論語152述而篇第七(5)甚だしいかな吾が衰え

論語述而篇(5)要約:論語は前半・後半で、全く別の本の合冊と言われます。述而篇がつまらないのは、編集した弟子にもそろそろネタ切れで、「そう言えばああだった」という、弟子たちだけの楽屋ネタが多くなったのが原因と思われます。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「甚矣、吾衰也。久矣、吾不復夢見周公。」

書き下し

いはく、はなはだしいかなおとろへたるひさしいかなゆめ周公しうこうざりし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 ぼんやり
先生が言った。「はなはだしいな、私の衰えは。長いな、私がもう周公の夢を見なくなってから。」

意訳

論語 孔子 寝る 論語 周公旦

どうも歳を取るといかん。ずいぶん長いこと周公の夢を見なくなった。

従来訳

 先師がいわれた。――
「私もずいぶん老衰したものだ。このごろはさっぱり周公の夢も見なくなってしまった。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

甚(ジン)

論語 甚 金文 論語 甚
(金文)

論語の本章では”はなはだしい”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、匹とは、ペアをなしてくっつく意で、男女の行為を示す。甚は「甘(うまい物)+匹(色ごと)」で、食道楽や色ごとに深入りすること。深・湛(タン)(深く水をたたえる)・探(深く手を入れてさぐる)・貪(タン)(深入りしてむさぼる)などと同系のことば、という。

矣(イ)

論語 矣 金文大篆 論語 見返り美人図 矣
(金文)

論語の本章では、詠嘆の言葉として用いられている。原義は人の振り返った象形で、断定を意味する。

衰(スイ)

論語 衰 金文 論語 衰
(金文)

論語の本章では”衰える・老衰する”。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「衣+みのの垂れたさま」で、みののように、しおたれたの意を含む。力なく小さくしおれること。蓑(サイ)(みの)の原字。砕(サイ)(小さい)・摧(サイ)(小さくくだく)と同系のことば、という。

論語では病気と老いとを区別しておらず、老いは病気の一種と捉えられていた。

吾不復夢見周公

論語 夢 甲骨文 論語 夢
「夢」(甲骨文)

論語の本章では、”私は周公の夢を見なくなった”。

「夢」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、上部は、蔑(ベツ)(細目)の字の上部と同じで、羊の赤くただれた目。よく見えないことをあらわす。夢は、それと冖(おおい)および夕(つき)を合わせた字で、夜のやみにおおわれて、物が見えないこと。

「復」は”ふたたび”で、『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、复(フク)は「夂(あし)+〔音符〕畐(フク)」の形声文字。畐は腹のふくれたほとぎ(湯水を入れる器)で、ここでは音を示すだけで、意味には関係がない。

報道の報(仕返す)と同系のことばで、↓の方向に来たものを↑の方向にもどすこと。復は、さらに彳(いく)を加えたもので、同じコースを往復すること、という。

周公

論語 周公旦
論語の本章では、周公旦。姓は姫、名は旦。周王朝開祖の文王の四男で、事実上の初代武王の弟。魯に封じられ(=領地を与えられ)たが、武王が早くに死んだので、まだ幼かった後継の成王の補佐を、燕に封じられた召公(ショウコウ)と共に行った。

副都洛邑ラクユウを建設し、叛乱を鎮圧し、礼法を定めたとされる。

孔子にとっては文武両道の政治家で周の文化の開祖であり、聖人として崇めていた。

論語:解説・付記

本章から取れる情報は、孔子が周公を慕っていた、ということだけである。架空の事物が夢に出てきたことのない訳者には、孔子の気持ちは想像するしかない。「他人の夢の話ほど聞いてつまらないものはない」と聞いたことがあるが、それは孔子であっても変わらない。

弟子たちはそれでもこれをメモに残し論語に載せたと考えるべきなのか、枯れ木も山の賑わいで入れたのか。もし有力な説の言う通り、論語の前半は有若と曽子の一派の影響が強いとすると、枯れ木に山と言うより、孔子の神格化のために載せたように感じる。

それを敏感にかぎ取って後世笑い話にした話は、論語公冶長篇9に記した。孔子が周公を礼法の祖と崇めた理由は、こんにちもう伝わらない記録に、周公曰く、で始まる礼法書があったのかも知れない。しかしそれが論語にいう礼と一致するかどうかは、訳者にはわからない。

だが恐らく一致しないだろう。以下は想像だが、孔子はあこがれの人物像として仁者を想像したからには、入手できるあらゆる古記録から、仁者にふさわしいスペックを貼り付けていったと思うからだ。例えば『史記』でのシュンのように、家族に殺されかけても笑顔だったとか。

仁者もまた孔子の夢想である以上、それを体現した顔回の人となりも、想像する手がかりがない。夢の話を言葉に置き換えようとして、歴代の儒者は頭を絞ったが、それは所詮、その儒者の想像に過ぎない。従って顔回の実像を、現伝の『礼記』類からは復元できないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)