論語と算盤・現代語訳(3)処世と信条3

『論語と算盤』天は人を罰せず

論語と算盤 天は人を罰せず

現代語訳

孔子先生が『罪を天に獲(う)れば、禱(いの)る所なし』と仰った言葉の中にある天とは、果たして何だろうか。私は天とは天命の意味で、孔子先生もまた、この意味で天という語を用いられたと信じる。

そもそも人間が世の中で生き・働いているのは、天命がそうさせているのだ。草木にも草木の天命があり、鳥獣には鳥獣の天命がある。この天命が、つまりは天のはからいとなって表れ、同じ人間のうちには、酒屋がいれば餅屋もいる。

天命にはどんな聖人や賢者も、必ず服従を余儀なくさせられる。堯だろうと我が子の丹朱に帝位を継がせることは出来ず、舜だろうと太子の商均を即位させる事は出来なかった。これは全て、天命がそうさせたのであって、人の力ではどうにもならない。

草木はどうしても草木で一生を終えねばならなくて、鳥獣になろうとしてなれるものではない。鳥獣もまたどんなになろうとしても、草木にはなれない。これらはつまるところ、天命である。ここから見ても、人間は天命に従って行動しなくてはならないことが、極めてはっきりする。

ならば孔子が仰った『罪を天に獲る』とは、無理で不自然な行動に出るという意味だろうと思う。無理や不自然な行動をすれば、必ず悪い結果を身の上に受けねばならないに決まっている。その時になって、その損害をどこかになすりつけようとしたところで、もともと自分が無理や不自然をして自ら招いた報いだから、どこへもなすりようがないことになる。これがつまり、『禱る所なし』の意味だ。

孔子先生は論語の陽貨篇で、「天何をか言わん、四時行われ、百物生ず、天何をか言わん」と仰り、また孟子も万章章句上で、「天言わず、以て行いと事と之を示すのみ」と仰っている。

その通り、人間が無理な真似をしたり不自然な行動をしたりなぞして、天に罰せられるような事をしたといっても、別に天がものを言って、その人に罰を加えるわけでも何でもない。周囲の事情によって、その人が苦痛を感じるようになるだけである。これがつまり天罰だ。

人間がどんなにこの天罰から免れようとしても、決して免れられない。自然に四時の季節が移りゆき、天地万物が生まれ育つように、天命は人の身の上に作用を及ぼす。だから孔子先生も『中庸』の冒頭で、「天命の之を性と謂う」(天命とは生まれつきの姿や機能そのものだ)と仰っている。

どんなに人が神に祈っても、仏にすがっても、無理な真似をしたり不自然な行動をすれば、必ず因果応報はその人の身の上に巡ってくる。どうしようとそれを逃れことはできない。

だからだろうか、自然の大道を歩んで少しも無理な真似はせず、自分自身を省みて、やましいところがない者が、やっと孔子先生が言うように、『天われに徳を生ず、桓魋(カンタイ)それ我を如何せん』(桓魋よ、ウチに暴れ込んできたのはいいが、お前さんとは人格力が違う。やられたりするものか)との自信を持つ事が出来、こうして本物の安心立命を得られるのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)