論語175述而篇第七(28)互鄕はともに言い難し

論語述而篇(28)要約:孔子先生はどんな出身であろうと、誰でも入門を望めば受け入れました、という、弟子による思い出話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

互鄕難與言。童子見、門人惑。子曰、「與其進也、不與其退也。唯何甚。人潔*己以進、與其潔*也、不保其往也。」

校訂

武内本:潔、唐石経絜に作る。

書き下し

互鄕ごきやうともがたし。童子どうじまみゆ。門人もんじんまどふ。いはく、すすむにくみするなり退しりぞくにくみせざるなりただなんはなはだしき。ひとおのれいさぎよくしてもつすすまば、いさぎよきにくみするなりきたるをたもたざればなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
互鄕のまちは互いに口に出来ないようなまちだった。そこから少年がやってきて孔子に入門を求めた。弟子はどうすればいいか迷った。先生が言った。「人の前進には手助けするが、後退には手助けしない。まったく何とひどいことだ。人が自分を清めて進もうとするなら、その清さを理由に手助けする。その過去を引きずらないからだ。」

意訳

互鄕のまちは口に出すのがはばかられた。そこから少年がやってきて入門を願ったが、弟子は互いに「うわー」と言うだけで取り次がない。様子に気付いた孔子が言った。

論語 孔子 キメ
「あきらめず、自分で人生を切り拓こうとしてるんだ。手助けしてやろうじゃないか。ひどいじゃないかお前たち。過去を綺麗さっぱり捨て去ろうとしてるんだ。立派じゃないか。」

従来訳

互郷ごきょうという村の人たちは、お話にならないほど風俗が悪かった。ところがその村の一少年が先師に入門をお願いして許されたので、門人たちは先師の真意を疑った。すると、先師はいわれた。――
「せっかく道を求めてやって来たのだから、喜んで迎えてやって、退かないようにしてやりたいものだ。お前たちのように、そうむごいことをいうものではない。いったい、人が自分の身を清くしようと思って一歩前進して来たら、その清くしようとする気持を汲んでやればいいので、過去のことをいつまでも気にする必要はないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

互鄕(郷)難與(与)言

論語 互 金文大篆 論語 郷 金文
「互郷」(金文)

論語の本章では、”互鄕というまち”。このまち、もしくはむらがどのような所であったかは史料にないが、難與言=人との会話で口に出すのがはばかられる土地だったということになる。

論語の時代には奴隷階級や被差別階級が有ることは『左伝』の記録にもあり、さらには中国語を話さず、中国文化に染まらない野人の集団も各地にいた。互鄕がそれのどれに当たるかは明瞭にし難いが、宗教的にタブーな何かを持つ集団だったと思われる。

あるいは、滅ぼされた夏・殷の風習をかたくなに守る、ロシア正教で喩えれば古儀式派のような存在、さらに言えばカトリックと正教会のような違いかも知れない。論語八佾篇で孔子が、「吾は周に従う」と言っているように、殷と周の間には、相当な文化的断絶が想起される。

論語 惑 金文 論語 矛盾 惑
(金文)

論語の本章では、”矛盾にどちらとも決められず迷う”。

既存の論語の解説本では、吉川本によると、「惑」とは”矛盾”であり、一切の行動を礼法に従うことを教説とする孔子一門にとっては、礼法に従わない集団から出た少年を、孔子に引き合わせるかどうかは矛盾を抱える判断だった、とお上品なコジツケで説明している。

本章はそうではなく、論語時代の差別の厳しさを物語っているのであり、礼法が孔子に会わせる条件になるのなら、入門してくる弟子は全て孔子に会えないことになる。加えてすでに入門した弟子も礼法の点では怪しい限りであり、それでは講義が受けられないだろう。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では”味方する”。『学研漢和大字典』によると力を合わせること。『字通』では、貴重な象牙を二人で持ち運ぶ姿という。

論語 進 金文 論語 進
(金文)

論語の本章では、”新たな人生を切り開くこと”。

『学研漢和大字典』によると会意。「辵+隹(とり)」で、鳥が飛ぶように前にすすむことをあらわす。信(すらすらとすすむ、いつわりのないことば)と同系のことば、という。

退

論語 退 金文 論語 退
(金文)

論語の本章では、”過去の人生に引き返すこと”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、もと「日+夂(とまりがちの足)+辵(足の動作)」で、足がとまって進まないことを示す。下へさがって、低い所に落ち着くの意を含む。墜(ツイ)(下へおちる)・頽(タイ)(ぐったりさがる)などと同系のことば、という。

