論語詳解348憲問篇第十四(16)晋の文公はいつわりて

論語憲問篇(16)要約:いにしえの覇者二人を評論する孔子先生。小細工が多い晋の文公は”ウソツキ”とおとしめますが、派手な女遊びにうつつを抜かして餓死した斉の桓公は、高く評価します。それには先生の好みが反映しているのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「晉文公譎而不正、齊桓公正而不譎。」

書き下し

いはく、しん文公ぶんこういつはただしからず、せい桓公くわんこうただしくしいつはらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「晋の文公は偽って正しくない。斉の桓公は正しくて偽らない。」

意訳

論語 孔子 淡々
同じいにしえの覇者でも、晋の文公は小細工が多くて悪賢い。斉の桓公は素直で嘘がない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。
「晉の文公は謀略を好んで正道によらなかった人であり、斉の桓公は正道によって謀略を用いなかった人である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

文公

論語 晋文公

BC696 – BC628年、在位BC636年 – BC628年。春秋時代の晋の君主。姓は姫、名は重耳(ちょうじ)、おくりなは文。晋の公子で、内乱を避けて19年間諸国を放浪し、即位後、斉の桓公に次ぐ二人目の覇者となった。

桓公

論語 斉桓公

? – BC643年、在位BC685年 – BC643年。春秋時代の斉の君主。姓は姜、名は小白、おくりなは桓。斉の公子で、内乱を避けて莒国に逃亡し、帰国して即位すると名宰相の管仲に政治の一切を任せ、初の覇者となった。BC645に管仲が死ぬと即座に国政が乱れ、桓公は取り巻きに裏切られ、監禁されて餓死した。

譎(ケツ)

論語 譎 金文大篆
(金文)

論語の本章では”だます”。

『学研漢和大字典』によると「言+ケツ(ややこしくいりくんだ)」の会意兼形声文字で、意味はいつわる。妙な具合に変化する、正体を隠す。あやしい。真意をごまかして遠まわしにいう、という。

一方『字通』では声符は矞(いつ・きつ)。〔説文〕三上に「權詐なり。益、梁には、天下を謬欺するを曰ひて譎と曰ふ」とみえる。〔方言、三〕に「涼州西南之間には膠と曰ひ、關より東西には或いは譎と曰ひ、或いは膠と曰ふ。詐は通語なり」とする。矞は矛を台座の上に樹てる形。これを立てて巡察を試みることをいつ・遹正という。仰々しく飾って威を示すので、権詐・謬欺の意を生じたのであろう。
訓義:いつわる、あざむく。かわる、ことなる。そむく、たがう。遠まわしにさとす。決と通じ、わかつ、きめる。

論語:解説・付記

論語の本章で指摘できるのは、孔子は全てを自分に任せてくれる君主を好むこと。孔子の人物評はおおむね現伝の史実に沿っており、智力や品行の面で言えば晋の文公の方がはるかに上だが、文公はちまちまとした小細工を好み、また苦労を共にした側近を見殺しにしている。

一方斉の桓公は無類の女好きで、管仲を「父上」=仲父と呼んで政治を全て任せ、自分は後宮に入り浸って享楽の限りを尽くした。その代わり大人物で、ちまちましたことを一切せず、管仲を信じ切って生涯信頼が揺るがなかった。孔子にとって君主の首から上は要らないのだ。

有司の齊桓公於事を請ふあり。桓公曰く、「以て仲父に告げよ」。有司又請ふあり。公曰く、「仲父に告げよ」。是の若き三たびあり。習ふ者曰く、「一に則ち仲父、二に則ち仲父。君為るは易き哉!」桓公曰く、「吾未だ仲父を得ざるや則ち難し、已に仲父之後を得たり。曷(なん)ぞ其れ易から不ると為す也。」(『呂氏春秋』任数)
役人が桓公に決済を乞う。桓公は言った。「仲父に問え。」役人がまた決済を求めた。公は言った。「仲父に問え。」このようなことが三度あった。桓公の近習が言った。「一に仲父、二に仲父。殿様稼業も楽でございますなあ。」桓公が言った。「仲父がいない時には、私はひどい目に遭った。だがすでに、仲父の後ろ盾を得ている。楽をするのも当然だ。」

論語の前章と同じく、孔子が君主に期待するのは信頼を揺るがさないことで、家臣が失脚しようとした時に保護してくれることだった。論語八佾篇19で「君主は臣下を使うに当たって礼法に従い、臣下が君主に仕えるに当たっては真心に従うことです」といったのはそのこと。

論語に言う礼法は、客観的な書物に記された規定集ではなく、孔子の意志そのものだからだ(論語における「礼」)。また斉の景公に「君は君らしく、臣は臣らしく」(論語顔淵篇11)と言ったのも同じで、親子関係同様に、君臣間も片務的ではなく双務的な義務を負うとした。

論語 孟子 論語 林羅山
この点だけは後の儒者も同様で、孟子はバカ殿は放逐していいと言い、帝政時代に王朝が滅びると、儒者=役人はさっさと帝室を見捨てて新君主を拝んだ。バカ殿だろうと犬のように忠義を尽くせと言い出したのは、むしろ林羅山など、日本の江戸儒学のオリジナルと言っていい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 孔子「同じいにしえの覇者の中でも、晋の文公は小細工が多くてずる賢い。」(論語憲問篇16) […]