論語と算盤・現代語訳(8)処世と信条8

『論語と算盤』争いの可否

論語と算盤 干戈

現代語訳

世間には、争いを絶対に排斥し、いかなる場合でも争いはよくない、「人若し爾の右の頰を打たば、左の頰をも向けよ」などと説く者もある。こんな世間で他人と争うのは、処世上果して得だろうか、損だろうか。

これが実際問題になれば、随分人によって意見が違うだろう。争いは決して排斥すべきで無いと言う者もいれば、絶対に排斥すべきだと言うもいる。

私個人の意見としては、争いは絶対に排斥すべきではなく、処世の上にもかなり必要と信じる。私に対し、世間では余りに円満過ぎるとの非難もあるらしいが、私はみだりに争うようなことはしないが、世間の皆様達が御考えになっているように、争いの絶対的な回避を唯一の処世術と心得るような、円満な人間では無い。

孟子も告子章句下で「敵国外患なき者は国恒(つね)に亡ぶ」と申されている。まったくその通りで、国家が健全な発達を遂げよとするには、商工業でも、学術技芸でも、外交でも、常に外国と争って必ず勝って見せるという意気込みが無ければならない。これは国家だけでなく、一個人でも、常に周囲に敵があって苦しめられ、その敵と争って必ず勝って見せようとの気が無くては、決して発達進歩しない。

後輩を誘導指導する先輩には、大きく分けて二種類の人物があるように思われる。

その一は、何事にも後進に対して優しく親切に当る人で、決して後進を責めたりいじめたりせず、どこまで丁寧と親切で後進を引立て、決して後進の敵にならず、後輩にどんな欠点失策があっても、それでも味方になり、どこまでも後輩を守っていこうとする。

こういう先輩は、後輩より非常に信頼され、慈母のように懐かれ慕われるが、果たして真に後輩の利益になるかはいくらか疑問だ。

他の種類は丁度この正反対で、いつでも後輩に対して敵国の態度を取り、揚足を取ることばかりをわざわざやって喜び、何か少しの欠点が後輩にあれば、直ぐガミガミと怒鳴りつけて、叱り飛ばして完膚なきまでに罵り責め、失策でもすると、もう一切かまい付けないといった、つらく後輩にに当る人である。

この一見残酷な態度に出る先輩は、たいていは後輩の怨みを受けるもので、後輩には痛く人望が乏しいが、このような先輩は、果たして後輩の利益にならないのだろうか。この点はじっくりと、青年子弟諸君には熟考して頂いて当然だろうと思う。

どんなに欠点があっても、失策をしても、どこまでも守ってくれる先輩の丁寧な親切心は、実に有り難いに違いないが、こういう先輩ばかりしかいなくなれば、後輩の奮発心を非常に失わせることになる。

たとえ失敗しても先輩が許してくれる、甚だしいのに至っては、どんな失策をしても、それでも先輩が救ってくれるから、あらかじめ心配する必要は無いなどと、至極のんきに構えて、事業に当るにも綿密な注意を欠いたり、浮ついた事をしたりする後輩が出て、どうしても後輩の気力を鈍らす事になる。

これに反し、後輩をガミガミ責めつけて、常に後輩の揚足を取ってやろうとする先輩が上にあれば、その下にある後輩は、かた時も油断がならず、一挙一動にもスキを作らぬようにと心懸ける。あの先輩に揚足を取られてはいかんから、と自然身持にも注意して、不身持なことをせず、怠たるような事も慎み、だいたいにおいて一体に後輩の身が締るようになる。

とりわけ後輩の揚足を取るのが得意な先輩は、後輩の欠点失策を責めつけ、之を罵りあざけるだけで満足せず、その親の名まで引き出して悪しざまに言い罵り、「一体お前の親からしてよくない」などと言いたがる。

従ってこのような先輩の下にいる後輩は、もし一旦失敗すれば、単に自分が再び世に立てなくなるだけでなく、親の名までも辱しめ、一家の恥辱になると思うから、いやでも気力がわき起こることになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)