論語詳解458陽貨篇第十七(24)君子またにくむ有るか

論語陽貨篇(24)要約:食事どきに、不潔な話をして得意がる奴、いませんか? 人を不愉快にさせながら、正直者だと開き直っています。間違いなく医療の対象になる精神的病人ですが、そんな人は孔子先生も嫌いでした、という一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子貢問*曰、「君子亦有惡乎*。」子曰、「有惡、惡稱人之惡者、惡居下流*而訕上者、惡勇而無禮者、惡果敢而室*者。」曰、「賜也亦有惡也*。惡徼以爲知*者、惡不遜*以爲勇者、惡訐以爲直者。」

校訂

武内本:清家本により、子貢の下に問の字を補う(これに従った)。漢石経君子亦有惡乎を子曰有に作る。漢石経流の字無し。室、唐石経窒に作る。室窒古相通、窒とは忿戻なり(これに従い室とした)。唐石経也を乎に、智を知に、遜を孫に作る。

書き下し

子貢しこうふていはく、君子くんしまたにくいはく、にくり。ひとあくことあものにくむ、りうかみそしものにくむ、ゆうにしれいなきものにくむ、果敢くわかんにしいきどほるぐものにくむ。いはく、またにくなりそしものにくむ、不遜ふそんゆうものにくむ、あばなほしとものにくむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子貢が質問して言った。「君子も憎むことがありますか。」先生が言った。「憎むことがある。人の欠点を言い立てる者を憎む。低い地位にいる者が、高い地位にいる者の悪口を言うのを憎む。勇気があっても礼を心得ない者を憎む。決断力があっても怒る者を憎む。」子貢が言った。「わたくし賜もまた憎むことがあるのです。あら探しを頭がよい事と思う者を憎みます。図々しさを勇気と思う者を憎みます。隠し事を暴き立てるのを正直と思う者を憎みます。」

意訳

子貢「君子も人が嫌いになる事ってあるんですかね。」

孔子「あるぞ、大ありだ。人の欠点を言い立てる奴、目上の悪口を言う奴、勇ましいばかりの乱暴者、怒るときだけキレやすい奴は嫌いだな。」

子貢「じゃ、わたくしも。人のあら探しをして得意がる奴、図々しいのを勇気と勘違いしている奴、ふさわしくない席でズケズケものを言って、正直がる奴は嫌いです。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢がたずねた。―― 「君子も人を憎むということがありましょうか」 先師がこたえられた。 「それはあるとも。他人の悪事をいい立てるものを憎むのだ。下位にいて、上をそしる者を憎むのだ。勇のみあって礼のないものを憎むのだ。思いきりがよくて道理にもとるものを憎むのだ」 それから、子貢にたずねられた。―― 「お前にも憎む人があるのか」 子貢がこたえた。――「先まわりして物事をさぐっておいて、知ったかぶりする者を憎みます。傲慢不遜を勇気だと心得ている者を憎みます。人の秘密をあばいて正直だと思っている者を憎みます」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子貢

孔子の弟子。論語の本章に見える「賜」は子貢の名。一門では外交と商売の才に最も優れ、孔子からは弁舌の才を評価された。孔子没後は斉国に移り、一派の頭領となった。

論語 亦 金文 論語 学而 亦 エキ
(金文)

論語の本章では”~もまた”。原義は人の両脇で、片側ではない、もう一方もまた、の意。論語では学而篇の冒頭など、”大いに”の意で用いられる場合がある。

惡(悪)

論語 悪 金文大篆 論語 悪
(金文)

論語の本章では”憎む”。『学研漢和大字典』による原義は亜=建物のへこんだ基礎に押し込められたような心。

稱(称)

論語 称 金文大篆 論語 称
(金文)

論語の本章では”言挙げする・言いはやす”こと。『学研漢和大字典』による原義は左右の穀物の穂の重さを量ることで、取り上げること。

下流

論語 下 金文 論語 流 金文
(金文)

