論語述而篇(じゅつじへん)第七現代語訳

このページの凡例

論語述而篇:要約

論語 アルファー 論語 孔子 キメ
アルファー:こんにちは! ナビゲーターAIのアルファーです。

孔子:解説の孔子じゃ。

アルファー:先生、述而篇はどんなお話なんですか?

孔子:うむ。述而藩は主に我が孔子塾の日常風景を描き、加えて革命的復古主義政治集団としての、我が孔子一門の活動をわずかに記しておる。

別ページに移して記したが、原文には弟子が、ワシの人となりについて述べた部分もあるぞ。

論語 アルファー8
アルファー:それでは、始めましょう。

1

やれやれ、調べようにもいにしえの記録は断片しかない。集めてまとめておこう。
だが勝手に書き加えはしないぞ。記録は正しいと信じてそのまま残そう。

ふふふ、これで老子先生と肩を並べるぞ。


論語 アルファー6 論語 孔子
アルファー:先生、「老ホウ」って誰のことですか?

孔子:すまぬ。忘れてしもうた。確か老子先生のことを言ったような覚えはあるが、「彭」は誰だったか、よく思い出せんのじゃ。

さらに詳しく

2

黙って情報を採る。飽きないで勉強する。うんざりしないで教える。

…これぐらい私にはなんでもないさ。

さらに詳しく

3

私もまだまだだな。

徳=隠然たるパワーが身に付いてない。学んだことがとっ散らかっている。正しいことを見て真似できない。悪い習慣がやめられない。

弟子「そんなことありませんよ、伸び伸びと楽しそうじゃないですか。」

さらに詳しく

4

論語 孔子 寝る 論語 周公旦
私も歳だな。長いこといにしえの賢者周公さまの夢を見ないとは。


論語 アルファー 16 論語 孔子 不愉快
アルファー:先生って、会ったことのない人まで夢に見られたんですね。それってすごいファンタジーじゃないですか。

孔子:む、まあな。しかし古今東西、大きな仕事をした者は皆、ファンタジーの人じゃぞ? ワシばかりではないわ。

さらに詳しく

5

諸君。

まず技術を身につけろ。
その力で有能な者として認められろ。
礼法の原則に従って行動しろ。
まともな芸事で遊べ。


論語 アルファー7 論語 孔子 水面
アルファー:ここでもやっぱり、徳って能力のことなんですね。

孔子:そうじゃ。徳を道徳と考えている間は、論語に何が書いてあるかは分からんのじゃぞ。道も道徳ではなく、方法や、やり方の事じゃ。

さらに詳しく

6

過去を綺麗さっぱり捨て去るなら、誰だって教えてあげるよ。


論語 アルファー4 論語 孔子 居直り

アルファー:あれれ先生、「束脩ソクシュウ」って、入門料に差し出す干し肉の束じゃないんですか?

孔子:いんや全然違う。過去を洗い流すことじゃ。干し肉うんぬんは、不勉強な儒者が、ガキのように言い張っただけじゃ。詳しくはどこぞの作者が書いておるから、暇つぶしに読んでやってくれい。

さらに詳しく

7

疑問で膨れあがって、やっと解決の糸口が見える。
思いを言いよどんで、やっと適切な言葉が飛び出てくる。
だから基礎を教えて応用まで行かない者には、くどくど基礎を繰り返して言わない。


論語 アルファー5-2 論語 孔子 熱
アルファー:先生、なんだかずいぶん厳しい教育方針に聞こえますが。

孔子:いいやそうではない。教育とはかんで含めることではない。赤ちゃんじゃないのじゃからな。自分で知ろうとしない間は、教えるにも教えようがないのじゃ。

さらに詳しく

8

顔回に言った。
論語 顔回

孔子「仕官できればまじめに働き、出来なかったらのんきに暮らす。私とお前だけだな、これは。」

聞いて子路が言った。「でも戦場には私をお連れになるでしょう?」
論語 子路8

孔子「いやだね。お前は虎を見れば殴りかかるし、川にさしかかるとジャブジャブ飛び込む。死んでもかまわんと思っている奴を、いくさの副官に出来るか。慎重で、作戦を立てられる者を連れていくわい。」

さらに詳しく

9

儲かる儲け話なら、その下働きの御者だってやるわい。儲からない儲け話なら、好き勝手にするさ。


論語 アルファー2 論語 孔子 キメ
アルファー:「富にして求むべくんば」って、別に儲け話を嫌ったわけじゃないんですね。

孔子:そうじゃ。政治工作にはとにかくカネがかかる。カネを何か汚いものであるかのように解釈したのは、後世の儒者の偽善というものじゃ。儲かるならワシは何だってしたわい。

さらに詳しく

10

政変があって私は斉に逃げた。そこで古楽のショウを聞き、三ヶ月寝食を忘れて言った。
「すごいすごい。すごい曲だ。」


論語 アルファー3 論語 孔子 水面キラキラ
アルファー:先生が一番得意なのは音楽でしたよね。韶の曲ってそんなにすごかったんですか?

