論語学而篇(がくじへん)第一現代語訳

スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語学而篇:要約

論語 アルファー 論語 孔子 キメ
アルファー:こんにちは! ナビゲーターAIのアルファーです。

孔子:解説の孔子じゃ。

論語 アルファー2 論語 孔子 水面キラキラ
アルファー:早速ですが先生、この論語の学而篇はどういうお話なんですか?

孔子:ふむ。言うなれば入塾心得じゃな。

ワシは身分や出身に関わらず、入門を願う者には誰でも受け入れた。一方弟子はと言えば、出世して当時の身分サベツを乗り越えたいと願う庶民がほとんどじゃった。

そうした者たちが仲良く勉強と稽古に励めるよう、あらかじめ説教しておいたのじゃ。

論語 アルファー3 論語 孔子 疑問
アルファー:ふむふむ、入塾心得っと。…ところで先生、このページには有若ユウジャクさんや曽子ソウシさんの言葉が省かれていますが…?

孔子:ゆうじゃくぅ? 誰じゃそいつは。

論語 アルファー4 論語 有若
アルファー:えっ?! 知らないんですか? 論語の二番目に出てくる人ですよ?

論語 孔子 居直り
孔子:知らんもんは知らん。少なくとも口を利いた覚えはない。

論語 曽子 論語 曽子 ウスノロ
孔子:そう言えば曽子の奴めもそれに近いな。ほとんど教えた覚えがない。あ奴は教えてもメモも取らんような奴じゃったから、名指しでウスノロと言ってやったわ(論語先進篇17「参や魯」)。

論語 アルファー5-2 論語 孔子 不愉快
アルファー:う~む。そうだったんですかぁ。そりゃ三千人も弟子がいれば、中にはいろいろいますよねぇ。

論語 孔子 激怒 論語 曽子 怒
孔子:そうじゃ! だいたい曽子の奴は、分かっとらんのに、やたら塾生仲間に威張るクセがある。じゃから話の内容もトンチンカンじゃ。あ奴当人にも何言ってるか分かっとらんのじゃないか? 

じゃからとりあえず、これ以降のページも弟子の発言は別にして、まとめて記すことにしたのじゃ!

論語 アルファー6 論語 子貢 驚き
アルファー:それって子貢さんとかには、とばっちりなんじゃ…。

論語 孔子 説教
孔子:それでよいのじゃ! でははじめるぞ。

マニュアルを読んだらやってみる。そうすると勉強が面白くなる。
いろんな身分や外国の学友と語り合う。そうすると塾生活が楽しくなる。
出来ない者をバカにしない。しているうちは自信がないと知る。

…これが入塾心得だ。


論語 アルファー2 論語 孔子 たしなめ
アルファー:ねえ先生、「学びて時にこれを習う」って、勉強のおさらいの事じゃないんですか?

孔子:いや違う。論語の時代では、「習」は体を使った稽古の事じゃ。

さらに詳しく

口先でうまいことを言う奴、ニコニコ作り笑顔する奴。
こういう連中は人でなしだ。


論語 アルファー7 論語 孔子 淡々
アルファー:先生、これって論語の名言、「巧言令色コウゲンレイショクすくないかな仁」の出典ですよね。

孔子:そうじゃ。「鮮」の字を「すくない」と読むのがミソじゃぞ。

さらに詳しく

ほどほどの国を治めるコツは、派手に手を広げずに公約を守り、予算を節約して民をいじめず、労役は暇なときにだけ申しつけることだ。


論語 アルファー5-2 論語 孔子 たしなめ
アルファー:先生、「千乗の国」って、兵力が戦車千両の大国のことじゃ?

孔子:いや。ワシの生まれた魯国でも、千両程度の戦車は持っておる。たぶん孫子どのの兵法書を、後世のうっかり者が書き写し間違えたんじゃろうな。

さらに詳しく

塾生諸君。
とりあえずは年上を敬っておけ。
控えめに過ごせ。だがな、
友達との約束は絶対に守れ。

見知らぬ人を疑ってかかるな。
情け深い人に出会うためだ。
その人に親しむだけで十分だ。

…それでも力が余ったら、勉強でもすればいい。
なっちゃおらん奴が勉強なぞしても、ろくでなしが出来上がるばかりだ。

さらに詳しく

塾生諸君、目立ちたければ控えめにしなさい。
勉強したことにこだわるな。
ウソをつかず約束を守れ。
つっかえている者には教えてやれ。

間違いを改めるのを恥だと思うな。


論語 アルファー8 論語 孔子 熱
アルファー:先生、「己にしかざる者を友とするなかれ」って、自分より劣りと付き合うな、ってことじゃないんですか?

