論語詳解398衛霊公篇第十五(20)君子は世を没して

論語衛霊公篇(20)要約:生きている間の無名を嘆く孔子先生とその一門ですが、無名を恐れたのは死後にも同じでした。しかもそれを恐れたのは一門に限らず、中国人誰もが抱える悩みです。ちょっと日本人には想像のつかない執念の話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子疾沒世而名不稱焉。」

書き下し

いはく、君子くんしぼつたたへられざるをにくなん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「君子(諸君)はこの世を去って名前が呼ばれないのを必ず気に病むものだ(きっと気に病むだろう)。」

意訳

君子という者は、死後の無名を忌み嫌うものだ。

諸君は死んだ後の無名を恐れているのだろう?

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子といえども、死後になっても自分の名がたたえられないのは苦痛である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、二つの解釈があり得てどちらとも決めがたい。一つは貴族としての”君子”。もう一つは呼びかけとしての”諸君”。詳細は論語語釈「君子」を参照。

論語 疾 甲骨文 論語 疾 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”気に病む”。語源は矢で射られたような急性で致死性の病気。

沒(没)

論語 没 金文大篆
(金文)

論語の本章では”居なくなる・死去する”。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、殳は「うずまく水+又(手)」の会意文字で、うずまく水中にからだをもぐらせて潜水することを示す。沒は、その原義をより明らかにあらわすため水をそえた字。勿(ブツ)・(モチ)(ない、見えない)と同系。また、物故(死ぬ)の物(見えなくなる)とも同系のことば、という。

稱(称)

論語 称 篆書
(篆書)

論語の本章では、”呼ばれる・讃えられる”。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、爯(ショウ)は「爪(手)+物が左右に平均してたれた姿」の会意文字で、左右平均してたれた物を手で持ちあげるさま。稱は「禾(作物)+〔音符〕爯」で、作物をぶらさげて重さをはかること。持ちあげる、はかるなどの意を含む。丞(ジョウ)(持ちあげる)・勝(持ちあげる)・昇(上にあげる)などと同系のことば、という。

焉(エン)

論語 焉 金文 論語 焉 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”きっと…である(だろう)”。文末についた場合は断定を表す。「矣」と同じ用法だが、矣ほど断定の程度が強くない。語源はエンという名の黄色い鳥という。詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語:解説・付記

論語の前章で、孔子一門が無名をことのほか恐れているのを記した。しかし一門が恐れたのはただこの世に在る時の無名だけでなく、死後にも及ぶことが本章の内容。事は恐らく、一門だけに限らず、論語の時代からすでに中国人は生前没後の無名を恐れに恐れた。

一門の死後の名声へのこだわりは、論語の他の章にもそれが現れている。

論語 孔子
そのあたりの愚夫愚婦が、つまらぬ忠義立てをして我から身投げをしたり、首を吊ったりして、誰も知る人はいませんでした、と言うのとは違うのだ。(論語憲問篇18)

実際に富は万能ではない。他にも大事なものがある。
斉の景公は馬四千頭を飼っていたが、死んでも民は讃えなかった。
ハクシュクセイは首陽山で飢え死にしたが、民は今になっても賞賛している。
そういうことだな。(論語季氏篇12)

死後の無名への恐れは、「チクハク(=竹と絹に記された文書。歴史書)に名をる」「セイ(=歴史書)に名を残す」という故事成語にも現れている。それをからかって、明代の笑い話集『笑府』はこう書く。

金持ちだが無名の王ばあさん、死ぬに当たって道士を呼び、どっさり謝礼を渡してこう言った。「どうか死後の名声のために、故郷にも轟くような立派な戒名を書いておくれ。」

王ばあさんが亡くなって、困った道士は迷ったあげくに、位牌にこう書き記した。

「大勲位功一級元宰相元帥枢密顧問官公爵文学博士誰々の隣に住まう王ばあさんの霊位」
(巻八・題柩)

すさまじい執念と言うべきだろう。いや、道士の商道徳こそ賞賛されるべきだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)