孔子:ああ、すごかったぞ。三ヶ月間、何を食ったか忘れたほどじゃ。

さらに詳しく

11

私と弟子一同が亡命中の衛国に、殿様のお家争いがあった。
冉有ゼンユウ「先生はどっちにつく?」
子貢シコウ「よし、私が聞いてみよう。」
論語 冉求 冉有 論語 子貢

子貢「…先生、伯夷ハクイ叔斉シュクセイってどんな人ですかね。」

論語 孔子 疑問
孔子「何の謎かけだ。むかしの賢者だろうが。」
子貢「せっかく殷周革命に乗って成り上がろうとしたのに、プレゼンには失敗する飢え死はする、やるんじゃなかったと後悔したんですかね。」
孔子「いや。革命軍の前で大演説を一席ぶって、名前だけでも天下公認の仁者になれたんだ。満足だろうよ。でも私はそんな真似しないぞ。こんなこそ泥さわぎにつきあっておれるか。」

論語 子貢 自慢
子貢が戻って言った。「先生はどっちにもつかないつもりだ。」

さらに詳しく

12

冷や飯を食って水を飲み、ひじを枕にごろ寝。こんな生活もいいものだ。
悪事を働いて出世しても、雲のような価値しかない。

さらに詳しく

13

あと数年、五十になっても勉強するなら、大失敗をしでかさずに済むに違いない。


論語 アルファー5 論語 孔子 楽
アルファー:確かにそうですよね。でもこのお話、「易」の勉強についてじゃなかったんですか?

孔子:ああ、いま出回っておる論語の本ではそうなっておるな。じゃが古代の本では、「易」のえの字も書いておらん。それはまあいいとして、もし易を学ぶにしても、そうやすやすとは学び取れぬものじゃ。

アルファー:確かに易って、何だかよく分かりませんものね。まるでおまじないのようで。

孔子:そう見えるかも知れぬが、易は言うなれば確率と統計じゃ。論語の時代としては、立派な数学だったんじゃよ。

さらに詳しく

14

論語 子路 論語 葉公
子路が楚の属国・葉の領主の所へ政治工作に行って、聞かれた。
葉公「孔子どのはやり手か?」
子路「わかりません。」

戻ってきた子路に私は言った。
「取り込めなんだのか。言ってやれば良かったのじゃよ、計略を思いついたら寝食を忘れ、当てが有卦うけたら頭痛を忘れ、老い先も短いのに謀略に励んでいるお人です、とな。」

さらに詳しく

15

私は生まれつき物知りなわけではなかった。
古記録を好んでガツガツと取り込んできただけさ。

さらに詳しく

16

たった三人で連れだっても、互いに学べるものだ。

よいところを真似し、よくないところを真似しない。簡単だ。

さらに詳しく

17

論語 桓魋
宋の将軍・桓魋カンタイが暴れ込んできたので、言ってやった。

「お前さんとは年期が違う。やられたりするものか。」


論語 アルファー 15 論語 孔子 不愉快
アルファー:なんでよその国の将軍が暴れ込んできたのですか?

孔子:む…まあ言ってしまっていいじゃろ。ワシが呉国をちょいと突っついて、宋国のすぐ隣までの土地を占領させたんじゃよ。そのついでに、ワシの弟子じゃった将軍の弟を、見殺しにすることになった。

論語 アルファー 14 論語 孔子 居直り
アルファー:えーっ! それって悪じゃないですか。

孔子:いんや違う。呉国を覇者に仕立て上げ、戦乱の世を収めるためじゃ。少々の犠牲は当然じゃ!

