中全体に道が行われなければ、世をさけて隠棲する。ある地方に道が行われなければ、その地方をさけて、他の地方に行く。君主の自分に対する信任がうすらぎ、それが色に出たら、その色をさけて隠退する。君主の言葉と自分の言葉とが対立すれば、その言葉をさけて隠退する。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 賢 金文 論語 賢 篆書
(金文・篆書)

論語では”賢者・賢い人”の意味と、”すぐれる・まさっている”という形容動詞として使われている。本章では「賢者」二文字で、”賢い人”の意味。

辟(ヘキ)

論語 辟 甲骨文 論語 辟 金文
(甲骨文・金文)

甲骨文の頃からある古いことばで、「避」の字の原字。

『字通』によると尸(人の側身)+口(切り出した肉片)+辛(取っ手のある細身の曲刀)で、人の腰から肉を切り取る刑罰が原義。取り去ることから、”去る・避ける”の意味になる。

さらにその刑を受けた神の奴隷へと派生し、西周時代には祭祀やまつりごを助ける諸侯へと意味が転じ、”仕える”意味が生まれた。また刑罰から転じて法則を意味し、”治める”の意が生まれ、側辟=”いやしい・曲がりかがむ”の意が生まれた。

論語 世 金文 論語 世 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”世の中・世間”。字通では、草木の枝葉が分かれて、新芽が出ている形。新しい世代を言う。〔説文〕では、三十年を一世という、とある。

論語 次 甲骨文 論語 次 金文  
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”その次”。『字通』では、人がため息をついて嘆く姿。口から気がもれている形。繰り返し神に訴えることから、”つぎ”の意になったのだろうと推定している。

論語 次 金文大篆
(金文大篆)

学研漢和大字典では、「二(並べる)+欠(人が体をかがめたさま)」で、ざっと身の回りを整理して休むこと。軍隊の小休止の意。整理することから、次第、順序の意になったという。

論語 地 甲骨文 論語 地 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”土地”。

『字通』によると声符は也で、也に池や馳せるの意味がある。古い字体は神が降りるはしごのかたわらに、生け贄の犬を置いた姿で、神が降りてくる土地。神が降りてくることを隊、神が降りる地面を墜という。

墜が墜落の意味で使われるようになったので、地の字が作られたという。

確かに金文を見ると、倒れているのはけものだが、甲骨文を見ると、人が倒れているように見えて仕方がない。甲骨文を用いた殷王朝は、むやみに捕虜をいけにえにして殺したから、それを表しているのかも。

論語 色 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”君主の顔色”。『字通』では、人を後ろから抱きかかえて交わる姿で、男女のことを言う字。特に感情の高揚する意に用いる、という。

論語 言 甲骨文 論語 言 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”君主の言葉”。

『字通』では、辛(入れ墨を入れるハリ)+口(祝詞を収める器の口さい)で、言葉にウソがあった場合には、入れ墨刑を受けると誓約すること、という。

論語:解説・付記

従来訳の注に、「本章は原文が極めて簡単で、ほとんどその意味が捕捉されない。古来の諸説を參考にして説明的に訳して見た」という。なるほどその通りで、論語は短い言葉・現代語でも使われるような漢字で構成された言葉ほど、意味が分からない。

このような場合に、従来訳筆者の時代ではまだ辞書が整備されていなかったから、新古の儒者の解釈=個人的感想を参考にするしかなかったのだが、今では漢字学も進んで、儒者の個人的感想からは自由な解釈を追い求めることが出来る。この意味ではいい時代になったものだ。

「賢者辟世」とは、世間から隠れ住む隠者を言うのだろうが、儒者的解釈からすると、孔子の教説と隠者をよしとする道家の教えは相容れないはずだから、これはおかしいという判断になる。実際論語にも、「私は隠者にはならない」との言葉が記されている(論語微子篇7)。

しかし論語を読む限り、孔子は隠者にはならなかったが、隠者を丁重に扱っており、いつも通りの辛口の評論を言っていない。さらに顔回のように、まちに住みながら隠者のような生活を送った者を「賢」と高く評価している。すると孔子は、「賢」に限れば隠者を最高位とした。

だが孔子自身は、政治への志があまり強いので、隠者にならなかっただけだろう。次に「其次辟地」だが、これは論語里仁篇1で、「情けのない土地からは出ていけ。頭が悪くなるぞ」と言ったことから、政治に関わることが前提の孔子一門としては、これが次善の策だった。

つまり暴君や戦乱のある国には、初めから仕えるのをやめなさいという教え。

そうでない国の君主に仕える者で、ましな者は「其次辟色」、言われずとも君主の意向を察して身を避けるべきで、「其次辟言」=「そこに直れ。成敗する」になってからでは遅いかも知れない。だからこそ孔子は、人間観察の重要性を弟子に教えた(論語為政篇10)に違いない。

なお本章はもともと次章と一つだったと思われるが、詳細は次章で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)