論語内容補足:八卦と中国的自然観

ごくまれにですが、論語の理解に易の八卦が必要な場合があるのでまとめました。

八卦とは

易の基本は陰陽1ビットの、爻(コウ)と呼ばれる記号です。この記号は算木で表現し、算木は細長い角形の木で作ります。算木には通常は赤い色で引いた線がないものと、あるものとがあります。

ないもの「」が陽・天・奇数を、あるもの「」が陰・地・偶数を意味します。爻は三本を一組にして、卦(カ)と呼ばれます。組み合わせは23=8組、だから八卦(ハッカ・はっけ)と呼ばれ、それぞれに名前と意味があります。

八卦

  1. …乾(ケン)(天。純粋の陽。北西いぬい*。性健たけし。)
  2. …兌(ダ)(沢。地表面のくぼみ。西とり。性悦よろこぶ。)
  3. …離(リ)(火。外炎は明るく、内炎は暗い。南うま。性麗つらなる。)
  4. …震(シン)(雷。空気をつんざいて地に落ちる。東う。性動く。)
  5. …巽(ソン)(風。天と雲の下にあって流動する。南東たつみ。性入る。)
  6. …坎(カン)(水。水の字を横倒し。北ね。性陥おちいる。)
  7. …艮(ゴン)(山。頂から二筋の尾根と間の谷。北東うしとら。性止まる。)
  8. …坤(コン)(地。純粋の陰。南西ひつじさる。性従う。)

*方角は後天図による

占断

  1. 吉…幸いがある。
  2. 凶…災いがある。
  3. 悔…半吉、この先後悔がある。
  4. 吝(リン)…半凶、この先行き詰まる。
  5. 无咎(ムキュウ)…吉凶なし、とがめられない。

易とは

さらに八卦二つを一組にして、森羅万象を説明しようとするのが易です。易は確かに占いですが、古代なりの数理であって、本来はまじないの要素が少ない合理主義の所産でした。論語同様、儒者や易者が食うために、神秘化したに過ぎません。

変転止まないこの宇宙を、陰陽の相互作用と観て、陰が極まれば陽に、陽が極まれば陰に転じるというのが、易の基本です。月の満ち欠けを見れば、現代日本人にも同意出来る話です。中国人のこの自然観は、古代から現代まで変わりません。

衰颯的景象、就在盛滿中。(衰えの兆しは 絶頂の中にあり)
發生的機緘、即在零落內。(生み出す力は どん底の中にある)
故君子。(だから君子は)
居安、宜操一心以慮患。(平時にこそ 一心に事変に備え)
處變、當堅百忍以圖成。(事変の中では 耐えに耐えて成功を待て)
洪自誠『菜根譚』前集118 明代末期

敵進我退、敵拠我擾。(敵進めば我退き 敵止まれば我乱す)
敵疲我打、敵退我追。(敵疲れれば我叩き 敵退けば我進む)
毛沢東『十六字訣(ケツ)』 1929年9月28日

この機微を表すのが太極図。

今日なお漢方では実用的な概念。ただし全てを現代日本人が真に受けると、頭がおかしくなります。例えば第五卦「巽*」☴は、「二重の硬さに押さえつけられても柔和さを失わない」と解されますが、漢字学的に言えば巽の音が「ソン」だったので、謙遜(ケンソン)の遜と同じ、という言葉遊びに過ぎません。

それを孔子含め論語の時代の中国人は、真に受けていたと理解すべき話です。

*巽…兀(ゴツ、テーブル)の上に弓を二つきちんと並べた象形。

参考文献:丸山松幸『中国の思想Ⅶ 易経』

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)