論語詳解361憲問篇第十四(29)君子はその言にして

論語憲問篇(29)要約:弟子のおしゃべりが嫌いな孔子先生。でも口で政情を変えてしまえる子貢は、かえって評価しています。しかし全く無視されたり、ウスノロ呼ばわりされた弟子がおしゃべりだと、何を言い出すでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子恥其言而*過其行*。」

校訂

武内本:清家本により、文末に也の字を補う。唐石経之を而に作り句末也の字なし。

書き下し

いはく、君子くんしことにしおこなひぐるをづ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「君子はその言葉がその行いを超えるのを恥じる。」

意訳

できもしないことをベラベラしゃべるな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子は言葉が過ぎるのを恥じる。しかし実践には過ぎるほど努力する。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 恥 篆書
(篆書)

論語の本章では”恥じる”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtʰi̯əɡ。論語時代の置換候補は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章も前章と同じく、子貢派による曽子派への反撃。論語その他の弟子の言葉に記したように、曽子も有若も偉そうなお説教は言うが、論理が突き詰められていないからただのつぶやきに終わっていたり、もったいを付けた恫喝だったり、発言者も可能か不明な話ばかり。

つまり口先三寸だが、孔子は曽子一派を無視して何の評価も下していないし、弁舌を評価された子貢は、説得だけで魯国への侵攻を止め、中国を縦横に駆け回って五カ国の政情をひっくり返した実績があった(『史記』弟子列伝)。だからこうした効果のない言葉を子貢も嫌った。

論語 軍事パレード 東独 東ドイツ
国力のない国ほど軍事パレードを大々的にやりたがり、それもナチスもビックリのグースステップを好んで見せつける。個人もこれと同じで、偉そうなお説教をするのは内心怖くてたまらないことの表明。だから孔子は、自信のない者ほど人を見下したがると指摘した。

論語の冒頭、学而篇1がそれで、「出来ない者をバカにしない。しているうちは自信がない」といったわけ。通り魔が刃物を必要とし、弱い者しか襲わない事実を想起されたい。孔子もまた完全無欠の聖者ではないが、教えを理解できなかった者ほどせっせと孔子を神格化した。

子貢はやりきれなかっただろう。魯国に残った曽子や有若が、おとなしくお勉強しているなら放置しただろうし、原憲をいたわったように、事情によっては援助もしただろう。しかし仕官の口利きはしなかったはず。出来の悪い者を推薦しては、推薦者も責任を取らされるからだ。

当然、曽子一派は逆恨みした。事が個人の能力に関わるだけに、目端の利く者はさっさと子貢派に鞍替えしたはず。子夏や子游が曽子を見限ったように、曽子派にはろくな人材がおらず、いわば孔子塾の掃きだめと化した。それが儒家本流になったのは、孔子の血統に過ぎない。

かつて孔子は血統を否定して、仁者の概念を作った。現伝の儒教は孔子の教えではない。

論語 古注 皇侃 論語義疏
なお皇侃オウガンの『論語義』によると、古論語には本章がなかったという。前漢武帝の時代に、孔子の屋敷を取り壊した際に見つかったのが古論語で、現在の論語は古論語が元になっているとされる。漢代の学者が本章をつけ加えた理由は、今となっては古代の闇の中。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 子曰君子恥三其言之過二其行一。 〔子曰く、君子は其の言の其の行いに過ぎるを恥ず。『論語』憲問篇29改〕 […]