論語義疏巻一05「論語義疏敘」

画像

テキスト

海外。而裨知吾邦厚固。有關文明則伯修之勤。有功於國華 哉。之複伯修氏志。餘亦喜其足以酬焉。遂爲之序。 
寬延庚午春正月 平安 服元喬

論語義疏敘

梁皇侃 撰
日本根遜志 校正

論語通曰。論語者。是孔子沒後七十弟子之門徒。共所撰録也。夫聖人應世。事跡多端。隨感而起故為教不一。或負扆御衆。服龍衮於廟堂之上。或南面聚徒。衣縫掖於黌校之中。但聖師孔子苻應頽周。生魯長宋。遊歴諸國。以魯哀公十一年冬。從衛反魯。刪詩定禮於洙泗之間。門徒三千人。達者七十有二。但聖人

n

服元喬:服部南郭(はっとり なんかく、天和3年9月24日(1683年11月12日) – 宝暦9年6月21日(1759年7月15日))、江戸時代中期の日本の儒者。荻生徂徠の高弟。

根遜志:根本武夷。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)