論語 甚 金文 論語 甚
(金文)

論語の本章では、”ひどい扱いをする”。『学研漢和大字典』による原義は、道楽にのめり込むこと。

論語 潔 金文大篆 論語 潔
(金文)

論語の本章では”清める・過去を捨て去る”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「水+(音符)絜(ケツ)(ぐっと引き締める)」、という。

なお「絜」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声。丯(カイ)は、┃型の棒に彡型の刻みを入れたさまを描いた象形文字。㓞(ケイ)は、それに刀印を加えた会意兼形声文字。絜は「糸+(音符)㓞」で、ひもに目じるしのむすびめをつけること、という。

語義は以下の通り。

  1. {動詞}きざむ。切れめ・きざみめを入れる。《類義語》契。
  2. {動詞}つなぐ。むすぶ。ひもをむすんでゆわえつける。ひもでゆわえてぶらさげる。《類義語》結・係。「累世嚠駕=累世駕を嚠ぐ」〔韓非子・五蠹〕
  3. {動詞}はかる。ひもにむすびめの目じるしをつけて長さをはかる。「嚠矩(ケック)(ひもやものさしではかる→おしはかる)」「嚠之百囲=これを嚠すれば百囲なり」〔荘子・人間世〕
  4. {形容詞}きよい(きよし)。よごれが除かれていてきれいである。▽潔に当てた用法。「粢盛不嚠=粢盛嚠からず」〔孟子・滕下〕

論語 保 甲骨文 論語 保 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”~のままでいる”。

論語 保
『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、保の古文は呆で、子どもをおむつでとり巻いてたいせつに守るさま。甲骨文字は、子どもを守る人をあらわす。保は「人+(音符)呆(ホウ)」で、保護する、保護する人の意を示す。

▽ホウとは、漢文訓読と地名・年号のほかは、ほとんど読まない。褓(ホウ)(おむつ)・褒(ホウ)(からだを包む大きい衣)と同系。また、包や抱(ホウ)(外から中のものをつつむ)とも非常に縁が近く、宝(たいせつに包むたから)とも縁が近い、という。

論語 往 金文 論語 往
(金文)

論語の本章では、”過去”。既存の論語本では吉川本で、「不保其往也」を「往」=未来のことまで保証する必要は無い、と解する。しかし語義からみて、”過去”と判断した。『学研漢和大字典』にも動詞として”先に進む”を載せるが、名詞としては”過去”を載せ、”未来”を載せていない。

語源は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、王は、大きく広がる意を含む。往の原字は「人の足+(音符)王」の会意兼形声文字。往は、それにさらに彳(いく)を加えたもので、勢いよく広がるようにどんどんと前進すること。

徨(コウ)(向こう見ずに進む)・逛(キョウ)(むやみに進む)・広(コウ)(大きくひろがる)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の時代には明らかな奴隷階級がおり、中国史を通じて被差別階級の解放を計ったのは、寡聞の限りでは明の洪武帝が九姓漁戸と呼ばれる人々への差別をやめさせたことのみ。論語時代ではたびたび異民族に対する奴隷狩りがあり、のちの時代に俘隷フレイと記されるようになった。

奴隷狩りにあった異民族への扱いは過酷で、俘馘フカクと言って斬首する、あるいはその代わりに左耳を切り落として奴隷とした。奴隷狩りの目的が労働力確保にあったから、首を斬るのは見せしめのごく少数に止め、多くは明らかに奴隷と分かるよう耳を切って労働させただろう。

また男性を去勢した宦官は、君主や貴族家の私有奴隷として扱われたが、論語とは関係が無いのでひとまずおく。一旦奴隷とされた異民族も、二代目以降は当然耳を持つから、外見からはわからない。改めて耳を切ったり焼き印を押したりする残忍な主人もいただろう。

しかしそうでない奴隷主もいただろうから、必然的に肩を寄せ合ってまとまった土地に暮らし、農産物などを上納して生きていくことになる。論語本章の互郷もそのような村だったろうが、事が差別に関することだけに史学的研究が進まず、当時の状況は想像しがたい。

論語 孔子 水面
ただ言えるのは、孔子が論語時代としては開明的な人間観の持ち主で、階級を問わず差別せずに受け入れたこと。孔子は礼法の有る無しによって、人間を君子と小人に峻別はしたが、学ぶ気がある者はすなわち弟子であり、本章に見える弟子たちよりはるかに高邁な視野を持った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)