論語の人物:澹台滅明子羽(たんだいめつめい・しう)

そもそも実在が危ぶまれる謎の弟子

至聖先賢半身像「澹台滅明」
国立故宮博物院蔵

略歴

BC512 or BC502-?。姓は澹台、名は滅明。『左伝』によると字は子羽。『史記』によると魯国武城の出身、孔子より39年少。『孔子家語』によると49年少。論語に一カ所、伝聞の形で名が載るのみで、何をしたか全く分からない。そもそも実在さえ危ぶまれる謎の人。

論語での扱い

登場は雍也篇に一カ所のみ。武城の代官として赴任することになった子游に、孔子が「誰かを得たか?」と問うて、「有澹臺滅明者,行不由徑。非公事,未嘗至於偃之室也。」と答えたのがそれ。しかしこの伝統的な読みには疑問がある(論語雍也篇14の語釈参照)。

「澹臺滅明」を人名だとすると、「澹臺滅明という者がおりまして、道を行く時は早道を行かず、公務でなければ、まだ私の部屋に入ったこともありません」となる。

ところが。

「澹臺」は他に例を見ない珍しいファミリーネームだが、まあ”洪水などに備えた高台”という意味だからあり得なくもない。しかし「滅明」は、”視力や知性を失わせる”という意味だから、後世の禅坊主じゃあるまいし、こんあのあり得るか? というわけ。

そこで人名でないとすると、「高台に登っても見通しが利かないのは、真っ直ぐな方法を取らないからで、公務にあってはならないことです」となる。

他の典籍での扱い

「澹臺滅明」を人名だと解した儒者が、それぞれに想像して書いているが、一致して「見てくれが悪く、はじめ孔子はバカにしたが、人格が高潔だったので見直した」という。

「人格が高潔」というのは論語の伝統的な読みのコピペだし、孔子がうんぬんは、弁舌は出来たが人でなしだ、と宰我をこき下ろすためのダシとして使われている。やはり子貢が言うように、君子たる者ゴミ溜めに落ちると大変な目に遭う(君子ゴミ溜めに近寄らずを参照)。

史書では『左伝』哀公八年(BC487)に一カ所記述が有るが、残念なことに本人ではなく、「澹臺子羽の」父親が攻め込んできた呉軍に内通したという噂が出た、という話。だから「澹臺滅明」=「澹臺子羽」とは実は言えないわけで、ここからも実在が危ぶまれるし、そもそも「武城出身だ」と言い始めたのは、『左伝』のこの記事が膨らんだラノベかも知れない。

中国の儒者も「なんか変や」と思ったらしく、明代の笑い話集『笑府』巻二·趂船にこうある。

ある僧が儒学生と狭い船に同船した。儒学生は僧をバカにして、のびのびと寝転んだ。僧は脚をすくめて避けた。いくぶん過ぎて僧が問うた。
「儒者の先生、堯舜というのは一人でしょうか二人でしょうか。」
「何を言ってるこのクソ坊主。一人に決まっている。」
「…では拙僧もチト、脚を伸ばしましょうかね。」

あるいはこう聞いた。
「澹臺滅明は一人でしょうか二人でしょうか。」

やはり実在の人物ではなさそうだ。

論語での発言

当然ながら無し。

論語での記述

  1. 子游為武城宰。子曰:「女得人焉爾乎?」曰:「有澹臺滅明者,行不由徑。非公事,未嘗至於偃之室也。」

論語の人物・付記

後世の絵師も困ったようだ。子夏+樊遅=澹臺滅明?

よろしければ澹臺滅明(たんだいめつめい)は実在の人物ではない?もどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)