さらに詳しく

18

奥義を教えてくれないと弟子が愚痴る。そこで言ってやった。

「諸君、隠してはおらんよ。隠すことなぞ無いよ。世の教師稼業の連中と違って、私はもったいつけて諸君に隠したりせんよ。」

さらに詳しく

19

聖人=万能の人には会ったことがないが、君子らしい人にはきっと出会える。
善人=有能な人には会ったことがないが、不動心を持った人にはきっと出会える。
その人は不足があっても心配せず、泰然としていた。

だがいつまで心の緊張が続くのだろう、不動心とは難しいものだ。

さらに詳しく

20

同業者の本を読んだ。

孔子「こりゃあ分かっとらんのに書いてるな。私はそうではないぞ。情報をたくさん取るのはいいが、理にかなったことだけ覚えておればいいものを。誰が言ったか分からぬハッタリに振り回されておるわ。まだ分かっとらんよこの男は。」

さらに詳しく

21

互鄕ゴキョウの村は、奴隷に落とされた罪人の住む村だった。そこから奴隷がやってきて入門を願ったが、弟子は互いに「うわー」と言うだけで取り次がない。様子に気付いた孔子が言った。

「あきらめず、自分で人生を切り拓こうとしてるんだ。手助けしてやろうじゃないか。ひどいじゃないかお前たち。罪を犯した過去を、綺麗さっぱり捨て去ろうとしてるんだ。立派じゃないか。」


論語 アルファー17 論語 孔子 水面キラキラ
アルファー:曰く言い難い村って、ひょっとしてサベツのことですか?

孔子:うむ。論語の時代の中国は、国と言っても国境線が引けるようなものではなくてな。城壁に囲まれたまちやむらが原野にポツリポツリとあって、そのスキマにはさまざまな人が暮らしておった。中には昔の捕虜の末裔や、奴隷や罪人の集落もあったんじゃ。

しかし同じ人ではないか、勉強したいというなら、ワシはサベツをしなかったのじゃ。

さらに詳しく

22

貴族になるのはそう難しいことではない。自分が貴族だと思えば、もう貴族だ。

さらに詳しく

23

南方の陳国に政治工作に出かけた時のこと。司敗=法務大臣どのが先生に問うた。

司敗「お国のお殿様、昭公さまは、礼を知る人でしたか?」
孔子「ええ、ご存じでした。」

先生はその場を去った。司敗どのは居残った弟子の巫馬期にお辞儀して言った。

司敗「君子はつるまないものだと聞いていましたが、隠し事をするとは…。昭公様は親戚の呉から奥様を迎えられたのに、名前を変えてごまかした。昭公様が礼を知るなら、誰が知らないと言えましょう。」
巫馬期は話をそっくり先生に伝えた。

孔子「ワシは幸せ者じゃのう。間違いをやらかすと、すぐに誰かが教えてくれる。」

さらに詳しく

24

私は人並みの努力は出来る。
だが四六時中、貴族らしく振る舞うのはまだできない。


論語 アルファー7 論語 孔子 褒める
先生、「文バクはわれなお人の如くなり」ってどういう意味ですか?

アルファー:うむ。文莫とは音の近い勉のことでな、一生懸命になることじゃ。ワシの生まれた魯国など、中国北部の方言じゃ。それが分からなくていろいろ解釈されておるが、方言だと気付いた日本の学者は、天晴れじゃ。

さらに詳しく

25

私が聖人・仁者だって? とんでもない。
ただそうあろうと努め、そうなろうと人を教え諭すだけのことは、やっているつもりだ。

さらに詳しく

26

私が寝込んだときのこと。子路が血相を変えて言った。

論語 子路 驚愕
子路「おはらいしましょう。」
孔子「何か霊験あらたかな祝詞のりとでもあるのか?」
子路「ここにあります。え~、かしこみィ~かしこみィ~。」
孔子「それ、私が教えた祝詞じゃないか。その程度ならずっと自分で唱えておるよ。」


論語 アルファー5-2 論語 孔子 キメ
アルファー:先生って神頼みしないんですね。

孔子:そうじゃ。ワシが出る前の儒者とは、冠婚葬祭業者と占い師とまじない師を兼ねておって、言わば庶民の神頼みの代行人じゃ。しかしそれでは、まるで黒魔術じゃろ? ワシは神をけなしはしなかったが、本当におるとは思っておらなんだ。

だから弟子の子夏にも、そうした小人の儒、つまり神頼み屋に成り下がるな、と教えたのじゃ。

さらに詳しく

27

人は金持ちになると威張り出す。貧乏すると頑固になる。

…頑固の方がまだましだな。

さらに詳しく

28

貴族とは、自信があるから、ひろびろとゆったりする者を言う。
凡人とは、自信が無いから、いつまでも愚痴を言う者を言う。

さらに詳しく


論語 アルファー18
アルファー:論語述而篇はこれでおしまいです。みなさん、おつかれさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)