論語詳解459陽貨篇第十七(25)唯女子と小人は*

論語陽貨篇(25)要約:女性と無教養な人は養うのが難しい。親しくすればつけあがり、放置すると怨むから、と孔子先生。女子でも小人でもない人はめったにいませんから、これは孔子先生の人間嫌いを示すかも知れない、と思える一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「唯女子與小人爲難養也。近之則不遜*、遠之則怨。」

校訂

武内本:唐石経遜を孫に作る。

書き下し

いはく、ただ女子ぢよし小人せうじんは、やしながたしとなりこれちかづくればすなは不遜ふそんこれとほざくればすなはうらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「まことに女性と無教養な者は、養うのが難しい。これらを近づければ、必ず控えることを知らないし、遠ざけると、必ず怨む。」

意訳

女性と無知無教養な奴にはうんざりだ。親しくしてやるとつけあがるし、放置すると怨む。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「女子と小人だけには取扱いに苦労をする。近づけるとのさばるし、遠ざけると怨むのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

唯(イ)

論語 唯 金文
(金文)

論語の本章では”実に・まことに”。限定の意を示す。ただしこの読みと解釈は伝統的にそうなっているのに従っただけで、孔子がやっかいと感じていたのは女子と小人に限らないから、「唯」を発語の辞「これ」と読み、”ところで”と解しても文法的に矛盾がない。

この場合は「惟」と同義で、話を転換させる意味を持つ。

女子

論語 女 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、とりあえず”女性”。

「女」が女性一般を指すのは問題ないとしても、「子」が付いた場合の解釈は分かれる。本来「子」は高貴な身分の男の子を指す言葉であり、子供一般ではない。まして現代日本語のような、「女子」で女性一般を意味するとは、論語の時代では考えられない。

従って”高貴な女性”と解するべきとする立場があり得る。ただし「子」は「小人」と語呂を合わせるために付けられた意味を持たない接尾語だとすると、”女性一般”と理解できることになる。伝統的にはそう解する。

論語語釈「女」も参照。

論語 養 甲骨文 論語 養 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”養う”。字形が示す意味は羊を飼うさまで、甲骨文に示されているのは羊+杖+手。羊飼いが杖をついて羊を飼い育てるさま。それが羊+食へと字形が変化したさまは不明だが、現行字形が示すのは、牧羊で食べていく、牧した羊を食べること。

古文では多く論語 養 異体字と書かれ、ボク=攵は打つ、叩くの意。対して秦系戦国文字では現行字体と同じく、羊+食と書かれる。『学研漢和大字典』によるとその意味は、羊はおいしくて形よいものの代表で、養は「食+(音符)羊」で、羊肉のように力をつける食物をあらわす、という。

論語の時代に中華世界の宗主だった周は、もと西方の牧羊氏族で、周が東に移った後、その故地を地盤に発展したのが秦国だった。秦の氏族が牧羊と深い関係にあることを史料から示すのは困難だが、その土地が牧羊に適していただろう事は十分に想定できる。

論語の本章では”近く”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はghi̯ənで、同音に”ちかい”を意味する漢字は無い。詳細は論語語釈「近」を参照。

論語 則 金文 論語 則 解字
(金文)

論語の本章では”~ならばとりもなおさず~”。『学研漢和大字典』による原義はスープを盛った器に添えられたナイフで、つきものの意。「すなわち」と読む助辞には複数あるが、「則」は「法則」として用いられるように、”~すれば必ず~”の意。

遜・怨

論語 遜 古文 論語 怨 古文
(古文)

論語の本章では、「遜」は”控えめなさま”、「怨」は”うらむ”ことで、同じ怨むにしても押さえつけられて内に籠もったうらみを言う。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章について、従来訳の注は長々とこう書く。

論語 下村湖人
「女子と小人は養いがたし」は、あまりにも有名な言葉で、孔子は論語の中にこの一句を残すことによつて、後世からその女性観に痛烈な批難をあびている。

ところで、この批難は実は多少酷である。というのは、古来の論語学者の解説が正しいとすれば、ここにいう「女子」は婢妾を意味し、「小人」は下僕を意味するからである。

もし孔子が、「女子」という言葉を用いて広く一般の女性を指し、「小人」という言葉を用いて道徳的に低劣な人間を指していたとすれば、なるほどこの一章は女性に対する大なる侮辱であり、孔子の極度に封建的な女性観を物語るものであつて、いささかも辯護の余地がない。

況んや論語の全篇を通じて、孔子が女性を正面から問題にしたのはこの一章以外にはなく、これだけがその女性観を物語る材料であるにおいておやである。

しかしもし諸学者の解説の通りだとすれば、少くとも女性の問題としては、この一章をさほど重大視する必要もあるまい。もしこの一章に問題があるとすれば、むしろ孔子の婢僕(男女にかかわらず)に対する封建思想にあるのではあるまいか。

しかし、だからといつて、私は孔子の女性観が本来正しいものであつたとは決して信じない。元来孔子は父権時代、一夫多妻時代に生活して、その社会組識に何の疑いも抱いていなかつたし、女性の向上の重要性というようなことについて真剣に考えて見たこともなかつたのである。

もし孔子が女性について何か考えていたとすれば、それは、女性は常に悪の根元であり、士君子にとつて最も警戒すべき対象である、というぐらいなことに過ぎなかつたであろう。

従つて孔子の女性観が今日批難の的になるのはやむを得ない。ただ私のいいたいのは、本章の一句だけをとらえて孔子の女性観を判断するのは誤りであるということである。

下村氏の訳が出たのは1965(昭和40年)で、社会風潮としては左派や自称リベラルが唯一絶対の正義を以て自認していた時代でもある。そのような時代に本を出す行為は、戦時中に特高や憲兵、検閲を気にしながら筆を執るのとあまり変わらない。

孔子は自分の家族についてほとんど語らない人だった。息子の鯉について孔子から口にしたのは唯一ケ章のみで、それも死後の思いで話に過ぎない。まして娘や奥さんについては全く語らない。ブッダやイエスについて家族の詳細な話が伝わっているのとはまるで異なっている。

論語の本章の「養う」について、狂信やごますりを取るのでなければ、其れは単に養うことであって、奥さんや娘、そして親族の内から引き取った養子を養うことを指すのだろう。一人息子の鯉についてもあまりよい評価をしなかった孔子は、家族に無関心だったに違いない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)