論語130雍也篇第六(13)なんじ君子の儒となれ

論語雍也篇(13)要約:孔子先生が世に出るまで、儒者とは拝み屋に過ぎませんでした。その地位を一挙に高めた先生は、弟子には二度と過去に戻って欲しくないと願います。素質に優れた弟子の子夏にも、先生は期待して励ましたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂子夏曰、「女爲君子儒、無爲小人儒。」

書き下し

子夏しかひていはく、なんぢ君子くんしじゆれ、小人せうじんじゆることかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 子夏
先生が子夏を論評して言った。「お前は君子の儒者になれ。凡人の儒者になるな。」

意訳

論語 孔子 キメ2
孔子「子夏よ、お前は諸芸をわきまえ、高い次元からものをみられる学者になれ。そのあたりの冠婚葬祭屋になるな。」

従来訳

 先師が子夏しかにいわれた。――
「君子のじゅになるのだ。小人の儒になるのではないぞ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

論語 子 金文 論語 夏 金文
(金文)

本の虫、カタブツで知られた孔子の若き弟子。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

論語 女 金文 論語 常盤貴子 女
(金文)

論語の本章では”汝”。お前、ということ。中国古典では音や形が似ていると、同じ意味を持つことが多い。

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

平民に対する貴族、無学に対する教養人、凡人に対する人格者、あるいは目下に対する呼びかけのうち、論語の本章では”諸君”を意味する。

儒(ジュ)

論語 儒 金文大篆 論語 儒者
(金文)

論語の本章では、”儒者”。

教職と宗教職を兼ねた冠婚葬祭業者で、口車を買われて臨時外交官を任されることもあった。その中には孔子のような家老格の政治家から、字の読める葬列のチャルメラ吹きまで、社会的影響力の点でさまざまな者がいる。詳細は論語における「儒」を参照。

孔子より約200年のち、当人なりに儒者の本流を自覚していた荀子は、「小人の儒」の一つについてこんな事を言っている。

論語 荀子
衣冠を正し、容貌を整え、口にものを含んだような顔をして、一日中ものを言わずに黙っている。それが子夏氏の系統を引く腐れ学者だ。(『荀子』非十二子篇)

格好ばかり取り澄まして、何でも知っているような顔をして、自分では何もものを言わず、聞かれても「これはこうである」と断定しない。それでは人がものを聞いても役立たない。子夏派の儒者はかかる卑怯者の学者先生だと。

孔子が危惧したのは、古典ばかりにふけって本の虫になり、現実の行政に携わることや社会革命にあまり興味を示さない子夏の姿で、それではチャルメラ吹きにしかなれないよと教えたのだが、子夏の直弟子や孫弟子は、チャルメラこそ吹かなかったが、自己中ではあまり変わらなかったことになる。

論語:解説・付記

論語 子夏
論語の本章は、子夏もまた、孔子のフィギュア趣味には付き合えなかったことを物語る。子夏は古典の趣味人であり、趣味人は趣味人同士仲がいいことはむしろ珍しい。些細な趣味の違いでいがみ合うのが趣味人であり、団塊世代が若い頃盛んにやった内ゲバとはそれである。

ただし何事も「及ばざる」(論語先進篇15)子夏は論語前章の冉求ゼンキュウのようにはっきりと孔子の趣味に付き合えないとは言わず、年齢も若年グループの一員であることから、孔子は冉求に感じたような怒りを子夏に覚えずに済んだ。子夏にとってもさいわいなことだったろう。

論語 子夏
ただし子夏は文学青年にしては政治的に活発で、孔子存命中はおとなしくしていたが、没後は北方の魏国に移って、優れた政治家を育てた。毛色から言えば政治派の子貢よりもむしろ小人派の曽子に近いのだが、曽子があまりに人が悪いので、うんざりして魯国を去ったのだろう。

論語 曽子 怒 論語 子夏 泣く
それを曽子は根に持ったらしく、晩年食うに困って子夏の元を訪れた際、子夏はちょうど子を亡くして悲嘆に暮れていた。常人の感覚なら遠慮するかお悔やみを言って静かに去る所だが、あろう事か曽子は子夏を罵倒し、子を亡くしたのがそもそもお前の罪だと言っている。

およそまともな人間のすることではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)