論語325子路篇第十三(23)君子は和して同せず

論語子路篇(23)要約:人の数だけ宇宙がある。だから意見は違って当然。違いを理解して、議論を通してよりよい結論を求めるのが君子。孔子先生はそう言います。そのためには違いがあるのだとする理解力が必要で、それがないと…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子和而不同、小人同而不和。」

書き下し

いはく、君子くんしどうせず、小人せうじんどうせず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

先生が言った。「君子は和み合うが意見が同じでない。凡人は意見は同じだが和まない。」

意訳

君子には主体性が必要だ。だから人と和みはしても、意見の違いはあって当然。しかし凡人は主体性がないから、言う事はどれもそっくりだが、違うからと言ってケンカになる。

従来訳

先師がいわれた。
「君子は人と仲よく交るが、ぐるにはならない。小人はぐるにはなるが、ほんとうに仲よくはならない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子和而不同

「和」は”和む・調和する”。「同」は論語の本章では、”意見を同じくする”。

論語:解説・付記

論語の本章は、論語衛霊公篇16と合わせて考えると意図をくみ取りやすい。

子曰く、「群居して終日、言いて義に及ばず、好みて小慧を行う、難いかな。」

バカが一日中わあわあと集まって相談し、まっとうなやり方は誰ひとり言わず、小細工ばかり自慢し合っている。どうしようもないな。

孔子は弟子に、主体性を要求した。だから論語為政篇12で「君子は器ならず」と言った。主体性がない人間は、全てを他人や環境のせいにするので、どんなひどいことでもやりかねないし、いつもびくびくと怯えていなければならない(論語述而篇36)。

そのような人間に治められては、民が迷惑する。論語の本章とほぼ同じ教えを、孔子は論語為政篇14でも説いている。つまり孔子はこの教えを繰り替えし説き、それだけその教えをメモした弟子が多く、小人派・政治派の区別を越えて、残すべき教えとして論語に載せられた。

意見が異なる者と和むには、まず自分は自分だという意識があり、それゆえに他人もまた他人の都合があるだろう、だから意見が違って当然だ、と得心できる。しかしそこに思いが至る智力のない者=凡人は、意見の違いを認められない。勢い、ケンカの一つも始まることになる。

だが手段の如何を問わず、みなが同じ意見になってしまったらどうだろう。人間全てが地球を中心に宇宙が回っていると思っている内は、科学技術は発展しなかった。同様に論語時代の学問でも、意見の相違があればこそ学問を議論でき、議論できるからこそよりよい結論が出る。

個人にとっても、まわりと意見が同じというのは実は恐ろしいことで、智力や技能の進歩が止まってしまう。しかし環境は容赦なく、ひとときも止まらず変化する(論語子罕篇17)。それなのに技能や智力が旧来のままであっては、人間は自然に振り回されるだけになってしまう。

孔子はそれを恐れた。革命運動に参加するにせよ、ひたすら学問に励んで仕官を目指すにせよ、止まってしまった者は自分もまわりも不幸にする。現代でも独裁政権下の国を見れば分かる。論語時代も同じで、孔子は自身も変化することを恐れない人だった(論語為政篇11)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)