論語166述而篇第七(19)我は生まれて

論語述而篇(19)要約:本章も孔子先生の自分語りです。先生に感情移入できないと、老人のつまらないつぶやきでしかありません。「はあそうですか」と読み飛ばして構わないでしょう。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「我非生而知之者、好古、敏以求之者也。」

書き下し

いはく、われうまこれものあらず、いにしへこのみて、くしてもつこれもとむるものなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「私は生まれつきものを知っていたわけではない。昔を好んで、休みなくそれを求めた人間である。」

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
私だって生まれつき物知りではない。昔を好んで、ガツガツ取り込んできただけさ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「私は生れながらにして人倫の道を知っている者ではない。古聖の道を好み、汲々としてその探求をつづけているまでのことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 知 金文 論語 知 訟
(金文)

論語の本章では”知る”と解してもいいが、”ものを知る”ではなく”礼を知る”だった可能性がある。詳細は論語における「知」を参照。「知」の原義は『学研漢和大字典』によると、真っ直ぐに事実を言い当てること。

論語 好 金文 論語 好
(金文)

論語の本章では”好む”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「女+子(こども)」で、女性が子どもをたいせつにかばってかわいがるさまを示す。だいじにしてかわいがる意を含む。このむ(動詞)は去声、よい(形容詞)は上声に読む。

休(かばってたいせつにする)・畜(チク)(大事に養う)・孝(親をたいせつにする)などと同系のことば、という。

論語 古 金文 論語 故 字解
(金文)

論語の本章では”過去の文物”。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、口印は頭、その上は冠か髪飾りで、まつってある祖先の頭蓋骨(ズガイコツ)を描いたもの。克(重い頭をささえる)の字の上部と同じ。ひからびてかたい昔のものを意味する。固(こちこちにかたい)・枯(ひからびた)と同系のことば、という。

論語 敏 金文 論語 敏
(金文)

論語の本章では”休むことなく”。詳細は論語語釈「敏」を参照。「敏」の『学研漢和大字典』による原義は、草が絶え間なく伸びるように、休まず動くこと。

論語:解説・付記

論語の時代には紙がなく、筆記は木や竹の札に記された。従って書籍はかさばって重く、印刷技術もないから書き写すしかない。庶民に文字が読める者がいなかったのは当然で、孔子は珍しい例外だった。それは母親が巫女だったからで、わずかながら書籍も生家にあっただろう。
論語 竹簡

しかし孔子の群を抜いた好奇心や向学心は、それに飽き足らなかった。母の属する呪術者集団の書籍を頼んで読ませて貰っただろうし、貴族の家を訪ね回って、書籍の閲覧を乞うたに違いない。また若年期の孔子の記録はほとんど無いが、諸国を巡って書籍を探したのではないか。

論語八佾篇9で、杞と宋について「文献がない」と断言しているのは、自ら旅して調べたのだろう。また貴族の家を巡ったことは、論語時代には本屋も図書館もないからで、書庫と言えば朝廷か、貴族の家にしかなかっただろう。同じ頼むにしても貴族の方が、気安かったのでは?

論語時代の魯国は、国公の権威が衰えると同時に、庶民の保護もまた貴族の仕事になりつつあったことが、『春秋左氏伝』の記録から分かる。おそらく青年孔子が属していたのが、門閥家老家の一家孟孫氏で、孔子は孟孫氏の書庫の閲覧を許され、ガツガツ取り込んだと思われる。

三家のうち筆頭の季孫氏は、孔子が宴会に出かけて門前払いを喰らったことから(『史記』孔子世家)、気安い関係になかったと思われ、叔孫氏は孔子との関係を示す史料がほぼ無く、これも気安かったとは思えない。しかし孟孫氏の当主孟釐子モウリシは孔子を見込み、息子に遺言した。

「私が死んだら、孔子を招き師事せよ」。おそらく読書に励む孔子の姿を見て、孟釐子は庶民ながら孔子を引き立てようとした。このことが孔子の飛躍につながったのだが、もし孔子が感心するほどの読書熱心でなかったら、その後の儒教はもちろん、論語もなかったことになる。

その後朝廷に出入りするようになってからは、魯国の保管する書籍を片端から読んだだろうが、魯は周公の末裔という由緒正しい文化国だったから書籍も多かったと思われ、この点孔子は恵まれていただろう。易もあっただろうが稀覯キコウ本だったことは、論語述而篇16から知れる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)