論語堯曰篇(ぎょうえつへん)第二十現代語訳

スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語堯曰篇:要約

論語 孔子 微笑み 論語 アルファー 10
アルファー:孔子先生の解説は、訳者がこの篇の詳解を終えてから掲載します。しばらくお待ち下さい!

堯曰篇は短い上に、その半分以上は、本物か極めて疑わしい古代の祝詞のりとを記しているので、孔子の言葉は二章しかない。

子張が政治の方針を質問したので答えた。 「五つの美を心がけ、四つの悪に気を付けなさい。」「五つとは?」「五つとは…。」

君子は恵むが、浪費しない。 労働させるが、うらまれない。 欲はあっても、むさぼらない。 ゆったりとかまえて、威張らない。 威厳はあっても、見下げない。

子張「恵むが、浪費しないとは?」 「民がして欲しいことをする。そうでない事業はやらない。浪費は無くなるな。労役も民の必要に応じて申しつける。うらまれないな。欲はあわれみの実現に向ける。好き勝手な貪りにはならないな。総じて君子というのは、仕事の多いとか少ないとか、大きいとか小さいとかに関係なく、まじめに働くべきものだ。それがゆったりかまえて威張らない、ということだ。また身なりはきちんと整え、目つきもちらちらさせないから、民も敬う。これが威厳はあっても見下さない、ということだ。」 子張「四つの悪とは?」「悪とは…。」

何が悪か教えもしないで処刑する。これをいじめという。 注意点を示しもしないで仕事にけちを付ける。これをむごいという。 事件や事業を放置して時効にしてしまう。これを給料泥棒という。 民への施しにケチケチする。これを役人根性という。

天の命令を悟らなければ、君子になれない。 礼法を知らなければ、一人前になれない。 ことばを知らなければ、人の気持ちは分からない。

論語速読・孔子の言葉終わり

お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク