論語詳解209子罕篇第九(4)子四つを絶つ

論語子罕篇(4)要約:孔子先生の人となりをしのんだ、弟子の回想。先生は生涯、革命家としての筋は通しましたが、意固地になるのは戒めていました。勝手な思い込みはとんでもない失敗につながる。先生は柔軟な心を保ち続けたようです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子絕四、「毋*意、毋*必、毋*固、毋*我。」

校訂

武内本:毋、史記無に作る。(→武英殿二十四史本では毋になっている。)

書き下し

四をつ。く、ひつく、く、し。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生には四つのことがなかった。意地、執念、頑固、私欲。

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
先生は―
いつも相手の立場を思った。
いつも理の当然に従った。
いつも時世時節を考えた。
いつも相手の利益を図った。

従来訳

論語 下村湖人

先師に絶無といえるものが四つあった。それは、独善、執着、固陋、利己である。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 意 篆書 論語 意
(篆書)

論語の本章では”意地”。

『学研漢和大字典』によると、音とは、口の中にものを含むさま。意は、「音(含む)+心」の会意文字で、心中に考えめぐらし、おもいを胸中に含んで外に出さないことを示す。憶(オク:おもいを心中に含んで胸がつまる)・-抑(ヨク:中におさえ含む)と同系のことば。
意味:こころ・おもい。わけ・意味。おもう。

『字通』によると音+心。〔説文〕十下に「言を察して意を知るなり」とし、字を言に従うものと解するが、字は音に従う。音は言(祝詞)に対して、「神の音なひ」を示す自鳴の音が加わることを示す字。もと「神の音なひ」、すなわち「おとづれ」。意は、その神意を憶度おくたくすることをいう。
訓義:おしはかる。ひろくものごとを推量して考えること、おもう。考えてその意志を定めること、こころ。噫と通用する、ああ。

論語 必 金文 論語 必
(金文)

論語の本章では、必ずこうなるはずという”執念”。

『学研漢和大字典』によると、棒切れを伸ばすため、両がわから当て木をして締め付けたさまを描いた象形文字。両がわから締め付けると、動く余地が無くなることから、ずれる余地がなく、そうならざるをえない意を含む。柲(ヒツ:弓だめの当て木)の原字。

泌(締め付けて液が出る)-秘(締め付けてぴったりふさぐ)と同系のことば。▽会は、俗語の副詞で、そうなる可能性の多いこと。須はぜひそうする必要がある。の意。
意味:かならず。ぜひともそうあろうとする。

論語 矛
『字通』によると、柄のある兵器の、刃を装着するひつの部分の形で、柲の初文。ほこほこまさかりの頭部を柄に装着する形はよく、その刃光の発する形は必・しゅくで、尗は叔(白)の初文。その刃部を主調とする字である。

〔説文〕二上に「分極なり。八弋に従ふ。弋は亦聲なり」とするが声が合わず、分極の意も明らかでない。弋は柲部の形であるが、金文にその形を「必ず」という副詞に用いる。
訓義:兵器の柲部、柲の初文。仮借して必ずの意に用いる。なす、ついに、もっぱらなどの意に用いる。

 固

論語 固 金文 論語 固
(金文)

論語の本章では、”かたくな・頑固”。

『学研漢和大字典』によると、古は古びた頭蓋骨で、囗はそれを周囲から囲むこと。動きのとれないさまを示す。

意味:かたい(しっかりと安定していて、動きもかわりもしないさま)。かたく(かたくなに)。かたくな(凝り固まって融通が利かないさま)。かためる。もとより。

『字通』によると、+古。古は祈禱を収めた器(口さい)の上に、聖器としてのたてをおき、その呪能を固く守る意で、久古の意がある。その古に外囲を加えて、堅固・固定の意となる。その程度をこえることを頑固という。

〔説文〕六下に「四塞なり」と四境を固守する意とするが、本来は祝禱に関する字である。
訓義:かたい、かたくまもる。やすんずる、やすらか、ひさしい。もとより、もともと、もっぱら。まことに、つねに。かたくな。錮と通じ、とどめる、おしこめる、すたれる。

論語 我 甲骨文 論語 我
(金文)

論語の本章では”私欲”。

『学研漢和大字典』によると、ぎざぎざの刃がついた武器の一種。
論語 青銅 我

「我」全長24.3cm・幅10.3cm・重量300g 陝西省扶風県法門郷荘白村出土 扶風県博物館蔵

『字通』によると、我は鋸刃の刃物の象形で、鋸の初文。義・羲は犠牲としての羊に我(鋸)を加える形。しかし我を鋸の意に用いることはなく、一人称の代名詞に仮借して用いる。

〔説文〕十二下に「身に施して自ら謂ふなり」と一人称とし、また「或いは説ふ、我頃、つまづくなり。戈に従ひ、𠄒すいに従ふ。𠄒は或いは説ふ、古の垂の字なり」と字形を説き、さらに「一に曰く、古の殺の字なり」という。

卜文・金文の字形は鋸の形で、仮借して一人称とする。鋸はその形声の字で、我の初義を留める字である。
訓義:われ、わが、おのれ。わたくし、私意。俄と通じ、俄傾、かたむく。

論語:解説・付記

論語はこういう、短い章ほど解釈が難しい。文意を取れないからだ。吉川本では、意・必・固・我を、主観的な恣意、無理押し、固執、自己のみへの執着という。

武内義雄『論語之研究』には、論語の本章について以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究
箇条書きにして叙述する例は後の十篇(=論語の後半)には多いが上論(=論語の前半)には少ない。これは下論と同じ様な材料から出た章であろう。(p.96)

箇条書きが多いのは下論のうち論語季氏篇で、篇名としては古いが成立は遅いという。そこから同様の材料で編まれたとするなら、この論語子罕篇が論語の中でも最も新しい成立と言われるのももっともに思える。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)