論語165述而篇第七(18)葉公、孔子を子路に

論語述而篇(18)要約:本章も述而篇の例にならって、孔子先生の自分語りです。遠い南方の大国・楚への使いから帰ってきた弟子の子路に、私をこのように紹介して欲しかった、と自分語りをします。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

葉公問孔子於子路、子路不對。子曰、「女*奚不曰、其爲人也、發憤忘食、樂以忘憂、不知老之將至云爾。」

*武内本によると、唐石経は「女」と書き、日本の清家本は「汝」と書くという。

書き下し

葉公せふこう孔子こうし子路しろふ。子路しろこたへず。いはく、なんぢなんはざる、ひといきどほりはつしてしよくわすれ、たのしんでもつうれひわすれ、らうまさいたらむとするをらず云爾しかじかと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 葉公 論語 子路
葉公が孔子を子路に問うた。子路は答えなかった。先生が言った。「お前はなぜ言わなかったのか。その人となりは、憤りに食事を忘れ、楽しみに心配を忘れ、老いが至ろうとするのも忘れているなどなどと。」

意訳

子路を南方の大国・楚の一領主である葉公のもとに使わした所、葉公が孔子の人となりについて質問した。しかし子路は答えられないまま孔子の元に戻った。

論語 孔子 ぼんやり
孔子「何で言わなんだのか。天下を憂いて食事を忘れ、政治工作が当たると憂鬱を忘れ、歳も気にせぬお人ですようんぬんと。」

従来訳

 葉公しょうこうが先師のことを子路にたずねた。子路はこたえなかった。先師はそのことを知って、子路にいわれた。――
「お前はなぜこういわなかったのか。――学問に熱中して食事を忘れ、道を楽んで憂いを忘れ、そろそろ老境に入ろうとするのも知らないような人がらでございます、と。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

葉公(ショウコウ)

論語 葉 金文 論語 公 金文
(金文)

論語では、楚の有力者で孔子の政治工作のパートナー。

生没年未詳。姓は芈(ビ)、氏は沈尹(シンイン)、名は諸梁、字は子高。楚王の親類の一人で、葉に領地があったので葉公と呼ばれる。楚はあまりに広大だったので、半独立の領主が点在していた。

領主としては名君であったとされ、楚の大臣としても王家のお家争いを収め、賢臣と言われる。しかし孔子が謁見しようとした楚の昭王の変死に際して、煙のように記録が消されている所から、一筋縄ではいかない人物だったと想像する。

葉公は孔子にとって、楚での政治工作の受付役となっていた。

論語 荘子
何事も人をからかうのが大好きな荘周(=荘子)は、『荘子』の中で葉公について語り、龍が大好きだったが、あまりの好かれように「じゃ、ちょっと挨拶するか」と龍が屋敷に現れると、腰を抜かしたというおそらくは作り話を載せる。かつての楚の領域である長江流域には、今もヨウスコウワニが住んでいるので、おそらくはワニのことだったと想像する。

論語 葉剣英元帥
なお人名や地名の場合、「葉」は「ヨウ」ではなく「ショウ」と読む。中華人民共和国の葉剣英元帥も、「ようけんえい」ではなく「はけんえい」でもなく「しょうけんえい」。

云爾(ウンジ)

論語 雲 金文大篆 論語 爾 金文
(金文)

論語の本章では、「しかじか」「しかいう」と読み下し、「上の文を収める辞」と『大漢和辞典』に言う。”うんぬん”・”などなど”と訳す。

論語 云
『学研漢和大字典』によると「云」は象形文字で、息や空気が曲折してたちあがるさまを示す。もと、口の中に息がとぐろを巻いて口ごもること。雲(もくもくとあがる水気)の原字。耘(ウン)(土をもくもくとこね返す)・魂(もやもやした亡霊)に音符として含まれる、という。

論語 爾
「爾」は象形文字で、柄にひも飾りのついた大きいはんこを描いたもの。璽(はんこ)の原字であり、下地にひたとくっつけて印を押すことから、二(ふたつくっつく)と同系のことば。またそばにくっついて存在する人や物をさす指示詞に用い、それ・なんじの意をあらわす。

