論語詳解447陽貨篇第十七(13)郷原は徳のそこない

論語陽貨篇(13)要約:頑固オヤジは絶滅種ですが、論語の時代の田舎では、人格者としてもてはやされました。それを郷原といい、孔子先生は人格を損なうニセ人徳者だと非難します。狭い世間で通用するのは、必ずしも善ではないのだと。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「鄕原*、德之賊也。」

校訂

武内本:鄕原、中論考偽篇鄕愿に作る、愿とは善也。

書き下し

いはく、鄕原きやうげんとくそこなひなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「田舎の頑固者は、人格形成の邪魔になる。」

意訳

論語 孔子 波濤
田舎の大将を相手にするな。ろくでなしになってしまうぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「郷党のほめられ者の中には、得てして、道義の賊がいるものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

鄕(郷)原

論語 郷 金文 論語 原 金文
(金文)

論語の本章では、”田舎で一徹者として通っている人”。「郷」や「原」をいくら漢和辞典をひっくり返してもその意味はでてこないが、「原」に音が通じる「」に、もの柔らかだが融通が利かない人の意味がある(『学研漢和大字典』)。

なお従来の解釈では、孟子による”田舎の調子の良い偽善者”という定義が古来通用している。漢字の語義とは違うので、今回採用しなかった。

武内本によると、「一鄕の人に皆善しと称せらる、八方美人を鄕原という也」という。

德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語では、経験や技能に裏打ちされた人間の機能や人格的迫力を言う。人徳や道徳では決してない。詳細は論語における「徳」を参照。

論語 賊 金文 論語 伐
(金文)

論語の本章では”損なうもの・ダメにするもの”。『学研漢和大字典』による原義は、武器で財貨を脅し取るさま。

論語:解説・付記

論語の本章の主題である「郷原」についての、孟子の定義は以下の通り。

論語 孟子
孟子の弟子・萬章「孔子は陳に居たときに言いましたよね、『さあ帰ろう、我が一門の志士は狂で荒削りだ。やる気は十分あり、初心を忘れていない』と。孔子は遠い陳に居て、なぜ狂士を思ったのですか?」
孟子「孔子は言った。『中道を心得ないで革命を目指すと、必ず狂かケン(へそ曲がり)になる。狂者にはやる気があり、獧者は気に入らないことを絶対にしない』と。孔子が中道に立ちたがったのは間違いない。だがそれが出来ないから仕方なく、その次の狂や獧を思ったのだ。」

萬章「どんな人を狂者と言うのですか?」
孟子「琴張や、曾皙や、牧皮のような連中だ。」

萬章「どうして狂者なのですか?」
孟子「志が鳥が騒ぐように大げさで、二言目には「昔の人は、昔の人は」と言い回るからだ。冷静になって彼らの行いを考えてみると、言っている事とやっていることが全然違う。狂者は中道に生きることが出来ないものだから、潔癖症の連中とつるみたがる。」

孟子「…その潔癖症の連中が獧で、狂者よりも一段落ちる。しかしいさぎよいだけまだましだ。だから孔子は言ったのだ。『我が家の門を素通りして部屋までやってこなくとも、全然惜しくない連中を、郷原という。郷原こそが人格を高める邪魔をするのだ』と。」

萬章「どういった者を郷原というのですか?」
孟子「孔子は狂獧について言った。『なぜ鳥が騒ぐように大げさだというのか? 口先だけで行動が伴わない。自分の言ったことをすぐ忘れて勝手な振る舞いをする。そのくせ昔の人、昔の人と言い回り、自分一人で身勝手ばかりする。生きるも行動するも、この世の中での話だ。少しは世間に良かれと務めるがいいのに』と。だがもっとたちの悪い者が居る。本心を隠して世間に媚びへつらう連中、これを郷原と言うのだ。」

萬章「どこの村でも一徹者は讃えられます。どこへ行こうと一徹者にもなれない郷原を、孔子は人格を損なう者だと言いました。なぜでしょう?」
孟子「批判のしようがなく、非難のしようもないからだ。世間の風潮に合わせ、汚いことでも平気で手を貸し、正直者のふりをして、あたかも高潔な人物であるかのように取り繕っている。おろかな民衆は喜ぶし、自分で自分を善良だと信じ込んでいる。」

孟子「…ところがこういうニセ者は、堯舜の道には入れない。だから人格を損なうと言われるのだ。孔子は言った。『そっくりなニセモノを嫌う。苗にそっくりな雑草を嫌う。言葉で人をたらし込む奴を嫌うのは、何が正しいかを分からなくするからだ。口で人を釣る奴を嫌うのは、何が信頼かを分からなくするからだ。鄭の淫らな曲を嫌うのは、音楽を滅茶苦茶にするからだ』と。」

孟子「…君子は真っ直ぐな道を行くべきだ。君子が真っ直ぐなら民は繁栄する。民が繁栄するなら、世のごまかしは消えて無くなるだろうよ。」(『孟子』盡心下篇)

また従来訳の注に、以下のように言う。

論語 下村湖人
原文「郷原」の「原」は「愿」に同じ。「愿」は謹厚を意味する。ここでは、周囲の人々に調子を合せ、批難をうけないように細心の注意を払つている人。日本の田舎でも、人格者などといわれている人の中に、こうした種類の人がよくあるものである。いや田舎だけではない、行政官などの中にも、こうした意味での謹直型の人は決して少くはないだろう。「郷原は徳の賊なり」――この言葉は、日本の各方面にもつと広く流布されてもいい言葉ではあるまいか。