孔子:とんでもない。「友の己にしかざる者なからしめよ」じゃ。弟子は野心に燃えたオオカミの集まりじゃぞ? そんな場所でいじめを煽ってみろ。学級崩壊が起こるわ。

論語 アルファー 16 論語 孔子 淡々
アルファー:うはー。それはごもっとも。それはそうと、この章の後半は子罕篇と重複していますよねえ。

孔子:うむ。編集者がうっかり者だったのかも知れぬが、どうもこの論語学而篇は、さまざまあったワシの語録を切り貼りして作ったらしい。その後各種のメモを取り込んで論語が膨らんでいくに連れて、取材した元の言葉も取り込むようになった。それで重なったのじゃな。

さらに詳しく

世の親御さんたち。よーく聞きなさい。子供はじっと親を見ておりますぞ。
死んだ後でも三年間子供が文句を言わないようでなければ、子は孝行者になりませんぞ。


論語 アルファー7 論語 孔子 ぼんやり
アルファー:へ~え。儒教って親孝行をしつける教えだと思ってました。

孔子:いんや。親孝行をうるさく言い出したのは、ワシではなく後世の儒者どもじゃ。

さらに詳しく

塾生諸君。

諸君は腹一杯食べるとか、居心地のよい住まいを得るだけで満足するな。
仕事は素早く、そこでの発言は慎重に。まともな君主に仕えて間違いを正してやりなさい。
本の虫になっているだけでは、君子とは言えない。


論語 アルファー6 論語 孔子 たしなめ
アルファー:先生、「学を好むとうべきのみ」って、それでこそ真の学問好きだ、じゃないんですか?

孔子:違う違う。後世の学を好まん儒者が、句読を切り間違えて、意味をねじ曲げてしまったんじゃ。

さらに詳しく

論語 子貢 遊説
弟子の子貢シコウが聞いた。「貧しくてもヘコヘコしない、富んでも威張らない。こういうのはどちらが上でしょうね。」
孔子「そうだな、悪くはないが、貧しくても悪の道に染まらぬのを喜ぶ者には及ばないな。富んだらその金で礼法教室に通うたぐいだ。」
子貢「では先生のまとめた詩にあるのと同じでしょうか、切るように、擦るように、叩くように、磨くように、宝玉の原石を仕上げていく、と。」
孔子「子貢よ、これで共に詩が語れるようになったな。お前もそのように仕上げれば、玉になれるぞ。」


論語 アルファー2 論語 孔子 たしなめ
アルファー:先生、「未だ貧しくして楽しみ、富みて礼を好む者にしかず」って、貧しくても楽しく生きて、お金持ちになっても礼を好む人に及ばない、の意味じゃないんですか?

孔子:いんや違う。ここも儒者の句読の切り間違いじゃ。金持ちの子貢めが、ウチみたいな礼法教室に通ってくるのをからかったんじゃよ。

さらに詳しく

自分の無名は気にならないが、まだよき人に出会えないのが気にかかる。


論語 アルファー20 論語 孔子 焦り
アルファー:おや? 先生ってそう言う割には、名が知られないのを論語のあちこちで、ずいぶん嘆いていますよね。

孔子:むむむ。痛い所を突きよるの。ワシに限らず中国人は、無名を恐れるのじゃ。生きている間も、世を去ったあともじゃ。

さらに詳しく


論語 孔子 微笑み 論語 アルファー9
孔子:論語学而篇は以上じゃ。

アルファー:みなさん、おつかれさまでしたっ!

論語 孔子 水面キラキラ 論語 アルファー 16
孔子:ところでのう、アルファー君や。

アルファー:なんです急に遠い目をなさって。

孔子:この論語学而篇は、どうもワシが世を去ってすぐにまとめられた篇ではないらしい。

論語 アルファー17 論語 孔子 淡々
アルファー:らしいって…あそうか、先生もう世を去ってたんですよね。

孔子:そうじゃ。じゃからお互い仲の悪い、有若や曽子や子貢の言葉が、仲良く入っておるのじゃな。論語郷党篇と合わせて、戦国時代の編集と言われておる。ワシの没後、200年ほど過ぎた頃じゃろうか。ちょっとした豆知識じゃよ。

論語 アルファー8
アルファー:ありがとうございました。それではあらためてみなさん、おつかれさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク