論語365憲問篇第十四(33)いつわりをむかえず

論語憲問篇(33)要約:言う者は知らず、知る者は言わず。この点で老子・孔子先生は意見が一致しています。知ったかぶりやだまそうとする人ほど、ごてごてと言葉を重ねるしかありません。賢者はそんなの、全く相手にしないのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不逆詐、不億*不信、抑亦先覺者、是賢乎。」

校訂

武内本:唐石経、憶を億に作る。

書き下し

いはく、いつはりむかへず、まことならざるをおもはず、抑〻そもそもたやすさきさとものは、さかしき

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「嘘に逆らわず、でたらめを解こうとせず、初めからたやすく事実に気付く者は、これが賢者だろうか。」

意訳

賢者とは、ウソは聞き流し、デタラメを相手にせず、初めからあっさり事実が分かっている者のことだ。

従来訳

先師がいわれた。――
「だまされはしないかと邪推したり、疑われはしないかと取越苦労をしたりしないで、虚心に相手に接しながら、しかも相手の本心がわかるようであれば、賢者といえようか。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の本章では、”真に受ける”。

『大漢和辞典』による語義は、むかえる。あらかじめ。さからう。ふしあわせ。よこしま、つみ。わるもの。のぼせる。申し上げる。しりぞける。めぐる。

論語の本章では、”だます”。

『大漢和辞典』による語義は、あざむく、いつわる。たぶらかす。ことばをかざる、たくみなことば。おとしいれる。にわか、たちまち。恥じて語る。

論語の本章では、”思考をめぐらせる”。

『大漢和辞典』による語義は、数の一単位。やすらか。はかる。かけごと。ああ。惜しむ。みちる。抑に通ず。臆に通ず。姓。

論語の本章では、”偽りのないこと”。

『大漢和辞典』による語義は、まこと、まことに、まこととする、疑わない。あきらかにする、つまびらかにする。知る。しるし、あかし。割り符。従う。敬う。保つ。任せる。二晩泊まる、再宿。海水の定時の満干。使い、使者。たより、おとずれ。五音の宮をいう。五行で水神を言う。姓。〔仏〕一切の理・非理を弁別し、三宝の浄徳を楽願し、一切の善事を希望して、その心の清浄なこと。伸に通じ、のびる、のばす、ゆるくする。申に通ず。身に同じ。

論語の本章では、”元から”。

『大漢和辞典』による語義は、押す。おさえる。ふさがる。沈む。美しいさま。そもそも、さて。こまやか、つつしむ。詩経・大雅・蕩之什の篇名。通じて懿に作る。

論語の本章では、”おおいに・たいそう”。

『大漢和辞典』による語義は、また、助辞。すべて。治める。大いに。たやすい。脇の下。帟*に通ず。姓。

*帟:(エキ・ヤク)ひらとばり。ひらはり。上部に設けて塵埃の落ちるのを防ぐ小さなまく。

覺(覚)

論語の本章では、”気付く#。

『大漢和辞典』による語義は、さとる。さとす。さとり。さとりをひらいた人。さとい。覚える、知る。感じる。あらわれるあらわす。高く大きい。直い、まっすぐ。くらべる、きそう。通じて梏*に作る。一百六韻の一。姓。覚める。覚ます。うつつ。〔邦〕おぼえる。おぼえ。

*梏:(コク)手枷、縛る。

論語の本章では、”賢い・偉い”。

『大漢和辞典』による語義は、かしこい。かしこい人。よい。まさる。ゆたか、富む。多い。疲れる、骨折る。厚い。かたい。大きい。尊ぶ。財貨を以て人を救うにいう。他人の敬称。姓。(車軸を通す)あな。

論語:解説・付記

論語で「賢」が出て来るのは全部で17ケ章だが、そのほとんどが「賢者」の意味で用いられ、あとは論語の前々章にあるような「偉い・賢い・優れる」と言った形容詞。だからなんだと言う話でしかないが、既存の論語本では吉川本は、賢いと言うより偉いの意味だと主張する。

論語雍也篇11に「賢なるかな回や」とあることから、孔子の教説を追っていくと何か見つかるかも知れないが、単に「賢者とはこういう者である」と孔子が定義したと受け取ってよいだろう。初めからものが見えている人は、うそデタラメを考え込んだりしないのである。

『攻殻機動隊 INNOCENCE』でバトーのセリフに、「見たくないから見ない。気がついても言わない。言っても聞かない。そして破局を迎える。だが、俺たちの世界じゃ三度どころか、最初の兆候を見逃せば終わりだ」とあるのは、あるいは論語の「賢」に関わるかも知れない。

孔子は四十後半になってから易の勉強に没頭したが、その孔子に仮託して、現伝『易経』に以下のような記述がある。論語の本章に言う「先にさとる」とはどういうことか?

子曰:「知幾其神乎?君子上交不諂,下交不瀆,其知幾乎,幾者動之微,吉之先見者也,君子見幾而作,不俟終日。易曰:『介于石,不終日,貞吉。』介如石焉,寧用終日,斷可識矣,君子知微知彰,知柔知剛,萬夫之望。」
子曰く、「幾を知るは其れ神乎。君子上と交りて諂わ不、下と交りて瀆さ不るは、其れ幾を知る乎。幾なる者は動き之微なるにして、吉之先ず見わるる者也。君子幾を見而作し、日終わるを俟た不。易に曰く、『かたきこと石のごとし、日終ら不して、ただしからばよし。』介きこと石の如きたりなんぞ日を終うるを用いんや。断じて可なるを識るなり。君子微を知りてあらわれを知り、柔を知りて剛を知る。これ万夫之望みなり。」(『周易』繫辭下篇)

先生が言った。「予兆を知るのは神託を聞くようなものだろうか。君子は目上と付き合ってもへつらわず、目下と付き合っても辱めない。それが兆しを知るということだ。兆しというものはかすかな動きの起こりであり、吉兆の方がよく見える。君子はその吉兆を見て、ただちに行動に打って出て日を待たない。

だから易経・与卦・六二の説明書きに言う。”石のように固い。その日が終わるのを待たず、ただちに身を正せば吉”と。石のように固いなら、どうして日が暮れるのを待っていようか。即座に打って出るのがよいと知るべきだ。君子はかすかな予兆が見えるから明らかな現象が分かる。柔弱なものが見えるから、剛強なものも分かる。これは万人が望む境地である。」

与卦・六二とは、

卦の上が…震(シン)(雷。空気をつんざいて地に落ちる。東う。性動く。)
卦の下が…坤(コン)(地。純粋の陰。南西ひつじさる。性従う。)
その六つのコウ位の下から二番目- -(陰)の意味

を言う。これ以上語ると黒魔術っぽくなるのでやめるが(そもそも易のことをべらべらと書くのは気が進まない。訳者にもよく分かっていないからだ)、要するに為政者を目指すような君子は、かすかな兆しを見逃せば、それは身の破滅になるということ。九課勤務も大変だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)