『笑府』現代語訳:道学先生、女と寝るの章

儒者の言い訳

現代語訳

ある儒者の先生が妻と寝る。普段着を脱いで裸にると、大げさな礼を行い、大声で言う。

「私は色好みで行うのではない。ご先祖さまの祭祀を欠かさぬためである」と一突き。

「私は色好みで行うのではない。お国のために人口を増やすためである」と一突き。

「私は色好みで行うのではない。天神が万物を営むのを助け申し上げるのである」と一突き。

ある者「四回目は何と言い訳するんですかね?」

もの知り「こんな先生に言えることなどあるものか。三こすり半でおしまいだよ。」

書き下し

道学先生有りてねやを行う。既にセツ衣を去りて、手を拱き大言で曰く。吾は色を好み而然るを為すに非ざる也。祖宗の為に綿として血食せしめる也。すなわち一たびく。又た曰く。吾は色を好み而然るを為すに非ざる也。朝廷の為めに戸口を添える也。又た一下凸く。復た曰く。吾は色を好み而然るを為すに非ざる也。天帝の為めに化し育てるを広げる也。又た一下凸く。或るひと問う。弟四の凸く説はなになる。識る者有りて曰く。此の如き道学先生、只だ三たび凸かば便ち完え了んぬ。還た甚の説有らんや。

原文

有道學先生行房。既去褻衣*。拱手大言曰。吾非。為好色而然也為祖宗綿血食也。乃凸一下。又曰。吾非為好色而然也為朝廷添戶口也又凸一下。復曰。吾非為好色而然也。為天帝廣化育也。又凸一下。或問弟四凸說甚麼。有識者曰。如此道學先生。只三凸便完了。還有甚說。(『笑府』巻二・行房)

訳注

褻衣:儒者の着る普段着。論語郷党篇6に出典がある。

論語八佾篇20に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)