孔子は犬肉を食ったか?

孔子先生はグルメでござる

孔子家語を訳していて、「六畜」という言葉が出てきた。辞書的には、牛・馬・羊・豚・鶏・犬であり、いずれも食材である。「犬を食う」と聞いてたいがいの現代日本人は「エェーッ!!」だろうが、よく考えたら縄文時代のご先祖様は、よく犬肉を食っていたらしい。

対して「飛ぶものは飛行機以外、四つ足は机以外、何でも食う」といわれる中華料理の世界にあって、犬肉は古典にも載った由緒正しき食材である。私が学生時代に学んだ中国語の教科書にも、犬肉と聞いて「エェーッ!!」という日本人と、中国人の対話が載っていた。

「犬肉と聞いただけでよだれが出る」とあって、そう言えば語学の教師に犬肉屋に誘われた記憶もある。当然私は「エェーッ!!」の方だから断ったが、今思えば食っておけばよかったかも知れない。ただ犬肉は由緒は正しくても、高級品ではなかったようだ。

「羊頭狗肉」と言う言葉にそれが伺える。と言うか古代中国人はよほど羊が好きだったようで、美にも善にも羊が入っている。最高級のもてなしを意味する「大牢」は、牛・羊・豚の焼き肉セット料理だった。当然孔子も、閣僚としての宴会で、食べたことがあるだろう。

では犬肉は。論語の郷党篇にはいろいろと孔子の日常が描かれているが、孔子は相当にグルメであって、それははるか後輩の孟子と一致している。「肉にふさわしいソースがないと食べかなった」とあるから、魯や衛で落ち着いた生活をしている間は、犬は食べなかったかも。

しかし放浪中の糧食とか、あるいは包囲された時の非常食には、そんなこと言ってられなかったに違いない。食うものが無くて弟子が倒れる中、孔子だけ琴を弾いて平然としていたからには、食い物の好き嫌いを言わなかっただろう。当然、犬も食ったに違いない。

ここで中国の古代と現代の犬肉事情を語ったが、訳中よく私が引き合いに出す明代の笑い話集『笑府』にも犬肉が出てくる。いわく、「本店は雌犬の肉は出しません。」概して動物は、メスの方がうまいと言うが、犬だけは違うのか知らん? 食ったことのない私には分からない。

ともあれ当人が美味しいと思っているのなら、何を食おうと他人がとやかくいう事ではないだろう。豚や牛や魚を食いつけて置きながら、お他人様の食生活にものを申す趣味は私にはない。ただし人肉食だけは話が別だが…中国史におけるそれを語るネタは多いとはいえ…。

そして孔子様も…。いや、ここで語るのはとりあえずやめにしておこう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. 吉澤 卓 より:

    拝読させて頂きました。
    孔子さまが、狗の肉を不味いと記載された原典、狗の肉を奉げると書かれた古典、礼記でしょうか?この出典を、内々でも結構ですので、ご教示ください。
    益々のご発展をお祈り申し上げます。