論語の本章では”低い地位”。「下」だけに「流」が付き、「上」に付かないのは、「惡居下流、而訕上者」と四文字句にまとめて調子を整えるためで、「流」に意味はほとんど無い。

『学研漢和大字典』によると「流」は会意兼形声文字で、右側は「子の逆形+水」の会意文字。出産のさい羊水のながれ出るさま。流はそれを音符とし、水を加えた字で、その原義をさらに明白にしたもの。分散して長くのび広がる意を含む。

旒(リュウ)(吹きながしののぼり)・柳(ひとすじずつ枝のなびくやなぎ)・寥(リョウ)(ひとすじずつまばらになる)などと同系のことば、という。

訕(セン)

論語 訕 篆書
(篆書)

論語の本章では”悪口を言う”。この文字は甲骨文・金文・戦国文字・古文には見られず、始皇帝による文字統一後の篆書から見られる。「セン」の音を持ち”そしる”意味を持つ漢字には「僭」があり、こちらは古文から見ることが出来る。

ただしカールグレンによる先秦復元音は「訕」:san、「僭」:tsiəmであり、論語の時代には無かった言葉である可能性がある。

『学研漢和大字典』によると「訕」は形声文字で、「言+(音符)山」である、とあるのみでそっけない。

論語 室 金文
(金文)

論語の本章では”怒る”。上記の通り武内本によると、中国系の論語の版本では「窒」に作り、藤堂本ではそれを「ふさがる」・”目が四方にきなかい”と読解している。

賜也亦有惡也(シやまたにくむあるなり)

上記の通り唐石経本=中国の版本では也を乎に書くと言うが、その場合は乎を詠嘆の終末助詞として読むほか文意が通じない。”わたくし賜めもまた、憎む者がおりますなあ”の”なあ”に当たる。

徼(キョウ)

論語 徼 秦系戦国文字
(秦系戦国文字)

論語の本章では”あら探しをする”。甲骨文・金文・古文には見られない文字で、戦国時代の秦の竹簡に見られる。この系統の文字が帝国時代の漢字の元となったことから、この言葉が新しいものであることを想像できる。詳細は論語語釈「徼」を参照。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「彳(いく)+(音符)敫(ケキ)」。敫は皦(キョウ)(白い)の原字だが、ここでは単なる音符。徼は、引き締めて取り締まって歩く意。また、絞りあげる意から、むりをしてもとめる意を派生した。

絞(コウ)(細く引き絞る)・覈(カク)(締め上げて調べる)などと同系のことば、という。

遜(ソン)

論語 遜 古文
(古文)

論語の本章では”控えめである”。甲骨文・金文・戦国文字には見られない言葉で、古文も字形が論語 遜 異体字になったものが多い。上記の通り武内本によると孫の字に書くが、意味は変わらない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、孫(ソン)は「子+系(細い糸)」の会意文字で、細く小さい子ども(まご)をあらわす。遜は「辶(足の動作)+(音符)孫」で、細く小さくなって退くこと。
損(ソン)(小さくなる)・巽(ソン)(へりくだる)・寸(スン)(小さい幅)などと同系のことば、という。

訐(ケツ)

論語 訐 古文
(古文)

論語の本章では”暴き立てる”。甲骨文・金文では未発掘。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、干(カン)は、太いY型の棒を描いた象形文字で、幹(みき)の原字。その棒を前に突き出して敵を抑えつけながら進むこと。つっかかる、犯すなどの意を生じる。訐は「言+(音符)干」で、面とむかってことばでつっかかること。

諫(カン)(ことばによって長上の非行をふせぎ止める)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章について、武内義雄『論語之研究』では「文体に疑問がある章」として疑義を呈している。本章は文字的にも新しいと思える箇所があり、「上に逆らうな」というお説教がいかにも帝国の役人風味であることから、訳者もまた孔子の肉声とは思えない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)