『学研漢和大字典』によると「原」は「愿」であるには違いないが、「愿」の語義は円満だが、きまじめでかたくなな心構えのことだという。しかしそうなると孟子の話と違う。世間に迎合するのが孟子の言う「郷原」だからだ。すると孟子の定義が間違っていることになる。

孔子が敢えて「愿人」と言わず「郷原」と言ったのは、田舎者の無知のニュアンスを多分に含んでいるだろう。入ってくる情報が少なければ、限られた範囲内で正しい、ということが通用するからだ。独裁国家で独裁者を賛美するのが最高の道徳として通用するのに似ている。

また『字通』によると「愿」は『説文解字』『春秋左氏伝』を引いて謹直=慎み深く率直であることを言い、郷原は洗練されない田舎者の頑固さを言うとある。ならば愿であることは必ずしも悪くはなく、「郷」=田舎と組み合わさって、初めて孔子が忌むべき対象となる。

孔子の教説には「知」が含まれており、論語での特別の意味は「礼」を知ることだが、知ること全般ももちろん含まれている。孔子が周の人間主義を愛したのは、人身御供など供えたところで、天地は全然動かない事実を「知」っているからだ。つまり知で世を明るくすること。

田舎に住むこと自体はけなすべきではないだろうが、孔子はひょっとするとそれを思ったかも知れない。論語里仁篇1に言う、「住む場所は選べ。仁のある土地に住まなければ、そもそも知者ではいられない」はそれを指しているかも知れない。恐るべきサベツと言うべきかも。

しかし田舎の出であったり、田舎に住んだ経験者の多くは、そのどうしようもなさにうんざりした経験があるだろう。少なくとも訳者は郷里に絶望した。法の支配が通用しない。明文化されない因習が多すぎる。ひとたび弱者認定されたが最後、子々孫々まで食い物にされる。

都会に因習が皆無とは言わないが、少なくとも公的な救済手段が複数ある。忌まわしかろうと田舎に因習はあるものであり、あるものを無いと言い張るのは人身御供と同じで、孔子の言う知でもなく仁でもない。そんな田舎の人格者は、却って徳の損ないになるのも不思議はない。

孔子の出身は魯国都城の曲阜ではなく、その近郊ではあったが都会とは言い難いスウ邑だった。論語八佾篇15で若き日の孔子が、鄹のおやじの小せがれ、と曲阜の神官に小ばかにされたのは、都会とは言い難かったことを物語る。母子家庭であったこともあり、苦労したのでは。

孔子は後世の儒者がカナブツ化したような、完全無欠の人格者ではない。だからこそ仁を説きながら、自分は聖者でも仁者でもないと言っている(論語述而篇33)。怒るときは真っ赤になって怒り、ひとたび怨めば決して許すまじと、復讐を誓う人だった(論語憲問篇36)。

現伝の論語で角が取れすぎている章が、概して後世の儒者の創作であることもそれを裏付けている。要は孔子は田舎が嫌いだった。田舎を田舎たらしめている、田舎の人格者など見るのもイヤだったに違いない。人格者であり続けるには、その社会の維持者になるしかないからだ。

さもなくば昨日の人格者も、明日は田舎から叩き出されるか、弱者の惨めな生活に落ちるしかなくなる。田舎だろうと都会だろうと、人間社会に問題は付きものだが、暗い田舎はその解決を、弱者の搾取で行うに対して、明るい社会は知力によって、原因そのものに手を付ける。

だから独裁国家は概して科学技術に劣り、個人崇拝がよく流行る。しかし外の世界を見られると独裁者は困るから、必ず情報の遮断を行う。他人事ではないはずだ。日本も戦時中はそうだった。頭のおかしな神官が威張り散らし、妙な神事を行ったのは、そう遠い過去ではない。

だから郷原を”田舎の大将”と訳したのは、そう的外れではないと思っている。「もの柔らかだが融通が利かない人」と『学研漢和大字典』が言うのは、柔らかと頑固が同居していて、一見矛盾に思えるがそうでもない。誰が相手かによって物腰を、変える器用な人物を言う。

自分を支持する人々には、どこまでも柔らかく応対するが、「それはおかしい」と言う者には、とことん頑固にはねつける。その意見に客観性や科学的根拠があったにせよ、田舎の田舎性を変える人物は許さないし、また許すことが出来ない。つまり自分で目や耳を覆っている。

そういう暗い人物は、山奥の田舎に住むだけでなく、都会のオフィスにもうじゃうじゃいる。曲阜で政治家として学者として過ごした孔子のまわりにも、必ずいたに違いない。だが暗い者が都会にもいることと、田舎の大将の視野が狭いことは、何ら矛盾することではないだろう。

となると孟子による郷原の定義も、あながち間違いとは言えぬかも知れない。

なお論語の本章の史実性については、武内義雄『論語之研究』でも異論を挟んでいない。言葉が短く、文字も古文以前にさかのぼれる。「知」=分かることによって世の中を明るくしようとした、孔子の教説にも矛盾しない。従って本章は、孔子の肉声と言っていいだろう。

さて最後に、本当の事を記しておく。クズどもでない男に向けて孔子が何を言ったか。

男と生まれて、この世をひっくり返そうとしない奴は、人間のクズだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)