王翰(オウカン)「涼州詞」(リョウシュウシ)

原文

王翰「涼州詞」
©小学館

葡萄美酒夜光杯
欲飲琵琶馬上催
酔臥沙場君莫笑
古来征戦幾人回

書き下し

葡萄ぶどうの美酒 夜光の杯
飲まんと欲すれば 琵琶馬上にもよお
酔うて沙場に臥すも 君笑う莫かれ
古来征戦 幾人かかえ

現代語訳

西方渡りの葡萄の美酒に 月明かりにきらめくガラスの杯
飲みたい気持が募りはするが 私も馬上で琵琶をつま弾きたい
迷いのまま酔ってこの戦場に寝転んでも どうか笑ってくれるな
古来から遠く辺境の戦に出て 何人が無事に戻っただろう

注釈

形式:七言絶句/韻:(平)灰
王翰:687?-726?。盛唐の詩人。晋陽(山西省)出身。字は子羽。自負心が強く、憎まれて地方官を転転とした。その詩は雄壮で、この『涼州詞』で名高い。

涼州:漢代から今の甘粛省付近に置かれた州で、西域に通ずる要処だった。現在の中華人民共和国は、清朝から引き継いだ領域を全て「中国」と呼んで力んでいるが、歴史から見ると中国と呼べるのは、秦・漢・宋・明が領有した、現中国の東半分に過ぎない。
中国本土地図
©小学館

ただし例外的に古代の一時期に中国領となっていた地域があって、現新疆ウイグル自治区のタリム盆地と、そこへとつながる細い回廊=現在の甘粛省がそれに当たる。その回廊部分を涼州と呼び、中国の文人にとって異国情緒を呼び起こす地名だった。
論語 前漢 地図

葡萄:ブドウが中国の文献に現れるのは、南北朝時代になってからで、「中国哲学書電子化計画」で引くと、南朝梁の元帝自らが編纂したと言われる『金楼子』が初出になる。

そこでは漢代に大宛(フェルガナ)を通じてブドウを知ったとあるが、現伝する漢代の史料には見あたらない。いわゆる張騫の西域遠征に伴って、ブドウは知られてもおかしくはないが、記録に無い以上、知られなかったのだろう。

張騫が連絡を付けようとした大月氏国について、『金楼子』は次のように書いている。

大月氏國善為葡萄花葉酒,或以根及汁醞之,其花似杏而綠心碧鬚,九春之時,萬頃競發,如鸞鳳翼,八月中風至,吹葉上傷裂,有似綾紈,故風為葡萄風,亦名裂葉風也。

大月氏國善く葡萄の花葉酒を為る。或いは根を以て汁を及みて之を醞す。其の花は杏に似たり而綠心にして碧鬚、九春之時、萬頃競いて發くは、鸞鳳の翼の如し。八月中風至らば、葉上を吹きて傷り裂けるは、綾紈に似たる有り。故に風を葡萄の風と為し、亦た裂葉の風と名づく也。

大月氏はブドウの花や葉で見事な酒を作る。根を絞ってその汁を汲んで醸す。その花はあんずに似ており、芯が緑色でサファイア色のヒゲが生えている。春の九十日間、畑一面に競って花が開くさまは、おおとりの翼のようだ。秋も深まった(旧暦)八月、風が吹くと葉がそよいで破けて裂けるさまは、あや絹・白絹を織り交ぜたように美しい。だからその季節の風をブドウの風と呼び、また葉を裂く風とも名付けている。(『金楼子』志怪)

夜光杯:一般に、ガラス製の杯のことだと解されている。正倉院所蔵の白瑠璃椀のように、唐代(618-907)には西方のササン朝ペルシア(226-651)から特産のガラス器が輸入された。ただし作者の王翰が生きた時代にはすでにササン朝は滅び、ウマイヤ朝イスラム帝国(661-750)の時代だった。

そのイスラムガラスにも巧みな品があったようだから、異国趣味の強い唐代でもてはやされたに違いない。

琵琶:同じく「中国哲学書電子化計画」を引くと、後漢の『説文解字』に琵が楽器のビワとして、琶は果物のビワとして記されているのが初出。もとは楽器を意味したらしく、果実の形が似ていたので植物のビワをも指すようになったらしい。楽器の発祥はやはりササン朝で、中国には前漢の時代にすでに知られたという。

催:もよおす(もよほす)。自分がしたくて、せかせかするような気持ちになる。また、せきたてられてやっとあらわれ出る。

沙場:黄河が∩の字状に屈曲している西北には、すでにゴビ砂漠が広がっている。
ただしこの詩での意味は砂漠ではなく、戦場を意味する。日本の漢和辞典には”戦場”の語釈は無いが、中国では当たり前にそう理解されている(→国学大師「沙場」条)。

古来征戦:涼州からさらに西方へと遠征軍を送ったのは、前漢の武帝(位BC141-BC87)に始まる。以降後漢の滅亡まで、中華王朝は涼州とその西のタリム盆地を保ったが、その代わりに多大の戦死者を出した。三国になるともう耐えきれず、逆に遊牧民が中国に入り込んでやがて北朝を打ち立てた。

その北朝の軍閥だったのがのちの唐の帝室で、前漢以来久しぶりにタリム盆地まで勢力を及ぼしたが、同様に多大な戦死者を出したことが杜甫の「兵車行」に歌われている。

辺庭流血成海水、武皇開辺意未已。

辺庭の流血海水を成すも、武皇の辺を開く、意未だ已まず

辺境での流血は海水のように膨大だが、武皇(=唐玄宗)の国土拡大の野心は、止まることを知らない。

ここで武皇と呼んでいるのは、有名な「長恨歌」で玄宗を憚ったのと同じでんで、直接的には漢の武帝を指す。武帝は領土拡大から名君とも言われるが、帝国の発展者と言うよりむしろ破壊者で、国費を浪費して莫大な借金をこしらえ、気分次第で制度をいじくり戦争を始めた。

武帝とおくり名されたのも決して誉めた呼び方ではなく、暴君だと言われているにひとしい。当然、王朝が下った唐では、はばかり無く暴君だと言うことが出来た。中国では「漢武大帝」というTVドラマが放映されたそうだが、そんな君主を喜ぶのは、子供と共産党ぐらいだろう。
前漢 西域 張騫 地図

付記

訳者にとっては思い出深い詩で、漢文業界には珍しくお人柄の良かった中野達先生から、若いころ中国語音での歌い方を教わった。今でもこの歌については読み下し「りょうしゅうし」より、まず中国語音「リャンチョウツー」の方が頭に浮かぶ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] だが暴君の程度には差があるが、現代の国家主席に至るまで基本は変わらない。話を董仲舒に戻せば、上掲の説教は、武帝に向かって一生懸命「何もしてくれるな」と懇願したわけ。家臣や臣民が、例えば荒れ果てた戦場で何万人死のうとも、眉一つ動かさなかった暴君にである。 (→涼州詩) […]