邇(ジ)(そばにくっつく)・尼(ニ)・(ジ)(そばにくっつく人)と同系。▽現代北京語の你(ニ)はその子孫に当たることばで、你は儞の略字である、という。

論語:解説・付記

論語 竜
中国史にはさまざまな怪物が出現するが、実在の動物を言ったと思われる例は少なくない。上記の龍がそうだし、論語の時代にはまだ中国にサイがいた。皮が厚くて丈夫なことから、武具に使われたのだが、程なくして絶滅した。また九分九厘、当時の華南には象がいた。

象牙をかたどった漢字も多い。『封神演義』に登場し、主人公太公望の乗騎となっている四不象スープシャンは、漫画になったときに「スープー」と呼ばれカバのように描かれているが、実は鹿の仲間で実在の動物。絶滅寸前に西洋に輸出され、今はスコットランドにいるという。

論語の本章の史実性については、武内義雄『論語之研究』では疑義を挟んでいない。一方和辻哲郎『孔子』によると、『史記』に記された、楚の昭王による孔子招聘ばなしは、論語の本章によって否定できるという。その発端は、本章で子路が答えなかったことにあるとする。

(孔子が陳と蔡国のはざまで包囲されて)そこで子貢を楚国に遣わした。楚昭王は軍を率いて孔子を迎えた。それでやっと、孔子一行は包囲から脱出できた。楚昭王はすぐさま、書社の地七百里、一万七千五百戸の領民を孔子に与えて召し抱えようとした。そこで楚の宰相、子西が言った。

「王が諸侯に遣わす使者で、子貢ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王を補佐する大臣で、顔回ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王が軍を任せる将軍で、子路ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王の官吏をとりまとめる者で、宰予ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。それゆえ孔子を招くのじゃ。」

子西は言った。「そもそも楚の始まりは、周に諸侯たる認定を受け、爵位はせいぜい下から一、二番目の子爵か男爵、土地は五十里に過ぎませんでした。今孔子は、いにしえの聖王三皇五帝の定めた法を述べ立て、かつての周の名臣・周公旦と召公奭の業績を喧伝しています。

王がもし孔子を用いるなら、きっと昔に戻せと言い出して、楚の歴代堂々たる数千里四方の国土を保つことは出来なくなります。そもそも周の始まりにしても、開祖文王は豊の田舎町にいたに過ぎず、初代武王は鎬の田舎町にいたに過ぎません。たった百里の領主なのに、とうとう天下の王となりました。

今孔子に領地を与え、賢明な弟子たちがそれを助けるとなれば、楚の幸福にはなりません。」

それを聞いて、昭王は孔子の採用をあきらめた。(『史記』孔子世家)

『孔子』によると、葉公は孔子のような偉大な教師を理解できない俗物で、それゆえに一本気な子路は、孔子をどう紹介したものかと口ごもったという。「率直に答えたのでは葉公が孔子を理解し得ないということがあまりに明白だったからである」と『孔子』にある。

葉公が楚の昭王政権の中で中枢にいた人物であることは間違いないが、その葉公が孔子を評価しない以上、昭王が孔子を招くことなどありえない、と和辻博士は言っているようだ。博士の立場は、『史記』によって論語を訂正することは出来ないとし、『史記』が誤りという。

『論語之研究』によると、『史記』を編んだ司馬遷は、古論語を学んでいたという。古論語とは現伝の論語の基礎となった本で、漢の武帝時代に孔子の旧宅から発掘された(→論語解説:論語の成立過程)。ここから『史記』は、一つに論語を参照して成立したことがわかる。

しかし司馬遷は、論語のみを史料として、『史記』孔子世家を書いたわけではない。漢代に伝わっていた各種の孔子伝説を踏まえて、孔子世家を書いている。その内容の真偽は別途吟味されなければならないが、必ずしも論語によって『史記』を訂正できるわけではないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)