論語と算盤・現代語訳(4)処世と信条4

『論語と算盤』人物の観察法

論語と算盤 人物の観察法

現代語訳

佐藤一斎先生*は、人と初めて会った時に得た印象で、その人がどうであるかを判断するのが、最も間違いのない正確な人物観察法であるとなさった。先生の書いた『言志録』の中には、「初めて会う時に人相を見れば、人物の判断はほとんど間違わない」という句さえある。

初めて会った時によくその人を観れば、一斎先生の言うように、多くは間違えないもので、たびたび会うようになってから観察しても、考え過ぎて却って間違いを起こしやすい。

初めてお会いしたその時に、この方はだいたいこんな方だなと思った感覚には、いろいろの理屈や情実が混じらず、至って純粋な所があるから、その方がもし偽って性格を飾っているなら、その偽りと飾りが初見の時には、はっきりとこちらの胸の鏡に映って、ありありと見えることになる。

しかしたびたびお会いするようになると、ああでないこうだろうなどと、他人の噂を聞いたり、理屈をつけたり、事情にとらわれたりして考え過ぎるから、却って人物の観察を過まる。

また孟子は、「人に存する者、眸子(ボウシ、黒目)より良きはなし、眸子はその悪を掩(おお)うこと能(あた)わず、胸中正しければ、則ち眸子瞭(あきら)かなり、胸中正しからざれば、則ち眸子眊(くら)し」と、孟子一家の人物観察法を説かれている。

つまり孟子の人物観察法は、人の眼によってその人物がどうだか鑑定するもので、心が正しくない者は、何となく眼に曇りがあるが、心の正しい者は、眼がキラキラしてよどみがないから、これでその人の人格を判断せよと言っている。

この人物観察法もなかなか適確な方法で、人の眼をよく見さえすれば、その人の善悪・正しいかよこしまかは、ほとんど分かるものだ。

論語に「子曰く、其の以てする所を視、其の由る所を觀、其の安んずる所を察すれば、人焉んぞ廋さんや」とある。

初見の時に人相を見る佐藤一斎先生の観察法や、人の黒目を見て人物を知る孟子の観察法は、共に非常に簡易な方法で、これで大抵は大きな間違いなく、人物を正当に識別できる。しかし人を真に知ろうとするには、この方法では出来ない部分があるから、ここに挙げた論語為政篇の一節のように、視、観、察の三つで人を鑑定しなければならない。それが孔子先生の遺した教訓だ。

視も観も共に「ミル」と読むが、視は単に外形を肉眼で見るだけの事で、観は外形より更に立ち入って、肉眼だけでなく心眼を開いて見ることである。つまり孔子先生が論語で説かれた人物観察法は、まずその人の外部に表れた行為の善悪正邪を観察し、次に行為の動機を観察し、更にその人は何に安心するかを観察する。

こうすれば必ずその人のありのままが明瞭になるので、どんなにその人が隠そうとしても、隠し切れないと言っている。どんなに外部に表れる行為が正しく見えても、その動機が不純なら、その人は決して正しい人とは言えない。時には悪を敢えてすることもある。

また外部に表れた行為も正しく、その動機も正しいからといって、もしその人の安心が、飽食・暖衣・逸居することにあるようでは、時に誘惑に陥って、意外な悪事を行うことになる。だから行為と動機と満足する点、この三拍子が揃って正しくなければ、その人は徹頭徹尾永遠まで正しい人である、とは言いかねる。

佐藤一斎:幕末期の儒者。安永元年10月20日(1772年11月14日)- 安政6年9月24日(1859年10月19日)。江戸幕府の大学に当たる昌平黌(しょうへいこう)の長官を務めたが、晩年アルツハイマーがひどくなっても引退しなかったため、多くの者が迷惑した。

論語と算盤 佐藤一斎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)