論語詳解356憲問篇第十四(24)君子は上達し

論語憲問篇(24)要約:君子は上に通じ、凡人は下に通じる。上下とは何かと言えば、孔子先生は説明しません。言わなくても弟子には分かったのでしょうが、2500年後の現代人には? だから好きなように理解するしかない、そんなお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子上達、小人下達。」

書き下し

いはく、君子くんし上達じやうたつす、小人せうじん下達かたつす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「君子には上がすらすら通る。凡人には下がすらすら通る。」

意訳

君子なら難しい話も理解するが、凡人は難しい話が分からない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子は上へ上へと進む。小人は下へ下へと進む。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 達 金文
(金文)

『大漢和辞典』に載せる語義は多様。とおる。とおす。とがる、するどい。ゆきちがう。とりきめる。あまねく。みな。よい。そなわる。つね、おおやけ。すすむ。すすめる。おくる。賢人。まど。わきべや。こひつじ。おおきい。ほしいまま。のがれる。姓。だち。たっし。

『学研漢和大字典』によると羊は安産のシンボルでそれにしんにょうを付けた達は、羊のお産のようにすらすら通ること。

『字通』では達は通達の意で、すべて情意の通達することを達という、とある。

論語:解説・付記

本章について、武内本に「此章礼記表記篇の事君不下達と同義」という。

子曰:「事君不下達,不尚辭,非其人弗自。小雅曰:『靖共爾位,正直是與;神之聽之,式穀以女。』」(『礼記』表記篇)

子曰く、「君に事えて下に達せ不、辭を尚ば不るは、其の人自らせ弗るに非ず。小雅に曰く、『共に爾の位をつつしみ、正しく直きと是れ與にせば、神之に之れ聽きて、きを女に以いん』と。」

先生が言った。「主君に仕えても部下が言うことを聞かず、指示を尊重しないのは、その人が自分でそう仕向けたのだ。『詩経』の小雅・小明に言う、”自分の地位を大切にし、正直な人と共に働けば、神もみそわなして、よい果報を下さるものだ”と。」

ううむ、竹内先生の言うことがよくわからない。それとも訳者の『礼記』解読に間違いがあるのだろうか。

また本章について、朱子はこう言っている。

君子循天理,故日進乎高明;小人殉人欲,故日究乎汙下。
君子は天のことわりしたがう。故に日にひに高く明らかなるに進む。小人は人の欲にしたがう。故に日にひによごれたるしもきわままる。(『論語集注』)

日に日に高く明らかに進んで呵責を楽しみ、確認できるだけでも八人の子だくさんというのもどうかとは思うが、まあ従来訳が朱子の受け売りであることはこれでわかった。しかし論語本章の原文に「日に日に」とは書いてないし、どちらであれ「進む」とも書いてない。

論語の本章が言うのは、君子には「上」が理解され、凡人には「下」が理解されるということで、上下をどう解釈するかでどうとでも読める。これは辞書をよく引いた所で結論が出る話ではないから、広く上のような話・下のような話、と解釈しておけばいいだろう。

孔子は教養の有る無しで、厳しく人間を区別する人だった。差別はいけなと訳者も分かっているが、朝早くから駅前のパチ屋に並び、読むと言えばスポーツ紙の色っぽいページが週刊誌のゴシップばかり、バラエティ番組を見てブツクサ言ったり笑い転げるようではどうかと思う。

しかしそういう人に情けが無いかと言えばそうでもなく、落語で言えば八っつあんが「手前には難しいことは分かりませんが…」とご隠居さんに問うような場面も現実にないとは言えない。つまり、自分は至らない者ですが、という自覚を持っている人なら、小人とは言えまい。

愚者が愚を悟れば則ち賢者である、とブッダも言った。

最後に論語の本章に戻ると、日本語に引かれて「君子は上達する」と解してはいけない。藤堂先生が〔国〕とわざわざ断っているように、君子なら何かのわざの達者になる、という意味ではないからだ。漢文は外国語である。それを日本古語に置き換える技術があるに過ぎない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)