論語義疏巻一14「論語集解義疏巻第一」

画像

テキスト

論語集解義疏巻第一

魏何晏 撰
梁皇侃 義疏
日本根遜志 校正

論語學而第一
疏)論語是此書總名。學而為第一篇别目。中間講說、多分為科段矣。侃昔受師業、自學而至堯曰凡二十篇、首末相次無別科。而以學而最先者、言降聖以下皆須學成、故學記云。玉不琢不成器、人不學不知道。是明人必須學乃成。此書既遍該衆典、以教一切。故以學而為先也。而者因仍也。第者審諦也。一者數之始也。既諦定篇次、以學而居首。故曰學而第一也。

子曰學而時習之不亦悦乎
註)馬融曰子者男子通

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする